MENU

ビリルビンを高めるのはやっぱりお酒・アルコールだった?!

 

【お酒は総ビリルビンにどんな影響を与えるの?】

お酒というのは様々な種類があるので飲み比べを楽しめたり、飲むことでストレス発散になったりする、誰もが一度は飲んだことがあるものだと思います。

 

確かに酔うことで気分がよくなったり、気になる人と接近することができたりと、たくさんのメリットもありますが、体には害以外の何物でもありません。

 

 

【アルコールがなぜ害なのか?】

 

アルコールは体内で分解されアセトアルデヒドという物質に姿を変えます。このアセトアルデヒドは体にとても有害で、発がん性があるとも言われている物質です。

 

体内でアセトアルデヒドが生成されると、肝臓はアセトアルデヒドが猛毒の為、酢酸に変化・分解する酵素を作り始めます。

 

少ないアルコールでも、アセトアルデヒドは作られ、アセトアルデヒドのもつ【細胞を壊す働き】によって肝細胞は攻撃を受けてしまいます。

 

 

【アルコールは着実に肝臓をむしばむ】

 

肝細胞には自己治癒能力があるので攻撃を受けてもある程度回復します。しかし、長期にわたって飲酒を続けていたり、飲酒の量が過度であったりすると、治癒能力がダメージを補うことができなくなり、機能は著しく低下していきます。

 

この状態が続くと【アルコール性脂肪肝】を発症します。

 

アルコール性脂肪肝が発症する前に肝機能低下によりビリルビンが高くなるので、検査等で数値を知ることができれば、ある程度予防することが可能です。

 

しかしこれはなかなか稀なケースです。脂肪肝から肝硬変を発症し、身体症状が現れてからでは肝疾患は手遅れのケースがほとんどです。

 

 

【肝疾患・肝機能低下は症状が少ない】

 

アルコールによって肝臓がダメージを負ってしまうと、当然ですが総ビリルビンが高くなります

 

しかしこんな状態になったとしても、肝臓は痛みなどの症状をきたしません。

 

偶然、総ビリルビンの数値によって肝臓の異変に気付けた時は、
速やかに総ビリルビンを下げる生活習慣に変えるべきと言えるでしょう。

 

合わせて、
喫煙をしている
強いストレスを感じている方
 
なども、総ビリルビンを高くするリスクを背負っています。

 

極めて重要ですのでぜひこちらのページもご覧ください。

 

→喫煙・ストレスの影響ページへ

関連ページ

アナタはどれくらい知っている?聞いて驚く肝臓の働き
総ビリルビンは肝臓と直接的に関係しています。そんな普段気にすることがない肝臓の働きを詳しく解説しています。
ストレスは総ビリルビンを高くする原因!その理由とは?
総ビリルビンはストレスからも影響を受けてしまいます。ストレスが多い現代において、総ビリルビンを下げるにはどのような取り組みが必要か詳しくまとめています。
気を付けている人ほど危ない?!総ビリルビンを高くする食習慣トップD
総ビリルビンを上げる悪い習慣をまとめています。総ビリルビンは逆を言うと、生活習慣で回復する可能性も
タバコはビリルビンへの影響が少ない!?本当の答えはこちら
総ビリルビンはタバコの悪い成分によって影響を受けてしまいます。どんな成分がどのように総ビリルビンに影響を与えてしまうのかについて解説しています。
肝臓に悪影響を及ぼす活性酸素ってなに?活性酸素を除去する方法とは?
肝臓に活性酸素がもたらす悪影響とはどんなことなのでしょうか?活性酸素の原因を知るとともに、除去する方法をご紹介していますのでご覧ください。