MENU

肝脂肪対策で運動・トレーニングする時に心掛けておきたい4つの心得

 

脂肪肝リスクが高い生活習慣をしているとどんどん肝臓に脂肪が蓄積して、やがて肝硬変という重大な病をまねくことになります。

 

脂肪肝は、肝臓に脂肪がついてしまっている状態を意味しています。

 

そんな方は、だいたいが血液検査の中性脂肪も高く、血液が肥えた状態。そのまま生活を続けていると、メタボリックシンドロームや、生活習慣病である糖尿病などの病気リスクも高まります。

 

こちらでは、そんな脂肪をなくすための【脂肪燃焼】にスポットを当てて、効率だけを考えたトレーニング・運動方法をご紹介します。

 

運動は健康維持に欠かせないということは周知の事実ですが、脂肪燃焼にはどのようなトレーニングをすればよいのでしょうか?
やるならどんなひと工夫が必要なのでしょうか?

 

脂肪燃焼させる運動をご紹介します!

 

ランニングは適度な心拍数を維持しよう!

 

ランニングは無理なく自分のペースで運動できる方法なので、脂肪燃焼のために行っている方が多いですよね。

 

ランニングで効率的に脂肪燃焼するコツは2つ

 

おしゃべりできるくらいのペース
20分以上続ける

 

これだけです。

 

おしゃべりできるくらいのペースで走ると、脂肪燃焼に最も効果的な心拍数を維持することができます。

 

速すぎると心拍数が高くなってしまうので、無理のないペースで走るようにしましょう。

礎代謝を上げる筋肉トレーニング

 

筋肉トレーニングそのものは脂肪燃焼にはあまり効果がない運動です。

 

しかし、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることにより、他の運動をしたときの脂肪燃焼をサポートすることができます。

 

筋肉トレーニングをするときには

 

トレーニング前にカロリー補給をする
有酸素運動前にトレーニングする

 

ということが大切になります。

 

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動前には筋肉トレーニングをしておくと脂肪燃焼しやすくなります
筋肉トレーニングと有酸素運動を合わせて1〜2時間以内でおさまるようにしましょう。

ペース管理が大切なウォーキング

 

ウォーキングは高齢になってもできる運動ですよね。
たくさん歩いたほうが良いと思っている方も多いのですが、ウォーキングで意識するべきなのはペースです。

 

脂肪燃焼に効果的なウォーキングのペースは時速6km。

 

つまり1分間に100mくらいのペースということになります。

 

これを30分以上続けることで脂肪燃焼できますので、ペース管理しながら歩くようにしてみてください。

脂肪燃焼効果の高いスイミング

 

全身運動ができるスイミングは脂肪燃焼できる運動のなかでもかなり効果的な方法です。
オススメの泳ぎ方は平泳ぎ、またはクロールです。

 

平泳ぎはゆるやかに脂肪燃焼することができ
身体への負担も少ないので高齢者や運動が苦手な方に向いています。
クロールはなんといっても脂肪燃焼量が多いので短期間で痩せるのに有効です。

 

スイミングはスピードにこだわる必要はまったくありません。
泳いでいるだけで十分に脂肪燃焼することができるので
30分以上続けることを目標にして運動しましょう。

 

 

ランニングやウォーキング、スイミングといった運動はどれも有酸素運動。
運動中に溜まっていく乳酸が酸素や脂質と結びつくことにより
脂肪燃焼されて痩せることができるのです。
運動強度が高すぎても低すぎても脂肪燃焼ができないので
それぞれに最適なペースや時間を守って実施するようにしてください。

 

 

 

【まとめ】

 

有酸素運動はすればするほど脂肪燃焼に有効ではありますが
頑張りすぎると身体に負担がかかってしまいます。
週に3日を目安にして無理なく脂肪燃焼していきましょう。

 

 

脂肪燃焼に有効な運動方法はいろいろありますので
自分に合った方法で運動を継続してくださいね!

関連ページ

脂肪肝の症状・原因・改善方法とサプリメント情報【脂肪をスッキリ対策】
脂肪肝の改善方法を中心として症状や原因、脂肪肝サプリメント情報を発信しています。隠れ脂肪肝が急激に増加しています。脂肪肝のリスクや症状・予防とサプリメントですっきり対策を!
非アルコール性脂肪肝【NASH】は改善できる?自分で改善させる為には
非アルコール性脂肪肝で悩む方の改善方法や概要のまとめページです。非アルコール性脂肪肝は近年男女問わず増加傾向です。リスクを減らし、改善・予防に努めましょう!
メタボリックシンドロームのリスク・脂肪肝との関係【改善対策方法】
メタボリックシンドロームが引き起こすリスクや脂肪肝との関連情報、メタボにならないための対策、改善方法についてのページです。
中性脂肪を下げるために効果的な方法ってありますか?脂肪肝と関係は?
中性脂肪を下げるための効果的な方法について解説しています。中性脂肪の数値は肪肝に大きく影響を与える指標。こちらで効果的な下げ方で将来の健康リスクを下げましょう!
脂肪肝の人のための【糖質・脂質・たんぱく質】3大栄養素情報
脂肪肝はアルコール性と非アルコール性のものに大別できますが、その原因となるのは「糖質・脂質・たんぱく質」の3つ。この糖質・脂質・たんぱく質がどう影響するのか、解説していきます。
脂肪肝改善のための食事・食べ物・食べあわせを教えてください。
脂肪肝改善のための食事・食品を紹介しています。食事の可能性はとても高いものがあります。食べ合わせなども考慮すると、対策方法は数多くありますのでぜひこちらの情報を参考にしてみてください。