MENU

セサミンで肝臓の機能低下を改善したいです。可能ですか?

 

【セサミンは肝臓の働きに関係があるの?】

 

肝臓は人体の臓器の中で最重量の臓器。大きいだけではなく、その機能は人工的には担えないほどの様々な役割をになっています。
代謝やアンモニア・アルコールの分解、胆嚢に胆汁を貯蔵したりと、もし、肝臓がなくなってしまうと、それは死を意味します。

 

そんな多彩な役割をになっている肝臓を活性化させる成分が、今、注目されている【セサミン】です。

 

 

セサミンは胡麻に含まれている抗酸化成分として一般的に知られています。
体内にで必要以上に発生した活性酸素は老化の原因になりますが、セサミンは不要な活性酸素を取り除いて廊下を防いでくれます。

 

 

 

【セサミンで取り除けない活性酸素は体にどんな影響があるの?】

 

活性酸素は、強い酸化力で体内に侵入してしまった細菌やウイルスを除去する役割があります。
ですが、増えすぎた活性酸素は健康な細胞まで攻撃してしまい、細胞を酸化してしまいます。
傷つけられた細胞は、栄養や老廃物の交換をスムーズにできないので老化していきます。
更に遺伝子が傷つけられてしまい、細胞が変異して本来の機能を出せなくなったり、細胞が死んでしまいます。
例えばこれが血管で起きると血管の老化や動脈硬化の原因になります。

 

 

【セサミンの抗酸化力は肝臓も守ってくれる?】

 

肝臓ではとてもたくさんの化学反応が起こっており、その過程で活性酸素もたくさん生成されます。
もちろん体内ではこの活性酸素を中和する機能がありますが、その機能は年々衰えていきます。
なので、抗酸化力の高いセサミンを体内に取り入れることで、肝臓で発生した活性酸素を取り除くことができるんですね!
肝臓の細胞が傷つかないように守ってくれるので、肝機能も衰えなくなり、元気で健康な体を保つことができます。

 

 

【食品とサプリメントではどちらがセサミンを取りやすい?】

 

胡麻にセサミンが含まれているので、胡麻を食べればよいと考える人もいるでしょう。
しかし、セサミンは胡麻には1%ほどしか含まれていません。
しかも胡麻の50%以上は脂質でできているので、過剰に脂質も摂ることになってしまいます。

 

一般的なセサミンの摂取目安は、1日に10rとされています。
しかし、胡麻だけで摂取しようとすると、なんと1日に3000粒もの胡麻を食べることになります。大変です。
なのでもし、セサミンを効率よく摂ろうとした場合は、サプリメントを積極的に使っていきましょう。

 

数粒で1日に必要なセサミンをきちんと摂取することが可能です。

 

 

 

【セサミンを取って元気な肝臓になろう!】

 

抗酸化力で肝臓をサポートしてくれるセサミン。

 

お話ししたように、サプリメントは食事に代わる有効的なセサミン摂取方法といえます。

 

サプリメントと聞くと、「食事改善をおろそかにしている」とか、「怠けている」などのように揶揄されがちですが、そのように思ったり言う人に限って、何も行動に移せず、肝臓病に発展することが多いのが事実。

 

 

サプリメントは、必要な栄養素を補い、自身の健康につなげる為のもの。

 

けして怠けているのではありません。

 

 

実際、サプリメントには【セサミン】以外にも「クルクミン」や「オルニチン」などの有効成分が豊富に含まれているものもあるので、自分に合ったサプリメントを選びましょう。

 

 

⇒セサミンを中心としたサプリメントページへ

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。