MENU

ビタミンB2は肝臓や肝機能に良い影響はありますか?

 

肝臓の機能を高めるうえで欠かせないのがビタミンB群です。
ビタミンB群には肝機能向上や代謝サポートなど、役立つ効果がたくさんあるのですが、そのなかでもビタミンB2はとても良い働きがあります。

 

 

今回は肝機能をサポートするビタミンB2の働きに着目し効果や摂取方法をみていきましょう。

 

 

ビタミンB2とはどんな成分?

 

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれるビタミンの一種です。

 

水にやや溶けやすい性質をもつ水溶性ビタミンであり、成長に欠かすことができないことから発育ビタミンとも言われています。

 

ビタミンB2の推奨摂取量は男性が1.4〜1.8mg、女性が1.0〜1.4mgとされています。

 

 

ビタミンB2の効果

 

●代謝をサポートする

 

ビタミンB2は三大栄養素である炭水化物脂質たんぱく質の代謝を促進し、エネルギー源として燃焼させる役割があります。
代謝を行う肝臓の働きをサポートする働きをもっています。

 

 

●生活習慣病予防

 

動脈硬化などの血行障害を引き起こす原因である過酸化脂質を分解する働きがありますので、生活習慣病を予防するのに役立ちます。

 

過酸化脂質肝細胞を傷つける性質もありますので、肝臓を守るためにも摂取しておきたいですよね。

 

 

●細胞の再生・修復をする

 

細胞の再生修復作用があります。
傷ついた肝細胞が生まれ変わるためにサポートしてくれます。

 

 

ビタミンB2の摂取方法

 

ビタミンB2は肝臓にとても良い栄養素なので、毎日の食事で推奨摂取量をしっかり摂るようにすることが大切です。

 

ビタミンB2が多く含まれている食品はこちら。
・レバー
・うなぎ
・牛乳
・納豆
・アーモンド

 

特にレバーに豊富に含まれているのですが、牛や豚レバーは高脂質のため肝臓に中性脂肪がつきやすくなります。
できるだけ鶏レバーを食べるようにしましょう。

 

ビタミンB2は水溶性ビタミンですから過剰摂取しても余分なものはすべて尿に混じって排出されます。
たくさん食べるよりも毎日少しずつ摂るようにすると効果的ですよ。

 

肝臓の働きをサポートしてくれるビタミンB2は毎日欠かさず摂取してください。

 

 

また、肝臓の働きをさえぎらず、効率よく栄養素を摂取するには食べ合わせに注意することも大切です。

 

下記で解説していますので参考にしてみてください。

 

⇒効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。