MENU

カテキンの肝臓への働きとは【肝機能向上・脂肪肝対策】

カテキンは緑茶や紅茶などに含まれる渋み成分であり、フラボノイドの一種です。
近年、注目されているカテキンの肝臓への働きとはどのようなものなのでしょうか?

 

 

カテキンが肝臓に良いといわれるのはどんな作用があるから?

カテキンがもたらす肝臓への効果をみていきましょう。

 

抗酸化作用による肝機能の向上

肝臓は代謝や解毒といった生命維持に重要な働きをしている器官で、活性酸素が発生しやすい性質があります。
活性酸素が過剰につくられると健康な肝細胞を傷つけて老化させるため、肝機能が低下してしまいます。

 

この活性酸素を除去する働きを抗酸化作用といい、カテキンには非常に強力な抗酸化力があります。
カテキンを摂取すると肝臓内の活性酸素が減り、肝機能の向上によって本来の働きを取り戻すことができるのです。

 

脂質代謝の活性化による脂肪肝の予防・改善

肝臓内に中性脂肪が増える脂肪肝は肝機能低下を招く要因です。
食事から取り込まれた脂質は肝臓で代謝されていますが、偏った食生活運動不足によって消費カロリー量より摂取カロリー量が上回ると、中性脂肪として蓄積されます。

 

カテキンを摂取すると消費エネルギー量が増え、中性脂肪が溜め込まれにくくなります。
また、高濃度のカテキンを摂取すると肝臓における脂肪燃焼酵素の遺伝子発現率が40%程度増加し、脂質代謝が活性化されることも研究から明らかになっているのです。

 

肥満傾向、またはアルコール習慣のある人は脂肪肝のリスクが高いため、脂肪燃焼に効果的なカテキンを積極的に摂取すると良いでしょう。

 

コレステロール値の減少

肝臓でつくられる胆汁酸の原料となるのがコレステロールです。
カテキンは胆汁酸の排泄を促進させる働きがありますから、コレステロールが増加するのを防ぎ、血中コレステロール値を減少させる効果が期待できます。

 

 

カテキンがもたらす健康効果【肥満解消・生活習慣病予防】

カテキンは肝臓ケアだけではなく、他にもさまざまな健康効果をもたらします。

 

ダイエット効果

中性脂肪の蓄積を防ぎ、脂質代謝を活性化するカテキンはダイエット効果がありますので、肥満予防にもぴったりです。
肥満やメタボリックシンドロームは生活習慣病のもとになりますから、早めに対策を始めたいですね。

 

高血圧の改善

長期間の高血圧は動脈硬化を引き起こして、脳卒中心筋梗塞などの発症リスクを高めます。カテキンは血圧を上昇させる酵素を抑制し、さらに血圧を下げる働きによって高血圧を改善します。

 

糖尿病の予防

糖質の多い食生活は糖尿病になりやすいものです。
カテキンは糖質を分解する酵素の働きを阻害し、血糖値を下げて糖尿病を予防します。

 

 

カテキンの副作用や摂取するときの注意点

カテキンはお茶に含まれている成分ですから手軽に摂取できるメリットがあります。
では、カテキンを摂取することによるデメリットはあるのでしょうか?

 

カテキンの副作用

どんな成分にもいえることですが、健康効果があるからといって過剰摂取すれば副作用を引き起こす可能性はあります。

 

・腹痛
・吐き気
・下痢
・脱水症状

 

カテキンが豊富なお茶にはタンニンが含まれており、胃や腸が消化不良を起こして上記のような副作用が出ることがあります。

 

カテキン摂取時の注意点

カテキンを摂取する際には以下の点に注意しましょう。

 

カテキン摂取のタイミング

カテキンには消化器官を刺激したり、不眠を引き起こす成分が含まれています。
空腹時や就寝前はお茶の多量摂取を避け、食事と一緒に摂るようにしてください。

 

茶葉を使用する際の注意点

茶葉を使用する場合には当日中に飲みきることが大切です。
一晩放置しておくと雑菌が繁殖し、酸化したタンニンが強い副作用を引き起こすことがあるので注意しましょう。

 

 

カテキンを効率的に摂取できる飲み物や方法

肝臓をサポートしてくれるカテキンは毎日摂取するのが理想的です。
カテキンを効率良く摂取するためにはどんな方法があるのかまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

 

カテキンを摂取しやすい飲み物

カテキンはお茶に多く含まれている成分ですが、種類によって含有量は異なります。
カテキンの中で最も強い抗酸化作用をもつEGCG(エピガロカテキンガレート)の含有量を比較し、多い順に並べるとこのようになります。

 

@緑茶
A番茶
Bほうじ茶
C紅茶
D烏龍茶

 

他のカテキンも含め、ダントツで緑茶がトップとなりました。
緑茶のなかでも太陽光を長く浴びた三番茶二番茶がオススメです。

 

効率的にカテキンを摂取する方法

肝臓に不安があるのでカテキンを摂取したいと思っていてもお茶そのものが苦手だったり、飲み物以外の方法で取り入れたいと考えている人もいるでしょう。

 

最近では高濃度カテキンを配合した特定保健用食品(トクホ)のお茶が販売されていますが、それが難しい場合にはサプリメントを活用するのも有効です。
サプリメントでしたら風味はほとんどありませんし、水分制限などを気にすることなくカテキンを摂取できます。

 

家庭や職場などで使い分けても良いですし、自分に合った方法でカテキンを摂取して肝臓のケアを始めていきたいですね。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
ウルソという薬は肝臓にどんな効果や目的に処方されるんですか?
ウルソは肝臓にどのような効果をもたらす薬?市販薬で購入することはできるのか、飲む際の注意点や副作用についての情報をまとめています。