MENU

肝臓はエネルギー代謝や分解を行っている器官で、食べたものからエネルギーを作りだしたり、有害物質を分解・排出する役割があります。

 

 

 

 

オルニチン
亜鉛
クエン酸
タウリン
ビタミン類

 

これらは肝臓の機能を向上するためには必須と言える栄養素。
こちらでは肝臓に良い栄養素・成分を解説していきたいと思います。

 

オルニチンは肝臓ケアに効果的な成分!

しじみに多いオルニチンは肝臓や脂肪肝にも効果的な代名詞的成分。
オルニチンを含有する肝臓サプリでどんな効果を得られるのかを把握しておきましょう。

オルニチンは「疲れ」にも効果的

オルニチンは、体内の疲労物質を除去するオルニチンサイクルを活性化させ、疲れを解消するために必要な「解毒」と呼ばれる肝臓の働きを高めてくれる成分です。

 

体は絶えず活動エネルギーを作り出す一方で、アンモニアと呼ばれる疲労物質を作り出しています。これが蓄積すると
・倦怠感
・だるさ
・疲れやすさ
などが現れ始めます。

 

オルニチンは、肝臓の働きである「オルニチンサイクル」を活性化させ、肝臓がエネルギー産生しやすい状態にしてくれます。
肝臓をサポートしてくれる成分ですので、日常的に摂取することで肝機能障害予防にも効果的です。

オルニチンがアルコール代謝を促進

オルニチンは、アルコールを分解するときに効果を発揮する成分でもあります。

 

オルニチンでアルコールが効率的に分解されることによって体からアルコールが抜けやすくなるので二日酔いなどに対策に効果的です。

 

 

脂肪肝ならどんどん摂りたいオルニチン

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促す効果があり、新陳代謝が活発になることから脂肪肝にも効果的な成分です。

オルニチンで基礎代謝をアップ

オルニチンには成長ホルモン分泌を促す働きがあるので脂肪肝におすすめの成分です。

 

オルニチンを摂取すると成長ホルモンが促進されます。成長ホルモンは基礎代謝を上げる作用があるので消費カロリーが増し、痩せやすい体質に変化します。

 

特に、脂肪肝などの内臓脂肪改善にうってつけの成分です。

 

亜鉛は肝臓の回復に働きかける

亜鉛は肝臓の新しい細胞が生成されるときに必要な成分です。

 

肝臓は、アルコールなどからダメージを負うと、自ら回復する働きがありますが、この回復に作用するのが亜鉛です。

 

傷ついた細胞の修復がスムースに行われることで肝機能を向上する働きがあります。

 

クエン酸がどうして肝臓の働きを高めるの?

肝臓は500種類にも及ぶ化学変化を担っている器官であり、私たちが活動しているときは肝臓も常に働いている状態です。

 

エネルギーが不足したり疲労がたまっていれば、それだけ肝臓の機能も低下することになります。

 

クエン酸には疲労のもとになる【乳酸】の生成を抑える効果や、われわれが生命活動を行う燃料(エネルギー)をより多く生産することで活動量を増やしてくれる効果があります。

 

また、ミネラルやビタミンは脂肪肝の予防に役立つ栄養素ですが、クエン酸はそれらの栄養素の吸収を促進させるはたらきをもっているので、肝臓病予防にもなります。

そもそもクエン酸って何?

クエン酸は細胞に存在する成分であり、取り込んだ食べ物をエネルギーに変換する重要な役割を担っています。

 

このような仕組みを【クエン酸回路】と呼び、生命活動を行ううえで欠かせないだけではなく、さまざまな効果をもたらすことが分かっています。

タウリンは肝臓にどう作用するの?

肝臓自体は再生能力が高い臓器なので、半分以上切り取っても再生する能力を持っています。

 

しかし肝臓は代謝や解毒、胆汁生成など、今の医療技術ではまかなえないほどの役割を担っているため、ダメージを受けやすい臓器でもあります。
そんなダメージを軽減してくれるのがタウリン。

 

タウリンが肝臓の働きを助けてくれる最大の理由は、肝臓の細胞の再生をサポートし、体内の脂肪を排出する胆汁・胆汁酸の分泌・働きを強化することにあります。

 

数値改善にもタウリンを

肝臓はもともと老廃物をからだから排出する役割をもつ臓器。
肝臓の本来の働きが高まることで体の老廃物が滞ることなく排出されます。

 

肝臓サプリの効果を知って肝機能アップ!

