MENU

黄疸の種類別原因情報!

 

◆黄疸種類別詳細情報

 

 

【溶血性黄疸】
赤血球が破壊されるとヘモグロビンが出てきて、それが変換されて「間接型ビリルビン」となります。

 

しかし、もしも異常な速さで赤血球が破壊されると、大量の間接型ビリルビンが肝臓に送られ、直接型ビリルビンに変換する動作が追いつかなくなります。すると、「間接型ビリルビン」は血液中にあるので、血中の「間接型ビリルビン」が大量に増えてしまうことになります。これが溶血性黄疸です。

 

ビリルビンは、変換されてウロビリノーゲンとして尿からも排泄されます。大量の間接型ビリルビンが胆道を通過して腸管内に移動し、ウロビリノーゲンの産生量が増加するので、尿の中のウロビリノーゲンの濃度も上がります。
 
 
【肝細胞性黄疸】
原因となる疾患には
・急性
・慢性肝炎
・肝硬変
などの肝臓の病変があります。肝臓の細胞が傷つけられてしまうと、産生された胆汁を胆管へ運ぶ機能も低下してしまうため、直接型ビリルビンが血液中に溢れ出てしまいます。

 

そのため、血液中の直接型ビリルビン濃度が上昇することとなります。ですが、直接型ビリルビンの一部は腸管へ行き、ウロビリノーゲンとなって肝臓に戻り、血液をめぐって腎臓から尿中に排泄されます。

 

しかし、肝臓のウロビリノーゲン処理能力も低下しているため、尿中のウロビリノーゲン濃度も上がってしまいます。
尿中に出るウロビリノーゲンの量は正常な場合に比べて数十倍にもなります。
肝臓が悪いと、尿が濃くなるとよく言われるのはこのためなのです。

 

また、肝臓の細胞の障害程度が著しい場合は間接型ビリルビンの変換も著しく障害されてしまうため、同時に血液中の間接型ビリルビン濃度も増加します
 
 
【閉塞性黄疸】
原因となる疾患として、
・原発性硬化症胆管炎
・原発性胆汁性肝硬変
・胆石症
などがあります。

 

これは胆汁の流れが停滞したり詰まったりして、直接型ビリルビンが胆管へ行くことができず、肝臓からそのまま血液中に溢れてくるために発症します。

 

そのため腎臓から排泄されるウロビリノーゲンの量が増加し尿の色が非常に黒っぽく濃くなります。また、ウロビリノーゲンは便の色のもとになるものなので、胆汁が腸管内に流れなくなると便の色は尿とは逆に白っぽくなります。

 

この状態が長期化すると、肝臓や腎臓といった臓器に悪影響を及ぼすだけでなく、詰まった胆管の中に細菌が発生・感染し、細菌性胆管炎を発症すると生命に関わる恐れも生じてきます。

 

 

このように、黄疸はだた皮膚が黄色くなるだけではなく、体の仕組みの一部が阻害・機能しなくなる場合に置きます。そしてそれらをつかさどっているのが肝臓です。
お酒やタバコ、油っぽい食生活が多い方は、これらの病気を招く前に、できるだけ早く、改善の取り組みが必要です。

 

今では肝臓の働きを助けるサプリメントが1,000円前後という価格で販売されています。

 

生活習慣を正すのは結論から言ってかなり困難。そのようなサプリを知っておくだけで、ぐっと選択の幅が広がります。

 

⇒体質的・先天性の黄疸、【体質性黄疸】の詳細情報はこちら

 

⇒損して購入しないで!有名サプリが5,980円→980円!

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

黄疸で痒い時の改善・対策とそのメカニズム
黄疸で痒みがひどい場合があります。こちらではその改善・対策方法と、かゆみが発生するメカニズム・仕組みについて解説しています。
新生児黄疸の症状と原因・予後の流れについておしえてください。
生まれたての赤ちゃんは黄疸が出ることが多く、新生児黄疸といわれています。こちらではその新生児黄疸の原因や症状、予後について詳細情報をまとめています。