MENU

高い尿酸値を下げるサプリメント紹介

 

こちらのページでは、尿酸値に働きかける有効なサプリメントとその他、痛風の基礎的情報を解説しているページです。

 

高い尿酸値を下げる方法【サプリメント・食事・運動】効率よく尿酸値改善

 

尿酸値が高くなってしまう原因や健康へのリスクについて考えるとともに、尿酸値を下げるためにできることについてお話していきます。

 

尿酸値が高いと診断される病気の代表格である「痛風」。本人にしかわからない辛い痛みがあります。
この痛風の原因である尿酸値を食事によって改善するのはとても有効ではありますが、毎日食べるものを気をつけるとなるととてもストレスです。

 

・食べたいものが食べられない・・・
・発作のことで食事が楽しめない・・・
・あの頃に戻りたい・・・

 

こんなお悩みを抱えている方にこそ、尿酸値を下げるサプリメントはとてもおすすめです。

 

食べたいものを食べたいときに!
気持よくおいしい食事を!
痛みなんて感じなかったあの頃へ!

 

尿酸値を下げるサプリメントはあなたの尿酸値を下げてくれるだけではなく、今まで送っていた生活や、これからの人生の彩を与えてくれます。
始めている方にだけ訪れる「痛風の痛みがない生活」をぜひ送ってください!

尿酸値を下げるサプリメントのおすすめはありますか?成分で選びたいと思っています…。

尿酸値を下げる取り組みは様々ありますが、実際問題、続けるという意味ではどれも根気が必要ですし、継続しなければ改善することはありません。
したがって、

 

『継続することができるか』

 

『自分に負担がどれだけ少ないか』

 

で選ぶことも重要です。

 

尿酸値に効果がある食べ物を摂取しても避けられないのが『カロリー』。どんなに良い食べ物でも、食べすぎはデメリットしかありません。また、バランスよく摂取する必要がありますが、継続という意味ではかなり根気がいる取り組みです。

 

この、「継続」という点では、尿酸値を下げるサプリメントを始めるのはとても有効的な取り組みの一つです。
飲み合わせなどを行っても、カロリーは一桁台でしょう。摂取するのも容易ですし、調理時間や成分摂取量的にみても、尿酸値を下げるサプリメントは高効率的です。

 

以下のサプリメントは、
・価格
・有効成分の種類
・返金保証

 

この3つの視点から、初めての方が特にスタートしやすい尿酸値サプリメントを選びました。
「これから始めたいと思うけどどれを選んだらいいかわからない」
そんな方視点で選びましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

尿酸値を下げるサプリメント3選

 

  

 

 

 

 

【白井田七】 6,480円3,980円

 

高い尿酸値を下げる方法【サプリメント・食事・運動】効率よく尿酸値改善

 

【特記情報】
お客様満足度94%
・合成素材不使用
・安心の100%オーガニック
・田七人参の7倍のサポニンパワー

 

【尿酸値有効成分】
@サポニン
血液の流れをスムースにするサラサラ成分。

 

Aカリウム葉酸
尿酸プリン体排出成分通風などの症状対策に。

 

Bフラボノイド
→動脈硬化・細胞の老化を抑制する抗酸化作用成分

 

【価格情報】
通常価格は6,480円+税です。しかし、当月に解約可能な定期コースで申し込むと、初回の方にかぎり特別価格の3,980円で購入が可能です。また、送料も無料で2回目以降も20%オフで購入が可能です。

 

・通常価格6,480円3,980円
・送料→無料
・解約休止→いつでも可能

 

【返金保証等】
『白井田七』は、誰でも始めやすく、まず実感してもらうために、『15日返金保証制度』があります。
商品を使っても、お届け日から15日以内であれば商品代金がキャッシュバックされます。

 

【まとめ】
『白井田七』は尿酸値・プリン体対策サプリメントのパイオニア的な存在です。
累計販売個数お客様満足度返金保証と、初めての方でも安心して購入することができるのが『白井田七』です。
公式ページではさらに詳細な情報が確認可能なので、気になっている方はぜひ、ご覧ください。

 

⇒白井田七の詳細ページへ

 

⇒白井田七公式ページへ

 

\累計販売10万本!本気のアナタの数値の改善に/

高い尿酸値を下げる方法【サプリメント・食事・運動】効率よく尿酸値改善

 

