MENU

スルフォラファンが肝臓に良い理由【総ビリルビン等の数値を改善!】

 

【肝臓の働きを高めてくれるスルフォラファンとは?】

 

体の中でも一番重い肝臓は、私たちの健康に不可欠な臓器です。

 

糖質・たんぱく質・脂質の代謝や貯蔵を行ったり、アンモニアやアルコールを分解するなどの解毒作用、そして胆汁の生成と分泌があります。
そんな肝臓の機能を高めてくれるのがスルフォラファンです。

 

スルフォラファンはブロッコリーに多く含まれ、肝臓での解毒や、二日酔いに効くなど肝臓を助けてくれる効果があります。

 

 

【スルフォラファンでどんな悩みが解消されるの?】

 

スルフォラファンはアリシンと同じように、解毒作用が強い栄養素で、肝臓で分解されてできた発がん性の物質を無毒化、体外へ排出してくれます。鉛、カドミウム、水銀といった有害重金属類の排出も促進してくれます。

 

このように、スルフォラファンは肝臓の解毒作用を高めて、様々な有害物質から体を守ってくれる働きがあります。
更にアルコールやアセトアルデヒドの分解も促進してくれるので、二日酔いに効くとされています。

 

 

【肝臓への他の効果は?】

 

スルフォラファンは肝臓での解毒作用やがんの予防でも注目されていますが、抗酸化作用や新陳代謝の活性化などでも注目されています。

 

スルフォラファンが多く含まれるブロッコリースプラウトには、免疫を高める働きがあるカロテンは、ブロッコリーの3.5倍も含まれておりビタミンC・E・B群やカルシウムや鉄分、カリウムも豊富に含まれています。

 

これらが総合的に作用して、肝臓に良い効果を発揮します。

 

 

【食品とサプリメントではどちらがスルフォラファンを取りやすい?】

 

とはいえ、ブロッコリースプラウトを毎日食べるとなると、1週間に120gも必要になります。
家でブロッコリースプラウトを育て続けていても、これだけ毎週食べる量を育てるのは難しいと思われます。

 

そこで、お勧めなのがスルフォラファンが配合されているサプリメント。

 

ブロッコリー、キャベツ、チンゲンサイの新芽に含まれるスルフォラファンや他の栄養素をバランスよく配合してあるのものが多く、効果的に摂ることができます。

 

 

【スルフォラファンを取って元気な肝臓を作ろう!】

 

体に不可欠な肝臓をサポートしてくれるスルフォラファン。
食生活で毎日十分な量を取り続けるのは至難の業です。

 

解毒作用が高く、肝臓を助けてくれるスルフォラファンを含む健康補助食品(サプリメント)を上手に使い、摂取することが肝臓機能を高め、肝臓数値を下げる、最短の手段です。しかし、スルフォラファンの健康補助食品(サプリメント)は意外と少ないのが現状です。

 

当サイトのランキングでもご紹介しているスルフォラファンの健康補助食品(サプリメント)をお探しの場合は、トマトジュース等で有名な日本企業のカゴメ株式会社から販売されているものが、知名度も成分も安心でき、おすすめです。お探しの方はぜひ参考になさってください。

 

当サイト【カゴメ・スルフォラファン】詳細ページではさらに詳しい効果・効能・口コミをご紹介しています。
ぜひご参考にしてみてください↓
→【カゴメ・スルフォラファンサプリの詳細情報】

関連ページ

オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。