MENU

オルニチンサプリの効果解説!肝臓・ダイエット・美容などへの驚くべき効果とは?!

オルニチンはしじみに豊富な栄養素であり、「二日酔い防止ドリンク」の主成分としてよく配合されていますのでお酒が好きな人は飲む機会が多いかもしれません。

 

今回はそんなオルニチンの
・肝臓にもたらす効果
・脂肪肝や肥満対策としてのダイエット
・お肌などの美容の側面
これらへの効果について、お話していきたいと思います。

オルニチンは二日酔い・体臭・疲労回復にグッド!肝臓ケアに効果的な成分!

 

オルニチンの効果として真っ先に思いつくのが肝臓のサポートです。
雑誌やメディアでも大きく取り上げられることが多いので、効果についてなんとなく知っている人もいらっしゃるでしょう。

 

改めてですが、オルニチンは肝臓にどのような効果があるのでしょうか?

 

肝機能をアップする

肝臓は500種類以上もの化学変化を担っている器官であり、私たちが健康を維持するために重要な役割を果たしています。

 

通常であっても肝臓への負荷はそれなりにかかっているわけですが
・暴飲暴食
・生活習慣の乱れ
・ストレス
・アルコール摂取
などによってさらに負荷は増し、肝機能が低下することがあります。

 

オルニチンサイクルが活性化されると肝機能が高まります。
肝臓をサポートして本来の機能が正常に行われるようにしてくれるのです。

 

疲労回復効果

肝臓はエネルギーを大量につくりだす器官でもあります。
したがって肝機能が低下すれば疲れやすくなったり、やる気が出ないわけです。

 

オルニチンサイクルはエネルギーを産生しやすい状態にする効果があるので、肝臓そのものの疲労回復はもちろんのこと
・倦怠感
・だるさ
・疲れやすさ
なども改善してくれます。

 

二日酔い対策

アルコールは有毒性が高く、飲酒をすると肝臓は優先的にアルコールの分解を行います
そのため代謝機能が低下して疲れやすくなってしまうのですが、オルニチンを摂取すると肝機能が高まるので疲労回復をたすけてくれます。
また、肝機能向上によってアルコールの分解もスムーズにしてくれます。

 

二日酔い対策にはオルニチンを積極的に摂取しましょう。

 

体臭改善効果

肝臓の役割のひとつに有毒物質・アンモニアの解毒があります。
食事のなかでもたんぱく質は大切な栄養素ですが、たんぱく質を分解してアミノ酸をつくりだす過程では副産物としてアンモニアが生成されます。

 

アンモニアは有害であるため、オルニチンサイクルという代謝経路によって無毒化されます。
においの強いアンモニアは体臭の原因にもなるため、体臭改善にオルニチンは有効です。

 

 

オルニチンは肝臓の働きにおいて欠かすことができない成分です。
肝臓に不安があるときにはオルニチンを摂取して、効果的に肝臓をサポートするととても効果的です。

【肝臓からくる肌荒れ】オルニチンは美容にもオススメ!

 

オルニチンはお酒を飲む人に有効な成分だと思われがちですが、実は美容効果が高いことも科学的に実証されています

 

その理由は成長ホルモンにあります。
オルニチンは成長ホルモンの分泌を促す効果があり、これが美容に良い効果をもたらしてくれるのです。

 

成長ホルモンは睡眠時に最も多く分泌されるのですが、オルニチンを摂取しても新陳代謝が活発になります。
すると肌にさまざまな効果が発揮されるのです。

 

シミやくすみの改善

シミやくすみは加齢紫外線の影響によってメラニンが増えることでできます。
新陳代謝が活性化された肌は古い角質ごとメラニンを剥がれ落とすため、シミ、くすみが改善しやすくなります。

 

アンチエイジング効果

成長ホルモンが分泌されることでコラーゲンの合成が活性化されます。
肌の真皮層に多く存在するコラーゲンは肌にハリを与え、ふっくらとなめらかにしてくれる美容成分ですから、シワやたるみを改善して、アンチエイジング効果が得られます。

 

また、コラーゲンには美白効果もあります。
肌色を明るくして若々しい印象を与えてくれます。

 

肌荒れやニキビの改善

ニキビや肌荒れの多くは毛穴の詰まりや古い角質によって起こります。
成長ホルモンは新しい皮膚細胞を生成する働きがありますので、肌トラブルを減らしてきれいな肌を取り戻すことができます。

 

保湿効果

成長ホルモンはコラーゲン以外にもアミノ酸を生成する作用があります。
アミノ酸のなかには天然保湿因子と呼ばれる成分が含まれており、肌を保湿してうるおいをキープする効果があります。