 

 

 

【慈凰(じほう)】9,800円5,880円

 

 

【特記情報】
・海洋性アンセリン15000mg配合(1箱中)
・初回購入者40%オフ
・慈凰リピート率90%
・2箱購入で1箱無料プレゼント

 

【尿酸値有効成分】
海洋性アンセリン
→アンセリンサプリメント業界でもトップレベルの配合量!通風予防や蓄積した慢性疲労改善にも効果◎

 

菊花ポリフェノール
体内の尿酸を排泄や生産を整え、体の恒常性を正すのに役立つ成分です。

 

シークワーサーフラボノイド
ダイエット効果成分の一つ。ついつい食べ過ぎがちなその一口に効果を発揮する特別成分です。

 

【価格・割引情報】
『慈凰』はまとめ買いする個数により、割引率がことなります。

 

@じっくりお試しコース
初回購入者限定ですが、1箱約1か月分が40%オフで購入可能です。
・通常価格9,800円5,880円+送料
・消費税→内税

 

A定期購入1箱/月コース
簡単な会員登録後に、コースの解約や停止も可能な定期コースで『慈凰』を購入されると、@よりもさらに45%オフで購入できます。
。本体価格9,800円5,370円
。送料→無料
税込み価格

 

これらのコース以外にも、さらに割引率が高いパターンもあるので、お財布の都合に合わせてご購入を検討ください!

 

【まとめ】
現在、10,000名様の方が始めている、プリン体尿酸が気になる方のためのサプリメントです。
これからの季節、なにかとお酒を飲むシーンが増えるので、安心してお酒を楽しむという側面にも、『慈凰』はこうかを発揮してくれることでしょう。

 

⇒もっと詳しい慈凰ページへ

 

⇒【慈凰JIOH】公式HPへ

 

\プリン体を高品質のアンセリンで悩み改善!/

 

 

 

【恵葉プレミアム】7,980円まとめ買い割引あり

 

【特記情報】 
・満足度98%
国内トップレベルの製薬工場生産!
・配合バランスがダントツ!

 

【尿酸値有効成分】
アンセリン
→高純度・高品質にこだわったアンセリンを使用。尿酸によって引き起こされる通風を予防する効果やその他、生活習慣病を予防する働きも。

 

キャッツクロー
プリン体にアプローチするハーブの一種疲労回復効果免疫力向上などの働きと、効果への即効性があるのが特徴

 

葉酸
→いわずと知れた尿酸・プリン体への改善対策成分の一つ。お酒を飲む方への肝臓ケアとしての側面も持ち合わせています。

 

ケルセチン
→ビールなどのアルコールに含まれるプリン体の増加からくるフシブシの痛みの緩和に加え、動脈硬化予防コレステロール排出に効果的な成分の一つです。

 

【価格・割引情報】
恵葉プレミアムは単品購入の場合、割引がありません。
・通常価格7,980円(税込み)
・送料別
・手数料無料

 

【まとめ】
恵葉プレミアムは、今までサプリメントを飲んで満足できなかった方にお勧めしたいサプリメント。
アンセリンに加え、キャッツクローケルセチン葉酸などの有効成分をバランスよく配合しています。

 

割引はないとお伝えしましたが、まとめ買い時には最大4,140円もお得に購入することができるので、状況に応じて検討してみてください。

 

⇒恵葉の詳細ページはこちら

 

⇒【恵葉プレミアム】公式HPへ

 

\3本セットの購入でさら特別割引あり!/

 

尿酸値を下げるために行いたいこと

 

尿酸値が高くても症状が出ないことはよくありますが、健康リスクを回避するためにも尿酸値を下げるに越したことはありません。

 

尿酸値を下げるために日常生活でできることをまとめてました。
できることから実践して、健康な毎日を送りましょう!

