MENU

肝機能を高める成分・栄養素を細かく解説

こちらでは肝臓の機能向上のための有効成分について解説してます。

 

 

 

肝臓数値などをはじめとする肝臓機能の状態を表す指標がいくつかありますが、その数値を下げる為にはこのページで紹介している「成分・栄養素」を効率良く摂取することが求められます。

 

肝臓機能を高める成分として、代表的な「オルニチン」。実はこれ以外にもたくさんの有効成分が存在します
こちらでぜひ有効成分情報を将来の肝臓の健康にお役立てください。

肝機能と成分の解説記事一覧

オルニチンはしじみに豊富な栄養素であり、「二日酔い防止ドリンク」の主成分としてよく配合されていますのでお酒が好きな人は飲む機会が多いかもしれません。今回はそんなオルニチンの・肝臓にもたらす効果・脂肪肝や肥満対策としてのダイエット・お肌などの美容の側面これらへの効果について、お話していきたいと思います。

人体でもっとも重い肝臓、肝臓。生命活動を維持する上て重要な臓器の一つです。肝臓には体の毒素を排出してくれたり、毒素を無害化したり、その働きは多岐にわたります。そんな肝臓の機能を高めてくれるのがタウリン。タウリンは魚や貝類など、海の食べ物に多く含まれており、胆汁の分泌や肝臓の細胞の再生を助けたり、細胞膜を安定化させるなど、肝臓を助けてくれる効果があります。タウリンは肝臓になぜ良いの?コレステロールを...

肝臓の機能を高めるサプリメントの成分としてよく配合されているクエン酸。クエン酸は肝臓にどのように働きかけてくれる成分なのでしょうか?クエン酸がどうして肝臓の働きを高めるの?肝臓は500種類にも及ぶ化学変化を担っている器官であり、私たちが活動しているときは肝臓も常に働いている状態です。エネルギーが不足したり疲労がたまっていれば、それだけ肝臓の機能も低下することになります。クエン酸には疲労のもとになる...

【肝臓の働きを高めてくれるスルフォラファンとは?】体の中でも一番重い肝臓は、私たちの健康に不可欠な臓器です。糖質・たんぱく質・脂質の代謝や貯蔵を行ったり、アンモニアやアルコールを分解するなどの解毒作用、そして胆汁の生成と分泌があります。そんな肝臓の機能を高めてくれるのがスルフォラファンです。スルフォラファンはブロッコリーに多く含まれ、肝臓での解毒や、二日酔いに効くなど肝臓を助けてくれる効果がありま...

【セサミンは肝臓の働きに関係があるの?】肝臓は人体の臓器の中で最重量の臓器。大きいだけではなく、その機能は人工的には担えないほどの様々な役割をになっています。代謝やアンモニア・アルコールの分解、胆嚢に胆汁を貯蔵したりと、もし、肝臓がなくなってしまうと、それは死を意味します。そんな多彩な役割をになっている肝臓を活性化させる成分が、今、注目されている【セサミン】です。セサミンは胡麻に含まれている抗酸化...

スクワレンは、なかなか日常では耳にしない成分だと思います。しかし、その働きは私たちの健康を維持するために、重要なものです。こちらで是非スクワレンの情報をご覧ください。【スクワレンって一体なに?】スクワレンは、不飽和脂肪酸の一つです。深海に生息するサメの肝臓から取れる油から精製され、とても貴重な成分。サメは4億年前から生息している、実はとても貴重な生物で、大昔からその姿を変えずに生きているとても稀な...

肝臓の働きが弱まってくると、アルコールの分解がうまくできなかったり、疲れやすくスッキリしない…といったことで悩むようになりますが、これを改善してくれるのがオメガ3脂肪酸という成分の働きです。聞き慣れない名前ですが、オメガ3脂肪酸は肝臓に、どのように働きかける成分なのかはご存じない方が大半のようです。あまり知られていない肝臓サポート成分、オメガ3脂肪酸について、今回は徹底的にお話していきたいと思いま...

アスタキサンチンは近年、患者が増加傾向にある非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の予防や、抑制に効果があるとして注目を集めている成分です。アスタキサンチンの効果や摂取方法など気になる情報は必見です!アスタキサンチンの肝臓への2つの効果@肝機能がアップするアスタキサンチンを摂取すると肝臓内の活性酸素の量が減り、「代謝」や「解毒」などの働きの効率性が強化され、結果、肝機能が高まります。肝臓の働きである「...

肝機能サポートサプリメントにはよくムチンという成分が使われています。あまり聞きなれない成分ですよね。ムチンとはどんな成分なのか、肝臓への効果などをご紹介しますね!◆ムチンについてムチンはたんぱく質と多糖質(ガラクタン、マンナンなど)が結合してできた粘性物質糖のことをいいます。納豆やヤマイモには強い粘りがありますよね。それは成分としてムチンが含まれているからです。ムチンは唾液や胃液、粘液、涙など私た...

肝機能アップ成分アリシンが今注目されている!肝臓の悩みは歳を重ねるごとに増えていき、アルコールや不摂生な食事によって肝機能の低下をもたらします。しまいには脂肪肝や肝硬変、やがて肝癌などのとりかえしがつかない病気へと進行してしまう可能性があります。歳を重ねるごとに不安は大きくなりますが、食事や運動など、何もしていない人は特に注意が必要です。そんな肝臓の機能を高める今テレビでも取り上げられている成分が...

