MENU

ジルベール症候群とは?黄疸症状を改善・進行させないためには?

 

ジルベール症候群という病名を聞いたことがある人は少ないかもしれません。
ジルベール症候群はビリルビンに関係する肝疾患です。

 

今回はジルベール症候群についてご紹介していきたいと思います。

 

 

【ジルベール症候群ってどんな病気?】

 

ジルベール症候群はジルベール・モイレングラハト症候群とも呼ばれる遺伝性の肝疾患です。

 

遺伝的に酵素に異常があり、ビリルビンが体内に溜まりやすい体質です。

 

ビリルビンの代謝がうまくできず、黄色の色素によって黄疸症状が出る体質的黄疸のひとつであるとされています。
ジルベール症候群は成人にみられる体質的黄疸であり、間接型ビリルビンが優位で軽度の黄疸症状がみられるのが特徴です。

 

 

ジルベール症候群にはさまざまな原因がありますが、遺伝要素が強いと言われており、人口の2〜7%がこの病気だと考えられています。

 

 

体質的黄疸としては最多ですが、日本での発症頻度は5%程度です。
男女比では男性の発症率のほうが高く、20代〜30代男性が発症しやすいという統計があります。

 

 

【ジルベール症候群の症状・治療】

 

ジルベール症候群では無症状であることが多いようです。
症状がある場合でも軽度の黄疸がみられる程度であり、日常生活に支障をきたすようなことはほぼありません。

 

感染症やストレス、疲労などによって黄疸が強くなった場合でも、原因を取り除くことで症状は軽快します。

 

ジルベール症候群はほとんどが無治療のまま経過を見ることになります。
遺伝要素が強いため予防することはできませんが、家族に体質性黄疸の人がいれば発症率は高くなりますので注意が必要になります。

 

 

ジルベール症候群はあまり聞きなれない病名ですが、先天的に黄疸になりやすい人の多くが発症している病気です。
成人になってから発症しますので、ビリルビンの数値が高いにもかかわらず肝臓の異常が見られない場合には、ジルベール症候群の可能性も考えられます。

 

【症状・黄疸を悪化・進行させないためには?】

 

黄疸は肝臓の働きに左右されることが多い症状です。何らかの原因により肝臓が疲弊していると、肝機能は低下し、本来の機能を果たせず症状が重くなることがあります。

 

肝臓の働きを左右する主な原因は、

・過度の飲酒
・食べ過ぎ
・疲労
・喫煙
・ストレス

これらがほとんどを占めます。

 

もっとも、「飲酒」「食生活の乱れ」「喫煙」などは現代人にとって肝臓にダメージを負わせる最も多い原因です。

 

 

当サイトでも飲酒や食生活の乱れ、喫煙をはじめとした肝臓にダメージを与える生活習慣について解説していますので、ぜひそちらも参考にしてください。

 

⇒絶対に控えたい悪影響だらけの食生活とは?

 

⇒アナタは知っている?飲酒がもたらす肝臓への影響

 

⇒今すぐ禁煙したくなる、タバコの害

 

 

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報