 

肝臓がしっかり働き、肝細胞がしっかり再生することで肝機能が正常化し、疲労回復、肝臓数値の改善、また、疲れくくなるなどの肝機能向上効果をもたらします。

 

さらに、タウリンは癌による疲労感の症状を軽減するという研究報告もなされています。

脂肪肝対策にも効果的

タウリンは脂肪肝によって肝臓に溜まってしまった中性脂肪を、胆汁酸を強化することで肝臓から排出し、改善してくれる効果があります。

 

 

 

 

ビタミンは肝臓にとって大切な栄養素

ビタミンは、美容のイメージがありますが、肝臓の働きの一つである「代謝」をサポートしたり、傷ついた細胞再生・修復作用など、肝機能に幅広く関わっています。

 

ビタミンAの肝臓への働き

肝臓においては、肝がんの再発予防に効果的とされている成分。
細胞の中の「核」と呼ばれるところに作用し、肝がんを進むのをおさえるという働きがあります。

 

ビタミンCは肝臓に効果的

ビタミンCは抗酸化作用が高いビタミンの一つです。

 

抗酸化作用が高く、肝臓で多く生産される活性酸素を除去してくれます。
アセトアルデヒドなど、二日酔いや悪酔いにかかわる物質を代謝するのに大切な成分の一つです。
また、ビオチンは脂肪肝の方が積極的に取りたい成分です。

 

オメガ3脂肪酸で肝臓の脂肪を排出

オメガ3脂肪酸には

 

・脂肪がつくのを抑制する効果
・抗炎症効果

 

の2つの働きによって
肝機能の正常化や脂肪肝予防に効果を発揮してくれます。

 

抗炎症作用がありますので、こうした肝臓の異常にも効果があると考えられます。

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンには
・肝臓に脂肪がつくのを抑える働き
・肝臓をダメージから守る働き
の2つがあります。

 

アスタキサンチンは肝臓に良い成分の中で、最も抗酸化作用が高い成分。
肝臓の細胞を攻撃する活性酸素を減らしたり、肝臓に脂肪がつく前に排出させる働きがあります。

 

「代謝」や「解毒」などの働きの効率性が強化されるので、肝機能を向上させるために摂りたい栄養素です。

 

 

クルクミンの肝臓への効果

血液検査で肝臓の働きに異常値が出たときに、クルクミンを摂取するのはとても良い対策です。

 

クルクミンは、ウコンに豊富に含まれている成分で、黄色の天然色素でポリフェノールの一種。二日酔いに効くとされている成分です。
ではなぜ、今肝臓の機能向上にクルクミンが注目されているのでしょうか?

 

クルクミンは、肝臓の解毒を高めてくれ、胆汁の分泌を促してくれます。
肝臓の重要な機能である胆汁の分泌を高めてくれるので、老廃物など、不要なものの排泄を促進することになります。

 

二日酔いの原因物質でもあるアセトアルデヒドを処理するのも肝臓の働きなのですが、その猛毒であるアセトアルデヒドが厄介です。

 

アルコールを摂取すると、肝臓でアルコールを分解する中でどうしてもアセトアルデヒドが生じてしまいます。
このアセトアルデヒドが血液中に長く残ることで、二日酔いのような症状をもたらします。

 

クルクミンを摂取すると、胆汁の分泌が促進されるので、アセトアルデヒドの代謝も促進されます。
なので、お酒を飲む前にクルクミンを含むウコンドリンクなどを摂ると、二日酔いが予防され、次の日に響かないようになるのです。

 

アルギニンの効果

アルギニンは肉や魚、大豆、牡蠣といったたんぱく質を多く含む食品に含まれている成分。
肝臓の働きである「アンモニアの解毒作用」や「成長ホルモンの分泌」を促すといった効果があります。

 

体内にアンモニアが増えてくると疲労感が増してきます。

 

・昨日の疲れが抜けない
・朝起きれない
・慢性的に疲れている
こんな症状に悩まされてしまいます。

 

アンモニアの分解がスムースに行われると、疲労感が無くなり爽快感を感じてきます。

 

さらに、アルギニンはアンモニア分解の際に、オルニチンに関係する循環回路(オルニチン回路)で用いられるので、お酒と相性の良いオルニチンの効果も期待できます。
アルコール好きな方には積極的に摂取してもらいたい成分です。

 

成長ホルモンには食欲を抑制してくれるので、食欲抑制剤として利用さることもあります。
成長ホルモンは脂肪の代謝を促進してくれるので、基礎代謝を高め、脂肪肝などの改善にも適しています。

 

アルギニンはビタミンB6と一緒に摂ると効果的だと言われています。
ニンニクやマグロなどにはビタミンB6が豊富に含まれているので、合わせて摂取すると相乗効果でアルギニンの効果が倍増します。

 

 

肝臓に良い成分を効率的に摂る方法

肝臓に良い成分は食べ物で摂取するのが理想ですが、肝臓に良いからと言ってそれを毎日食べていてはカロリー的に脂肪肝などの原因になります。

 

肝臓サプリは食べ物と違ってほぼ0カロリーなので、脂肪肝の心配もありません。
自分のスタイルに合わせて肝臓サプリを取り入れてみましょう。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック