MENU

AST(GOT)とは?注意したいポイント解説

【AST(GOT)の言葉の意味】

AST(GOT)は血液検査の項目の一つであり、肝臓の働きと密接な関係があります。
AST(GOT)が高い場合、正常な肝臓の働きが低下・阻害されている可能性を疑います。

 

AST(GOT)は、アスパラギン酸アミノ基転移酵素(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)の略で、
「心臓の筋肉」
「骨格筋の細胞」
「肝臓」
に存在する酵素を指します。

 

リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルと呼ばれる、TCA回路で生じた電子をミトコンドリア内膜を介して移動させる生化学反応系で用いられ、以下の反応を媒介します。

 

アスパラギン酸 + α-ケトグルタル酸 = オキサロ酢酸 + グルタミン酸

 

【AST(GOT)上昇の原因】

肝臓の細胞が壊れるとAST(GOT)は血液中に放出され続け、血液中のAST(GOT)濃度が上昇します。
つまり、血液検査によるAST(GOT)数値は、肝臓の細胞が弱っていることを数字で表したものになります。

 

【AST(GOT)の基準値等】

 

・基準値:0〜40IU/L
・血液中の半減期:11〜15時間

 

【AST(GOT)値と病気の種類】

 

AST(GOT)はALT(GPT)と比較してその数値を評価します。

 

ALT(GPT)は主に肝臓のみに存在しますが、AST(GOT)は肝臓以外にも、心筋・骨格筋・赤血球なども存在しています。

 

ALT(GPT)の数値と病気の関係は以下の表のようになります。

AST(GOT)における病気のリスク

AST(GOT)値

病気の種類

ASTのみ高値

慢性肝炎・肥満による肝脂肪等

AST < ALT

(AST/ALT比が0.6前後)

慢性肝炎

AST > ALT

(AST/ALT比が2.0以上)

肝硬変

AST > ALT

(AST/ALT比が3.0以上)

肝がん

どちらも高値

(2000IU以上)

急性肝炎

 

ALT(GPT)の半減期(物質が半分の量に要する時間)は、AST(GOT)よりも長いため、急性肝炎などで急激に肝臓の細胞が壊れる場合には、ALT(GPT)が低く、AST(GOT)が上昇する傾向があります。

 

肝硬変や肝がんなどでも、正常な肝臓の細胞が少なくなり、新たに壊れる肝臓の細胞数が少なくなるため、ALT(GPT)が低く、AST(GOT)が上昇します。

 

⇒ALT(GPT)詳細情報ページはこちら

 

 

【重要ポイント】

@AST(GOT)が高いと肝臓の細胞が壊れ始めている。
AAST(GOT)はALT(GPT)との対比で評価する。
B肝炎・肝脂肪になる前の早期対処が重要。

 

肝臓の機能回復のために取りたい食べ物

しじみ

しじみは肝臓における自然の特効薬のようなものです。その栄養素は肝臓の基本的な機能の底上げから、二日酔い時の応急処置的効果から、その有効性が記されています。

 

【アンモニア代謝】

アンモニアは私たちが「疲れたな・・・」と感じさせる疲労物質。体に蓄積することで疲労感を感じさせ、寝起きの悪さや疲れが取れないなどの症状をもたらします。
しじみにはオルニチンという有効成分が豊富に含まれており、アンモニアを代謝するはたらきをサポートして、あなたの「疲れた・・・」を改善してくれます

 

【脂肪燃焼】

オルニチンは成長ホルモンの分泌促進を高める成分でもあります。成長ホルモンは基礎代謝アップに必須な成分で、メタボリックシンドローム脂肪肝で悩まれている方は積極的に摂取をお勧めしたい成分です。

 

⇒脂肪肝の詳細情報へ

 

牡蠣

牡蠣はしじみに並ぶ肝臓の健康のために摂取したい、高い栄養素を備えた海のミルクです。

 

牡蠣成分@【タウリン】

タウリンは中性脂肪排出を促す成分の一つ。滋養強壮のイメージが強いですが、脂肪肝の原因となる中性脂肪を対外へ排出してくれる効果と、コレステロールを排出してくれる働きを備えているので、肝臓数値以外のLDL(悪玉コレステロール)などが気になる方にもお勧めの成分です。

 

牡蠣有効成分A【亜鉛】

亜鉛は傷ついた肝臓が自己修復するときにサポートする成分。
アルコールを分解したときに生まれるアセトアルデヒドや、ストレスによって発生する活性酸素によって肝臓は細胞単位でダメージを負います。肝臓は元に戻ろうとするのですが、亜鉛が不足するとスムースに再生することができません。
お酒を飲む方は積極的に摂取をお勧めしたい成分です。

 

レバー

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質の分解をサポートし、脂肪肝やメタボリックシンドロームの予防に役立ちます。体重を気にしている方は積極的に摂取すべき栄養素です。
また、ビタミンB2は私たちが生命を営む上で必要なエネルギーを作り出すために必要な側面があり、不足すると疲労感などにもつながる恐れがあるので注意が必要です。

 

葉酸

葉酸は亜鉛と同じで肝臓の細胞再生を補助してくれる成分の一つ。
日常的にアルコールを摂取する方や、強いストレスを感じている方は摂取をお勧めします。

 

 

⇒お酒と一緒に食べる相乗効果で高める食べ合わせ術

 


⇒いちもく瞭然!検査項目ごとの【肝機能低下のリ有無一覧表】

 

⇒肝機能を高める肝臓サプリ情報はこちらをどうぞ

 

AST(GOT)にお勧めの肝臓サプリメントはどれ?

 

肝臓は水面下で進行する恐ろしい特徴をもっています。

 

昨日まで元気だったのに・・・という状況になるのが特に多い臓器が肝臓。
つまり、AST(GOT)などの肝臓数値によって肝臓の機能低下を早期に発見できたあなたはとても幸運です。

 

肝臓病予防に最も重要なのは、

 

【1日でも早く新しい生活習慣に変える事】

 

 

食生活改善や運動が面倒で、同じ生活習慣のまま過ごしていると、結果的に症状が悪化し通院費が高くついたり、療養食で食費がかさんだりして後悔します。

 

難しい事ですが、今できることを始めるきっかけになれたら幸いです。

 

関連ページ

γ-GTPを下げる方法・基準値・高い場合の原因
γ-GTP(ガンマGTP)を下げる方法とサプリメントを紹介しています。下げる為に必要な用語の解説&基準値&高値の原因を解説しています。
ALT(GPT)を下げるには?その方法、基準値・高い場合の原因
このページではALT(GPT)を下げる方法、用語に加え、その基準となる数値や高い場合の原因などの総合的なALT(GPT)を下げる情報をまとめています。
ウロビリノーゲンってなに?基準値や高くなる原因・疾病は何が考えられる?
ウロビリノーゲンの用語解説をはじめとして、その基準となる値、疾病、高くなる原因などについて解説!
ALPを下げるポイント・方法と基準値・疾病まとめ
ALPの下げる為に行いたいポイント・方法に加え、用語解説、基準となる数値、関連する疾病についてまとめています。
血液検査項目からみる疾患・病気の早見表
血液検査の項目は多岐にわたりますが、数値が高かった項目の組み合わせに応じて大よその疾患・病気が把握できますのでぜひご活用を!
高い尿酸値を下げる方法【サプリメント・食事・運動】効率よく尿酸値改善
高い尿酸値を下げる方法について解説しています。 食事、運動などの方法や、その取り組みの効果を底上げするサプリメントの効果など、尿酸値が高い場合の情報を発信しています。