MENU

【スクワレン】は肝臓数値を下げる成分!

 

スクワレンは、なかなか日常では耳にしない成分だと思います。しかし、その働きは私たちの健康を維持するために、重要なものです。
こちらで是非スクワレンの情報をご覧ください。

 

 

【スクワレンって一体なに?】

 

スクワレンは、不飽和脂肪酸の一つです。深海に生息するサメの肝臓から取れる油から精製され、とても貴重な成分。

 

サメは4億年前から生息している、実はとても貴重な生物で、大昔からその姿を変えずに生きているとても稀な生物です。
さらに、深海は酸素濃度も低く、高水圧に住んでいる深海ザメは、恐竜などが絶滅した際も生き延びた、もはや生きた化石です。

 

 

 

そんな過酷な環境に生息している深海ザメの肝臓は、体重の25%を占めます。生命力を維持するためのパワーの源です。
少し細かく言うと、低酸素の深海でも生きていけるのはこの肝臓に含まれるスクワレンの働きです。

 

 

サメは体内の水分から水素と酸素を作り出す仕組みをもっています。これが、肝臓に含まれるスクワレンの働きです。
低酸素の環境でも深海ザメが生きていけるのは、このスクワレンがあるからと言っても過言ではありません。

 

 

【スクワレンの驚くべき働き】

 

スクワレンの最大の特徴、それは、酸素を全身に行きわたらせ、細胞の活性化を促す働きです。

 

体内に取り込まれたスクワレンは体の中の水分から酸素を作り出します。酸素はだれでもご存知だとは思いますが、細胞が活動するために必要不可欠な成分です。

 

人間の心臓は、なんと1日約10万回も鼓動します。80年生きたとすると、私たちの心臓は約30億回鼓動する計算になります。ポンプである心臓の冠動脈を出発した血液は体内を隅々までめぐりますが、細胞のエネルギーになるのは「酸素」だけです。

 

 

私たちの体内にもスクワレンは存在します。しかし、大体25歳を境に減少していきます。したがって、徐々に血中酸素濃度は低下していくことを表しています。

 

 

 

血中の酸素濃度が低下すると、細胞自体が機能不全を起こします。
それがやがて老化(しわやたるみだけではなく、内臓の働き低下なども含む)や、病気を引き起こし、やがて死に至る原因になります。

 

 

【スクワレンの効果】

 

スクワレンの効果は、沢山ありますが、まとめると、

・肝機能障害の改善する
・免疫力の向上
・新陳代謝アップ

の3つです。

 

肝臓は血中の不要なものをろ過する働きをになっており、大量の血液が肝臓へ運ばれます。
しかし、肝臓自体細胞の塊です。ろ過する働きも、肝臓の細胞が健全じゃないと行えません。

 

つまり、血中酸素量が豊富でないと、ろ過するものもろ過できず、

・ビリルビン
・γ-GTP
・ALT(GPT)
・AST(GOT)
・ALP

上記のような血液検査項目が高値になり健康診断でひっかかるのです。

 

 

 

 

【スクワレンの効率良く摂取する方法は?】

 

スクワレンは、私たちの身近な食品等に含まれています。
代表的なものを挙げると、

・オリーブオイル
・アボカドオイル
・じゃがいも
・さといも

などです。

 

しかし重要なのは、含有量
含有量が極めて少なく、微々たる量です。

 

最も多く、そして吸収しやすい形で摂取するには、深海ザメである「アイザメ」の肝臓から抽出した健康補助食品(サプリメント)を摂取する方法です。

 

実はほとんどの健康補助食品(サプリメント)に含まれるスクワレンは、深海ザメの肝臓に含まれる油から抽出されています。(深海ザメの肝臓の90%はスクワレン)
ところが、スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分であるのに対し、含まれている健康補助食品(サプリメント)は意外と少ないのが現状です。
もし、スクワレンを含む健康補助食品(サプリメント)をお探しの場合は、管理人の私も使用しているレバリズムというものがありますので、よろしければ参考になさってください。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。
ウルソという薬は肝臓にどんな効果や目的に処方されるんですか?
ウルソは肝臓にどのような効果をもたらす薬?市販薬で購入することはできるのか、飲む際の注意点や副作用についての情報をまとめています。
ビタミンAは肝臓のために摂るべき?摂らないべき?
肝臓とビタミンAの本当の関係を解説。ビタミンAが肝臓に蓄積されるというのは本当のことなのでしょうか。肝臓とビタミンAの深い関係を紹介します。