 

ストレスによる肌トラブルの予防

疲労や睡眠不足はストレスを感じやすい状態にします。
生活習慣が乱れがちだとストレスにさらされるため、肌のバリア機能が低下して肌トラブルが増えてしまうのです。

 

オルニチンには疲労回復効果がありますので、ストレスを減らして肌トラブルを予防することができます。

 

美髪効果

オルニチンによってキレイになるのは肌だけではありません。
新陳代謝が活発になることで頭皮の状態を正常化し、薄毛や抜け毛を予防したり、コシやツヤのある美髪をつくるサポートもしてくれます。

 

成長ホルモンをたくさん分泌させるためにはPM10:00〜AM2:00の「お肌のゴールデンタイム」にしっかり睡眠をとることが大切です。
しかし、生活環境によってはこの時間帯に睡眠をとれない人もいるでしょう。

 

オルニチンを摂取すれば成長ホルモンが分泌されて、美容効果を実感しやすくなりますから、いつまでも美しくありたい女性はオルニチンを意識的に摂取してみましょう。

脂肪肝への効果【脂肪燃焼をサポートして効果的にダイエット!】

 

効果的なダイエット方法として最近注目されているのがオルニチンダイエットです。

 

肥満は脂肪肝の原因第一位。肝臓についてしまった脂肪は肝臓の働きの邪魔をし、本来のパフォーマンスを低下させます。
肝臓の脂肪だけを減らすことはできません。しかし脂肪肝はほったらかしにしていると肝硬変に進行する恐れがある病気です。

 

自分の食生活や運動を振り返り、素直に自分は大丈夫と言えない場合や、メタボ体型の方はダイエットに取り組むべきです。

 

ダイエットの基本は摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やして体重を落とすことですが、食事制限や置き換えダイエット(ファスティング)では一時的に摂取カロリーを少なくできても継続できないためにリバウンドしやすくなります。

 

わかっていても続けることができないのがダイエット。

 

そんな方にも消費カロリーを増やすサポートをしてくれるオルニチンはおすすめです。

 

オルニチンで基礎代謝をアップ

前述したように、オルニチンには成長ホルモン分泌を促す働きがあります。
成長ホルモンは筋肉を強化する働きがありますので、筋肉の増加に伴って基礎代謝が上がります

 

基礎代謝は脂肪燃焼に直結していますから、オルニチンで基礎代謝を上げればダイエットも成功しやすくなるのです。

 

オルニチンダイエットがうまくいくコツ

オルニチンダイエットはただオルニチンを摂取するのではなく、脂肪燃焼しやすい状態をつくることが大切です。
ダイエットがうまくいくためのコツについてまとめました。

 

血行を良くする

基礎代謝は身体のコンディションによって上下します。
一定の基礎代謝をキープし続けるためにも血行を良くしましょう。
半身浴やストレッチ、マッサージを行うと血液が循環しやすくなり、脂肪燃焼効果も高まります。

 

有酸素運動をする

ダイエットに効果的なのが有酸素運動です。
ウォーキングやジョギング、水泳などで心拍数を緩やかに上げ、効率よく脂肪を燃やすことができます。
1日30分以上の有酸素運動を続けるようにしましょう。

 

運動前にはエネルギーを摂取する

痩せるために運動をするからといって、何も食べないと脂肪をスムーズに消費することができなくなります。
運動を行う前には必ず低カロリー高たんぱく質な食事をして、エネルギー源を取り入れるようにしましょう。

 

筋肉量を増やすトレーニングをする

オルニチンは筋肉を増やして痩せるサポートをしますので、筋肉を鍛えるトレーニングも重要です。

 

筋肉は負荷をかけることでダメージを与え、修復する過程で鍛えられていきますので、体格や体力に合ったトレーニングを行うようにしましょう。

 

ダイエット効果を高めるためには一度に大きな負荷をかけるよりも、ゆっくりと負荷をかけていくほうが適していますが、なによりも無理のない範囲で筋肉量を増やすことが大切です。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。
ウルソという薬は肝臓にどんな効果や目的に処方されるんですか?
ウルソは肝臓にどのような効果をもたらす薬?市販薬で購入することはできるのか、飲む際の注意点や副作用についての情報をまとめています。
ビタミンAは肝臓のために摂るべき?摂らないべき?
肝臓とビタミンAの本当の関係を解説。ビタミンAが肝臓に蓄積されるというのは本当のことなのでしょうか。肝臓とビタミンAの深い関係を紹介します。