MENU

脂肪肝食事のポイント・要点

 

脂肪肝は国内で患者数が急増している病気のひとつです。

脂肪肝は定期健診などで行なわれる肝機能検査によって判明することが多く、自分自身ではなかなか気づくことができないものです。

 

今回は脂肪肝と診断された人、または肝臓に不安がある人のための、脂肪肝対策のための食事情報をご紹介します。
食べ物や食事方法を工夫するだけでも脂肪肝は改善できる可能性がありますから、この機会に正しい脂肪肝対策を身につけていきましょう。

脂肪肝改善に効果的な食べ物とは?

脂肪肝は肝臓の肝細胞が脂肪化することで機能低下をもたらす病気です。
肝機能改善するためには肝臓の負荷を小さくしたり、肝機能を向上させる食べ物を積極的に摂るようにします。

 

野菜で脂肪肝を改善

 

ほうれん草やカボチャ・ニンジンなどの野菜はミネラルやビタミンを多く含み、脂肪の代謝・分解をサポートしたり、抗酸化作用抗炎症作用によって脂肪肝が悪化するのを予防します。

 

また、お豆や豆乳などからは良質な植物性たんぱく質を多く含んでいるため、肝臓の機能回復にも効果的です。

 

アリシンが脂肪を排出・燃焼!

ネギやニラ、たまねぎ、にんにくなどの香味野菜に含まれる「アリシン」は、脂肪肝の原因である過剰な糖質代謝の効率を底上げしてくれる成分です。

 

体内の脂肪を排出させたり、燃焼を促進させる作用があるので脂肪肝で困っているときにはどんどん食べたい食べ物です。

 

 

また、アリシンは体のエネルギー源となるビタミンB1と結合し、体に留まる時間を伸ばします。

 

ビタミンB1は肝臓で糖質を代謝するのに使われる成分なので、糖質がしっかりと代謝されることによって脂肪肝の予防や緩和につながります。

 

魚介類で脂肪を排出

しじみやあさり、ホタテなどの貝、タコやイカ・マグロ、魚などは積極的に摂りたい食べ物です。

 

オルニチンは肝臓の代謝・解毒機能をサポートする働きがあるので、肝臓に蓄積された脂肪の排出を促します。

 

肝臓から分泌される胆汁の分泌を促す働きを持つ「タウリン」という成分が含まれています。

きのこ類もおすすめ

きのこ類にもオルニチンを豊富に含む食べ物です。
魚介類が苦手な場合、きのこなどからも摂取できますし、何よりヘルシーなので脂肪肝対策にはうってつけの食品です。

チーズ

チーズにもオルニチンが含まれますが、チーズ自体に体に脂肪が付くのを抑える働きがあるのでどんどん食事に取り入れていきましょう。

 

サンマやイワシなどの青魚で肝機能向上

青魚(サンマ・イワシ)や鮭・マグロなどにはDHAやEPAをはじめとする不飽和脂肪酸が含まれており、肝細胞にダメージを与える活性酸素を除去したり、血液をサラサラにして肝臓の負担を減らす働きがあります。

 

アーモンドのポリフェノールで脂肪を排出

アーモンドには抗酸化作用があるポリフェノールが豊富で、脂肪肝を予防、緩和してくれます。

 

お酢

酢の主成分である酢酸は糖質が小腸で吸収されるのを阻害する働きがあります。
 

鶏胸肉

鶏胸肉は、脂肪分が少なくたんぱく質が豊富なおすすめの食品。
調理時、お酢などのクエン酸と組み合わせると消化酵素の働きが高まり肝臓のエネルギー代謝を上げることができます。

 

牛肉・豚肉

牛肉や豚肉などは食品の中でもたんぱく質が極めて多い食べ物。
脂肪肝改善を図るのであれば、ばら肉などは避けるほうがおすすめです。

 

サラダチキンなどの低脂質・高たんぱく食品がおすすめです。

 

大豆製品

大豆やもやしなどにも同様に良質たんぱく質が豊富な食べ物。
また、肝機能回復に必須なアミノ酸、レシチンが豊富です。

 

しじみの味噌汁であれば、大豆としじみの有効成分を一緒に補給することができるので、毎日摂取していきましょう。

 

また、大豆製品はビタミンB12が豊富で、摂取したたんぱく質を吸収しやすくし、肝機能回復に効果的です。            

 

効果的な食べ合わせ

普段の食事を一工夫するだけで相乗効果を得られる効果的な食べ合わせを知っておくと、食事も楽しく・おいしく摂ることができるのでおすすめです。

セサミンは脂肪肝の対策にうってつけ!

セサミンは、肝機能を高め、脂肪肝や肝臓数値をはじめとした肝臓の悩みを改善してくれる成分です。

 

γ-GTPやALT、ASTの肝臓数値が高い肝臓トラブルは、肝機能が低下していることが最大の原因です。

 

肝機能が低下する要因として、今考えられているのが「活性酸素」です。活性酸素は細胞単位で老化を早める、極めて毒性が強い物質です。
肝臓は血液をろ過する役割があるゆえ、活性酸素が集まりダメージを受けやすく、肝機能障害につながる可能性もあります。

 

セサミンはこの活性酸素を除去する働きが強い成分です。
加齢とともに失われやすいSOD酵素と呼ばれる抗酸化物質の代役を担い、強い抗酸化作用で体内の活性酸素を除去します。
活性酸素を除去することは

 

・肝がんの予防
・肝機能障害の予防
・数値改善

 

につながります。

 

私たちの体のすべては食事によって得られた栄養素によって作られています。
日々の積み重ねはとても大変ですが、脂肪肝改善には近道がありませんが、改善効率を高めることはできます。

 

また、脂肪肝は肝硬変、やがて肝癌などのとりかえしがつかない病気へと進行してしまう可能性があります。
できることがある「今」こそ、積極的に肝臓に良い食事を心がけ改善させていきましょう。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報