MENU

アルギニンを摂取して肝機能をたかめたいのですが、可能ですか?

 

【アルギニンを摂取して肝臓を高めたい方へ】

 

アルギニンは誰もが一度は耳にしたことがある成分だと思います。

 

しかし、アルギニンが肝臓のどのような機能に作用し、肝機能を高めてくれるのかを知っている人は少数です。

 

 

アルギニンは肉や魚、大豆といったたんぱく質を多く含む食品に含まれている成分。
肝臓の働きの内の「アンモニアの解毒作用」や「成長ホルモンの分泌」を促すといった効果があります。

 

 

【アルギニンのさらに詳しい成分+効果】

 

アルギニンを多く含んでいるのは牡蠣です。摂取することで効果があるのでしょうか。

 

アルギニンは体内でアンモニアの分解に関係しています。
体内にアンモニアが増えてくると疲労感が増してきます。

 

・昨日の疲れが抜けない
・朝起きれない
・慢性的に疲れている
こんな症状に悩まされてしまいます。

 

 

アンモニアの分解がスムースに行われると、疲労感が無くなり爽快感を感じてきます。

 

さらに、アルギニンはアンモニア分解の際に、オルニチンに関係する循環回路(オルニチン回路)で用いられるので、お酒と相性の良いオルニチンの効果も期待できます。
アルコール好きな方にはもってこいの成分なので、積極的に摂取してもらいたい成分なのです。

 

 

 

【意外と知られていない成長ホルモンや免疫への好影響】

 

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進してくれます。
成長ホルモンは分泌されると、病気への抵抗力を高まったり、体の傷が早く治る効果があると言われています。

 

なんと、免疫の活性化にも関与しているんですね。

 

 

また、成長ホルモンには食欲を抑制してくれるので、食欲抑制剤として利用さることもあります。
意外なことに成長ホルモンは脂肪の代謝を促進してくれるので、筋肉を強化する効果もあります。

 

筋肉が増加することで基礎代謝が高まりますので、痩せやすく、太りにくい体を作り上げることができます。

 

 

 

 

【アルギニンの効率的な摂取方法】

 

アルギニンは体内で合成できます。
しかし、生成能力は十分でないので不足分を食品から摂取しなければなりません。「準必須アミノ酸」とも呼ばれている理由はそこにあります。

 

また、アルギニンはビタミンB6と一緒に摂ると効果的だと言われています。
ニンニクやマグロなどにはビタミンB6が豊富に含まれているので、合わせて摂取すると相乗効果でアルギニンの効果が倍増します。

 

 

【アルギニンを含むサプリメントの選択方法】

 

アンモニアの分解を手助けしてくれ、肝臓をサポートしてくれるアルギニン。
準必須アミノ酸でもあるので、効率よくアルギニンを体に取り入れていく必要があります。

 

サプリメントであれば効率的かつ継続的に摂取することが可能になります。
しかし、注意しなければいけないのは、その成分です。

 

例えば、肝機能と同時に血圧が気になる方は【スクワレン】という成分を。

 

肝機能と同時に疲労感を取り除きたい場合は【オルニチン】を。

 

 

サプリメントは大体が1か月分なので、1か月飲む必要があります。

 

逆に言えば、1か月飲み続けなければいけません。

 

だからこそ、成分を見極め、自分の目的と症状に合ったサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

 

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。
ウルソという薬は肝臓にどんな効果や目的に処方されるんですか?
ウルソは肝臓にどのような効果をもたらす薬?市販薬で購入することはできるのか、飲む際の注意点や副作用についての情報をまとめています。
ビタミンAは肝臓のために摂るべき?摂らないべき?
肝臓とビタミンAの本当の関係を解説。ビタミンAが肝臓に蓄積されるというのは本当のことなのでしょうか。肝臓とビタミンAの深い関係を紹介します。