 

尿酸値と食べもの

尿酸値を下げるためにまず見直したいのが食事です。
尿酸値を高くしてしまうような食事をしていないか、改善が期待できる食事やコツをチェックしましょう。

 

尿酸はプリン体が原料になってつくられるため、食事の内容を見直すことで改善できる可能性があります。

 

《良い食べ物》

尿酸値を改善するのに良い食べ物は基本的に、
プリン体の含有量が少ないもの
尿をアルカリ性にするもの
の2種類です。

 


・米、パン、うどんなどの穀物
・じゃがいも、さつまいも
・ワカメ、昆布、ひじきなどの海藻類
・豆腐
・にんにく
・生姜
・果物
・ほうれん草
・ゴボウ

 

《悪い食べ物》

一方、尿酸値を悪化させる可能性がある食事は、プリン体の含有量が多いものです。

 

・レバー
・白子
・あんこうの肝
・魚の干物
・筋子、たらこなどの魚卵

 

プリン体は動物性たんぱく質の内臓や魚卵に多く含まれています。
尿酸値が高い人はできるだけ控えましょう。

 

尿酸値と飲み物

食べ物と同様に飲み物でも良いものと悪いものがあります。

 

《良い飲み物》

・水
・ハーブティー
・コーヒー
基本的には水分を補給すれば尿酸が排出されやすくなりますが、そのなかでも特に良いのは水です。
1日2L以上の水を飲むようにしましょう。

 

コーヒーは尿酸値の上昇を抑制する作用がありますが、コーヒー(ハーブティー)には利尿作用があります。
尿酸値を改善しやすい飲み物ではありますが、カフェインが含まれており、利尿作用によって脱水気味になる可能性から、結石などの原因になることも考えられ、1日1〜2杯を目安に飲みすぎには注意するのが望ましいでしょう。

 

《悪い飲み物》

プリン体が豊富で尿酸値を高めてしまうビールをはじめ、アルコールほとんどが尿酸値に影響してしまいます。
完全に控えることが難しいようであれば、プリン体をカットした商品を選ぶようにしましょう。

 

食事をとる時間帯の工夫

尿酸値が高くなる人の多くは肥満または肥満傾向です。
体重を減らすことで尿酸値が下がることも少なくありませんので、肥満対策をすることも大切です。

 

毎日食事をするうえで気を付けたいのはこちらです。

 

・エネルギー消費が多い朝はしっかり食事をとる
・代謝が低下しやすい夜は食事量を控えめにする
・間食は脂肪吸収されにくい14時前後にする

 

食事の時間帯は生活環境によっても異なりますが、不規則な食事を繰り返していると代謝がうまく機能しなくなりますので、できるだけ同じ時間に食べるよう意識しましょう。

 

食事の影響をできるだけ減らすコツ

尿酸値を下げるために食事の内容や時間に工夫することは、健康リスクを軽減することにもなります。
どうしても食事をすれば尿酸はつくられてしまいますので、血液中の尿酸濃度を下げるためにも水分をたっぷり補給しましょう。

 

また、食事は噛む回数が少なかったり早食いでも良くありません
噛む回数を増やし、時間をかけて食べるようにすれば、食事の影響を減らすことができます。

 

尿酸値と運動

尿酸値を下げるために運動を行うことはとても良いでしょう。
肥満や生活習慣病予防にも役立ちます。
しかし、運動によっては尿酸値に悪影響となることもありますので、ここでは運動時の注意点やオススメの運動法をご紹介します。

 

運動するときの注意点

尿酸値が気になって運動を始める場合には、身体への負担が少ない運動法からスタートするようにします。

 

激しい運動をしてしまうとエネルギー消費のためにATPが分解され、尿酸が過剰につくられてしまいます。
普段からスポーツをしているなら問題はありませんが、これまで運動不足だったのであれば、軽いウォーキングあたりから始めてください。

 

オススメの運動法

尿酸値を下げるための運動法でオススメなのは
・ランニング
・ウォーキング
・サイクリング
・スイミング
などの有酸素運動です。

 

徐々にできることを増やし、有酸素運動を20分以上継続、前後には十分な水分を摂るようにしましょう。

 

生活習慣

生活習慣病と深い関わりがある尿酸値は、喫煙飲酒睡眠などを改善することも重要です。

 

喫煙や飲酒はできるだけ控えるようにし、特にお酒を毎日飲んでいる人は週に2日の休肝日を設けるようにします。
睡眠不足は代謝不足や疲労の原因になりますので、最低でも6時間以上の睡眠を心がけましょう。

 

ストレス

強いストレスを受け続けると尿酸値が高くなる傾向にあります。
ストレス解消に適度な運動をしたり、リラックスできる休息時間をつくりましょう。

 

体重の増減

体重が急激に増えたときには尿酸値が高くなっている恐れがあります。
定期的に体重の増減をチェックしましょう。
体重のコントロールをできるようになれば、尿酸値を下げることにも役立ちます。

尿酸値が高いときに考えられる原因・病気とは?

