MENU

アラニンで肝臓の働きをアップさせる・高める事ができますか?

【アラニンは肝機能向上目的におすすめですか?】

 

肝臓には一般的にしじみや牡蠣などの有効成分、オルニチンや亜鉛が有効とされていますが、知っている人は知っている、アラニンも、今注目されている肝機能向上成分のひとつです。

 

アラニンはしじみやあさりといった貝類に多く含まれており、二日酔い予防にも働きかけ改善してくれる能力をもっています。

 

 

【アラニンはどんな症状に有効ですか?】

 

アラニンは、アミノ酸一種で、体内でエネルギー源となる糖を新たに作ります。

 

この時、アルコールが分解されて作られるNADHを消費するので、肝臓におけるアルコールの分解が進みやすくなります。
結果的に二日酔いや悪い酔いの予防になるというわけです。

 

二日酔いにしじみの味噌汁が効く!と言われているのも、アラニンのアルコールの分解効果の恩恵でもあります。

 

 

 

【アラニン、肝脂肪に有効?】

 

アラニンはエネルギー源になる糖を新たに作ってくれます。
この時、体脂肪として体に蓄積されていた脂肪を分解してグリコーゲンを生成を促進。

 

つまり脂肪燃焼効果を発揮・促進してくれる、嬉しい成分です。

 

さらに、脂肪肝の原因となる「肝臓についた脂肪」も燃焼してくれます。肝機能の回復も助けてくれるというところが、今注目されている理由です。

 

他にもアラニンには免疫力の工場や、血圧の降下作用などもあり、肝臓の健康を目指す方にはとっても推奨したい成分です。

 

 

【摂取方法と成分量の違い】

 

アラニンはシジミなどの貝類のほかに、牛・豚・鶏のレバーに含まれています。
ニラレバ炒めなど、野菜と一緒に食べると栄養バランスもよく摂ることができます。

 

 

また、アラニンは必須アミノ酸ではありませんが、不足するだけで肝機能が低下して、体内の老廃物の蓄積、体が疲れやすいなどの症状があらわれることがあります。

 

 

毎日きちんと摂るためには、食事方法や食材を選ぶ必要があります。
しじみなどでアラニンを摂取する方法もおすすめですが、1日にきちんと一定量を摂るとすると、サプリメントが扱いやすいです。続けるという意味で、継続的に摂取するのは食材では難しいためです。

 

 

【最後に】

 

必須アミノ酸ではないですが、肝臓をサポートしてくれるアラニン。

 

肝機能が低下していると言われた人は毎日でも摂取することがおすすめです。食事からアラニンを摂取し続けるのは根気が入り、経済的・時間的にも負担が大きいので、もし、アラニンだけを効率良く摂取しようと思っている方には、健康補助食品であるサプリメントを選択してください。

 

実際、調理方法や食べ合わせてアラニンの効果も低下したり、なくなったりしてしまうので、その点を考慮するのであれば、料理などを必用としない肝臓サプリメントも一つの有効手段です。

 

自分に合う摂取方法を見つけ、肝機能を向上させていきましょう。

 

 

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
オルニチンサプリ情報【肝臓やダイエットへの効果・効能副作用まとめ】
オルニチンサプリの効果についてまとめました。肝臓やダイエット・美容などさまざまなシーンで活躍が期待されているオルニチン。サプリメントも紹介しています。
オメガ3脂肪酸は肝臓に効果はありますか?脂肪肝等には効果ありますか?
オメガ3脂肪酸の肝臓への効果の詳細ならこちらのページでご確認ください。脂肪肝や肝臓数値への効果についてのオメガ3脂肪酸情報をご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!
カテキンは脂肪肝対策に効果あり!カテキンの肝臓への効果や摂取方法は?
カテキンが肝臓にもたらす効果をまとめました。肝機能や脂肪肝に不安がある人にオススメのカテキンとはどんな成分なのか、効果や摂取方法と併せてご覧ください。