クルクミンの肝臓への効果についてご紹介します。血液検査で肝臓の働きに異常値が出たときに、クルクミンを摂取するのはとても良い対策です。クルクミンは、ウコンに豊富に含まれている成分で、黄色の天然色素でポリフェノールの一種。二日酔いに効くとされている成分です。ではなぜ、今肝臓の機能向上にクルクミンが注目されているのでしょうか?クルクミンは、肝臓の解毒を高めてくれ、胆汁の分泌を促してくれます。肝臓の重要な...

【レシチンは肝機能を高めてくれますか?】人体で心臓や肺などの臓器に比べて何十倍も何百倍もの働きを担っている臓器が肝臓です。肺が炎症を起こし肺炎になると肺炎の症状がでますが、肝臓が炎症し、肝臓の働きが低下すると、肝臓だけの症状ではなく全身に疲れなどの倦怠感をはじめとして多岐にわたる機能不全をおこします。肝臓は24時間、私たちが眠っている間も休まない臓器。だからこそ、歳を重ねるごとに食生活や生活習慣な...

【アラニンは肝機能向上目的におすすめですか?】肝臓には一般的にしじみや牡蠣などの有効成分、オルニチンや亜鉛が有効とされていますが、知っている人は知っている、アラニンも、今注目されている肝機能向上成分のひとつです。アラニンはしじみやあさりといった貝類に多く含まれており、二日酔い予防にも働きかけ改善してくれる能力をもっています。【アラニンはどんな症状に有効ですか?】アラニンは、アミノ酸一種で、体内でエ...

【アルギニンを摂取して肝臓を高めたい方へ】アルギニンは誰もが一度は耳にしたことがある成分だと思います。しかし、アルギニンが肝臓のどのような機能に作用し、肝機能を高めてくれるのかを知っている人は少数です。アルギニンは肉や魚、大豆といったたんぱく質を多く含む食品に含まれている成分。肝臓の働きの内の「アンモニアの解毒作用」や「成長ホルモンの分泌」を促すといった効果があります。【アルギニンのさらに詳しい成...

肝臓に良いとされているメチオニンはどのような効果があるのでしょうか?必須アミノ酸というものをご存知でしょうか?必須アミノ酸は、体内で生成されることがない、食事から摂取しなければいけない栄養素です。メチオニンは実は、その必須アミノ酸です。つまり、食品から摂取しなければいけません。メチオニンが多く含まれる食品は、魚やお肉が一般的。解毒作用を高めたり、アレルギーを緩和する効果がありますので、肝臓の働きが...

【葉酸って肝臓に良いって聞くけど、ホントのところはどうなの?】葉酸はビタミンB群の一種でDNAの合成や細胞分裂などに関係しています。子供や妊婦など成長や細胞分裂が多く行われるときに特に必要とされている栄養素です。緑黄色野菜などに多く含まれます。また、最近では葉酸の幅広い効果が認知されてきており、その一つに肝臓への働きがあります。【葉酸の働き】葉酸を多く含んでいるホウレンソウやニンジンを食べるとどん...

肝臓の機能を高めるうえで欠かせないのがビタミンB群です。ビタミンB群には肝機能向上や代謝サポートなど、役立つ効果がたくさんあるのですが、そのなかでもビタミンB2はとても良い働きがあります。今回は肝機能をサポートするビタミンB2の働きに着目し効果や摂取方法をみていきましょう。ビタミンB2とはどんな成分?ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれるビタミンの一種です。水にやや溶けやすい性質をもつ水溶性ビタミ...

ビタミンEは肝臓に良い栄養素だと言われていますが、どんな効果があるのでしょうか?今回は肝臓におけるビタミンEの働きをご紹介します!ビタミンEについてビタミンには水溶性と脂溶性がありますが、ビタミンEは脂に溶けやすい性質をもつ脂溶性ビタミンの代表格です。ビタミンEが不足しているからといって欠乏症になることはありませんが、老化や身体機能低下がみられるため、できるだけ毎日摂取しておきたい栄養素です。効果...

カテキンは緑茶や紅茶などに含まれる渋み成分であり、フラボノイドの一種です。近年、注目されているカテキンの肝臓への働きとはどのようなものなのでしょうか?カテキンが肝臓に良いといわれるのはどんな作用があるから?カテキンがもたらす肝臓への効果をみていきましょう。抗酸化作用による肝機能の向上肝臓は代謝や解毒といった生命維持に重要な働きをしている器官で、活性酸素が発生しやすい性質があります。活性酸素が過剰に...

ウルソは慢性的な肝疾患や利胆において、肝機能の改善を目的として処方される薬剤です。発売は1962年と歴史が深く、その歴史の中で高い安全性とさまざまな作用が認められ、現在でも肝疾患を持つ多くの患者に処方されています。市販薬としては、錠剤タイプの内服薬で、田辺三菱製薬が製造・販売を行っています。ウルソの肝臓への効果ウルソに含まれる主要な成分はウルソデオキシコール酸(UDCA)であり、この成分が肝臓に対...

このページではビタミンAと肝臓の関係性について詳しく説明しています。情報が入り乱れている現代、何が体にいいのか。悪いのかの判断をするのも難しいですよね。肝臓に不安がある方でビタミンAとの付き合い方に戸惑いがある方などにわかりやすく説明しています。「ビタミンAって肝臓に蓄積されると聞いたけど…」「ビタミンAって肝炎や肝癌に効果的って聞いたけど…」「ビタミンAは脂質性ビタミンだから良くないって…」さま...