 

尿酸値が正常値を上回り、高い数値を示す場合には、いくつかの原因が考えられます。
それぞれの原因についてみていきましょう。

 

薬剤の影響

持病があり、なんらかの薬剤を服用している人のなかには、薬剤の影響によって尿酸値が高くなってしまうことがあります。

 

降圧利尿剤

高血圧や心不全の治療に使われる降圧利尿剤には、血圧を下げたり、体内の余分な水分を排出する作用があり、血液量が減少するために相対的に尿酸値が高くなる傾向がみられます。

 

サイアザイド系利尿降圧薬であるフルイトランベハイドループ利尿薬のラシックスオイテンシンなどの薬剤は、尿酸値が高い場合には服用しない方が良いため、治療中でしたらかかりつけの医師と相談のうえ薬剤を変えてもらうと安心です。

 

喘息治療薬

喘息治療に用いられるテオフィリン製剤のテオドールテオロングは、これまで喘息治療に幅広く使われてきた薬剤ですが尿酸値を高める可能性があります。
しかし、治療として服薬を中止できないこともありますので、その場合には尿酸の生成を抑制する薬剤を併用することになります。

 

鎮痛剤

痛みを軽減したり、発熱を抑えるための鎮痛剤のなかでも、アスピリン系のバファリンケロリンエキセドリンA錠は、尿酸が排出されにくくする作用があります。

 

遺伝によるもの

遺伝によって尿酸値が高い数値を示しやすい人もいます。
尿酸に関わる遺伝子にはHPRTやUMOD、ABCG2、SLC17A1など、尿酸に大きな影響を与えるものと、影響は弱いが頻度の高いものがあります。

 

尿酸値の高い人の多くは後者であることがほとんどですが、そうでない人と同じ食生活や生活習慣をしていても影響を受けやすいため、遺伝的要因ならばより意識して過ごすようにしなくてはなりません。

 

腎臓機能低下によるもの

尿酸は尿に混じって体外へと排出されています。
腎臓機能が低下すると尿中の尿酸量が少なくなってしまい、血液中の尿酸濃度が高くなります。

 

腎臓機能が低下する病気としては
・腎炎
・多発性嚢胞腎
・腎不全
・尿路結石
などがあります。

 

高インスリン血症

糖尿病の一歩手前である高インスリン血症もまた、尿酸値が高くなる原因です。
高インスリン血症では尿酸の排出量が減ってしまうため、血液中の尿酸濃度が上昇します

 

 

このように、尿酸値が高い原因はさまざまであり、複数の持病がある場合にはさらにリスクが高くなってしまうのです。

そもそも尿酸とはどんなもの?尿酸の意味を教えて!

 

尿酸は体内に常に存在している物質であり、つくられる量と排出される量が一定のバランスで保たれています。

 

尿酸がつくられるのは
・新陳代謝により遺伝子を構成するプリン体が放出・分解される
・食品によって摂取したプリン体が原料になる
・エネルギー源として消費されるATPが分解されてプリン体の原料になる
といった過程においてです。

 

尿酸値が高いのはプリン体を多く摂取している人だというイメージがありますが、実際には食品で摂取されるプリン体は全体の20%程度であり、ほとんどが体内にあるプリン体を原料にしてつくられているのです。

 

尿酸は動物が生きていくうえで必ずつくられる老廃物です。
ほかの動物は尿酸をほぼ分解することができますが、私たち人間は尿酸を分解する酵素が欠損しているため、体内に蓄積されやすくなっています。

尿酸値の基準値について

 

血液中の尿酸の基準値は男女ともに7.0mg/dLです。

 

一般的に健康診断に記載されている基準値は

 

男性3.8〜7.5mg/dL
女性2.4〜5.8mg/dL

 

ですが、尿酸値が高いと診断されるのは結晶化される7.0mg以上ですので、これより数値が低い場合には特に問題はありません。

基準値オーバーによって引き起こされる病気や症状・合併症について

 

