MENU

アスタキサンチンは肝臓の働き(肝機能)にも効果があった!!数値改善にも◎

 

アスタキサンチンは近年、患者が増加傾向にある非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の予防や、抑制に効果があるとして注目を集めている成分です。

 

アスタキサンチンの効果や摂取方法など気になる情報は必見です!

 

 

 

アスタキサンチンの肝臓への2つの効果

 

 

@肝機能がアップする

 

アスタキサンチンを摂取すると肝臓内の活性酸素の量が減り、「代謝」や「解毒」などの働きの効率性が強化され、結果、肝機能が高まります。

 

肝臓の働きである「エネルギー生成」の効率性が増すと疲労の回復が促進され、

 

・朝、目覚めたときにスッキリする
・疲労がその日のうちに回復する

 

などの慢性的な疲労感を改善することができます。

 

 

さらにアスタキサンチンは「解毒作用」である老廃物の排出(アンモニアなど)においても働きが底上げされるので、

 

・疲労臭(アンモニア臭)の改善
・お酒を飲んでも次の日に残らない

 

などの効果をもたらします。

 

 

 

A脂肪肝や非アルコール性脂肪肝炎の予防・改善

 

脂肪肝の原因となる脂質は肝臓で代謝されています。

 

アスタキサンチンによって肝機能が高まることで、脂質が効率よく分解・代謝され、「脂肪肝」や「非アルコール性脂肪肝炎」を予防・改善することができます。

 

 

アスタキサンチンで抗酸化力を高めることは肝臓病のリスクを下げたり、全身の健康状態を保つことにつながります。

 

 

 

活性酸素が肝臓に悪影響の理由は?

 

活性酸素はその名のごとく「酸素を活性化させる」物質です。

 

酸化させる力が非常に強く、体内に入り込んだ細菌などを殺菌する働きがあるのですが、過剰に増えてしまうと正常な細胞にダメージを与えてしまうことがあります。

 

ダメージを受けた細胞は老化し、健康以外にも肌のたるみやシミ・シワなどの見た目(美容)にも悪影響をもたらすことから、抗酸化作用があるアスタキサンチンが今とても注目されています。

 

その中でもとくに活性酸素の影響を受けやすいのが肝臓です。

 

 

 

なぜ肝臓は活性酸素の影響を受けるの?

 

 

肝臓はおよそ2500億個以上もの細胞からできている器官。

 

エネルギーをつくりだす【代謝】、有毒物質を無毒化する【解毒】など、生命活動に欠かせない役割を持っています。

 

 

エネルギーは、肝細胞内で「ブドウ糖」と「酸素」を反応させることで生成され、肝臓は24時間休みなく働き続けます。

 

しかしそれは、同時に肝臓が活性酸素が発生しやすい部位ということを表しています。

 

 

だからこそ、肝臓における抗酸化力を高めることが非常に重要な意味を持っているのです。

 

 

ダメージを受けた肝細胞は炎症を起こし、肝炎や肝硬変が進行しやすくなりますし、より肝機能も低下しやすくなってしまいます。

 

 

 

アスタキサンチンは活性酸素を取り除き、肝臓の元気を取り戻す!

 

活性酸素は体内に存在する酸素の2%ほどですが肝臓や全身の機能にとって悪影響を及ぼしかねません。

 

したがって、抗酸化力によって必要以上の分は取り除くことが大切になってきます。

 

そこで重要になってくるのが【アスタキサンチン】の強力な抗酸化力

 

 

海のカロテノイド・アスタキサンチンとは

 

アスタキサンチンはサケやイクラ、カニなどの魚介類に多く含まれている赤い色素で
別名「海のカロテノイド」とも呼ばれている成分です。

 

600種類を超えるカロテノイドのなかでも、【活性酸素】を除去する抗酸化作用が非常に強いのが特徴です。

 

一般的に知られている抗酸化作用が高い食品の代名詞はオリーブオイルですが、アスタキサンチンは、そのオリーブオイルに含まれるビタミンEの約1000倍もの抗酸化力があり、その強力な抗酸化力によって肝臓の働きをサポートしてくれることが分かっています。

 

 

アスタキサンチンを上手に摂取するためには

 

アスタキサンチンの適切な摂取量は2〜6mg/日だといわれています。

 

魚介類を食べることで摂取量を満たすのは難しいことから、アスタキサンチンはサプリメントでの摂取が推奨されています。

 

食事とサプリメント、それぞれの摂取方法のメリット・デメリットを比較してみましたので、摂取する際の参考にしてみてください。

 

 

▽食事で摂取する場合

 

【メリット】
・調理方法によって飽きない工夫ができる
・食事を楽しみたい方に適している

 

【デメリット】
・エビ、カニなどの甲殻類アレルギーがある場合には摂取できない
・コストや手間がかかる
・アスタキサンチンの摂取量が少ない

 

 

 

▽サプリメントによる摂取の場合

 

【メリット】
・コストが抑えられる
・アレルギーを起こす可能性が低い(ヘマトコッカス藻が主成分となる)
・アスタキサンチンを必要な分だけ摂取できる

 

 

【デメリット】
・カプセルや錠剤が苦手な方には適さない

 

 

自分に合った方法でアスタキサンチンを摂取して、肝臓の機能低下や肝障害を予防していくことが大切です!

 

⇒アスタキサンチン配合【オルニパワーZnプラス】の口コミ情報

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。