尿酸が基準値をオーバーしているときには、なんらかの異常や病気の可能性が疑われます。
また、尿酸を原因とした病気によって別の合併症が引き起こされることもあります。

 

痛風関節炎・痛風結節

尿酸が高いときに考えられる病気といえばやはり痛風です。
痛風は体内に溜まった尿酸が結晶化し、関節炎結節が起きる病気です。

 

痛風の症状は初期段階とそれ以降に特徴があります。
それぞれの症状を確認してみましょう。

 

《通風初期症状》

初期段階でみられる症状で特に多いのが
・関節の痛み
・足の親指(付け根)が腫れる
です。

 

痛風初期では70%以上が足の親指に症状があらわれ、強い痛みが発作的にあるが、1日〜数日でおさまることがほとんどです。
この発作は一時的なものだと思われがちですが、放置することによって何度も再発し、発作の間隔も短くなっていきます

 

《通風初期以降の症状》

初期以降になってくると関節の痛み以外の症状が出てきます。
・発熱
・足の親指、手首、足首、くるぶしなどが赤く腫れる
・関節部の変形
・関節以外の部位に結節ができる

 

発作を繰り返すたびに症状は進行し、関節が変形・破壊されていくのに伴い、腫れや痛みも増していきます。
痛風の発作は下半身に出やすい特徴がありますので、重度になってくると歩行が困難になることもあります。

 

筋肉や皮下にできるしこりは結節といいます。
この痛風結節ができてくるとかなり重度化していると考えられますので、早期の治療が必要になるでしょう。

 

尿路結石

結晶化した尿酸が結石となり、尿路に詰まってしまうのが尿路結石です。
尿路には尿が流れますので激しい痛みが生じることが多く、自覚症状がある場合が多いでしょう。

 

《症状》

・背中や下腹部にかけての激痛
・吐き気
・冷や汗
・頻尿
・残尿感
・排尿痛
・血尿

 

高血圧

尿酸が高くなると合併しやすい症状が高血圧です。
もともと高血圧症では酸性尿になりやすく、尿路結石のリスクも高くなります。

 

《症状》

・頭痛
・耳鳴り
・めまい
・肩こりや腰痛

 

高血圧になると血圧が上昇するため、血液の流れが悪くなって、さまざまな症状があらわれます。

 

心疾患など

高血圧では動脈硬化が起こりやすく、血管が傷ついたり、コレステロールなどが溜まることによって狭心症心筋梗塞といった心疾患や、脳梗塞脳卒中などの病気が引き起こされます。

 

《症状》

心疾患の場合には
・不整脈
・動悸、息切れ
・吐き気
・発作的なみぞおちの圧迫感や痛み

 

これらが症状としてあらわれます。

 

尿酸値が高いと上記の病気になるリスクが高まり、症状によって日常生活に支障をきたすこともあります。
高血圧は多くの合併症を発症しますから、健康診断などで尿酸値が高いと判明した場合には尿酸値をできるだけ下げる工夫をして、リスクを減らすように心がけましょう。

関連ページ

γ-GTPを下げる方法・基準値・高い場合の原因
γ-GTP(ガンマGTP)を下げる方法とサプリメントを紹介しています。下げる為に必要な用語の解説&基準値&高値の原因を解説しています。
ALT(GPT)を下げるには?その方法、基準値・高い場合の原因
このページではALT(GPT)を下げる方法、用語に加え、その基準となる数値や高い場合の原因などの総合的なALT(GPT)を下げる情報をまとめています。
AST(GOT)を下げるには?基準値・高数値になる原因を解説
AST(GOT)を下げる為に行いたいポイントや、用語の解説等、その基準値や数値上昇の原因を解説しています。
ウロビリノーゲンってなに?基準値や高くなる原因・疾病は何が考えられる?
ウロビリノーゲンの用語解説をはじめとして、その基準となる値、疾病、高くなる原因などについて解説!
ALPを下げるポイント・方法と基準値・疾病まとめ
ALPの下げる為に行いたいポイント・方法に加え、用語解説、基準となる数値、関連する疾病についてまとめています。
血液検査項目からみる疾患・病気の早見表
血液検査の項目は多岐にわたりますが、数値が高かった項目の組み合わせに応じて大よその疾患・病気が把握できますのでぜひご活用を!