MENU

日本人はお酒に弱いって本当?どうしたらお酒に強くなれる?

お酒を飲んでも楽しめない年齢になってきた…なんて悩んでいる方は少なくありません。
お酒の酔いが回るのが早かったり
翌日の体調が気になって楽しめないのにはちゃんとした理由があります。

 

 

お酒を楽しめないと諦めてしまうのはまだ早いかもしれません。
上手に対策をとれば解決する可能性もあります。

 

 

・飲むと顔が赤くなる
・酔ってしまうのが早い
・飲んだ翌日が辛い
・お酒がまったく飲めない
など、飲酒に関する悩みって意外に多いものなんですよね。

 

一晩中飲み続けることができる人もいれば
ほんのちょっと飲んだだけで気分が悪くなってしまう人もいて
お酒への強さってずいぶん個人差があると思いませんか?
実はこれ、アルコールを分解する酵素のタイプによって左右されているんです。

 

アルコールは肝臓内でアセトアルデヒドという物質に変えられるというのはご存知の方もいらっしゃると思います。
アセトアルデヒドは悪酔いや二日酔いなどの原因になる物質で
毒性をなくすために肝細胞内にあるアルデヒド脱水素酵素によって分解されています。

 

アルデヒド脱水素酵素のうち、濃度が低いときに働くALDH2の働きが活発でないと
少量のアルコールでも悪酔い(心拍数増加・吐き気・ふらつき等)してしまいます。
このALDH2には3種類あり、人によって型が異なります。

 

・活性型:アセトアルデヒドの分解が速い
・低活性型:アセトアルデヒドの分解が遅い
・非活性型:アセトアルデヒドを分解できない

 

アセトアルデヒドが分解されれば酔いませんので
お酒の強い順に並べると活性型>低活性型>非活性型となるわけです。

 

日本人の40%近くが低活性型、6〜7%が非活性型ALDH2を持っているそう。
つまり日本人の半数がお酒に弱い、またはお酒をまったく飲めないということになります。

アセトアルデヒドが身体に及ぼす悪影響とは?

 

アセトアルデヒドがうまく分解されないと
お酒を飲んだときに酔いやすく、二日酔いになるというのは割と知られていることですが
アセトアルデヒドが身体に及ぼす悪影響はこれだけではありません。

 

身体のなかでアセトアルデヒドの影響が最も大きいのは肝臓です。

 

アセトアルデヒドが十分に分解されないと、毒性によって肝細胞がダメージを受けます。
肝機能が低下するために脂質代謝ができず脂肪肝になったり
肝細胞が炎症してアルコール性肝炎や肝硬変になることがあります。

 

また、アセトアルデヒドの分解が遅い人ほど食道がんのリスクが上がります。
お酒をまったく飲まない人と比べた場合
1日1合の飲酒では7倍に、4合ではなんと103倍にも跳ね上がってしまうそうです。

 

日本人はアセトアルデヒドの分解がうまくできない人が多いので
身体への影響は欧米人よりも大きいと考えて良いでしょう。

お酒を飲んでも酔わない工夫をすることが大切です!

 

お酒を飲んでもアセトアルデヒドの分解がうまくできないとなると
飲みに行っても楽しめないということになってしまいかねません。
しかし、そんなに不安にならなくても大丈夫です。

 

ここからは手軽にできるお酒に酔わない工夫をシーン別にいくつかご紹介していきますので
お酒の席で実践してみてくださいね!

 

《お酒を飲む前にできること》

 

牛乳やヨーグルトに含まれる乳脂肪分には胃をコーティングする作用があり
アルコールの吸収をおだやかにしてくれます。

 

お酒は肝臓に負担をかけるので、肝機能を高める成分を摂取するのもオススメです。
・オルニチン
・タウリン
・クエン酸
・ウコン
肝機能を高めて成分をドリンクやサプリメントで摂るようにしましょう。

 

《お酒を飲んでいるときには》

 

お酒を飲んでいるときには水を一緒に飲む、というのが非常に効果的です。
アルコールが薄まって酔いにくくなりますので
こまめに水を飲むようにしてみてくださいね。

 

お酒のつまみはたんぱく質が多いものを選びましょう。
枝豆や豆腐、チーズはアルコールの分解を助けてくれます。
しじみや牡蠣、あさりには肝機能を高める成分が入っていますよ。

 

《飲み終わった後に》

 

飲み終わった後にも水分をたっぷり摂りましょう。
排尿を促すことでアルコールを体外へ排出できます。

 

トマトにはアセトアルデヒドを抑制するリコピンや
解毒作用をもつグルタチオン、利尿作用をもつカリウムが含まれています。
トマトジュースを飲むだけで二日酔いを軽減できるそうですよ。

アルコール分解には亜鉛が不可欠です!

 

アルデヒド脱水素酵素はお酒の強さを決めるとお話しましたが
たとえ活性型ALDH2を持っていたとしても
亜鉛が不足していると働きが低下してお酒に酔いやすくなります。

 

亜鉛は肝臓内でアルコールを分解するときに大量に消費されるのですが
体内でつくりだすことができないミネラルのため
お酒をよく飲んでいる人は常に不足しがちで
だんだんお酒を楽しめない状態になってしまうのです。

 

亜鉛を補給すればアルコール分解がスムーズになり
お酒への耐性を高めたり、二日酔いしにくくなります。
お酒をよく飲む人もそうでない人も、亜鉛をしっかり摂るようにすれば安心ですね!

関連ページ

肝機能アップなら肝臓サプリ?意外と知らないサプリの常識まとめ
総ビリルビンを下げる手っ取り早い方法は、肝臓んお働きを高めてくれるサプリメントを飲むことです。毎日食事を改善することは難しいので総ビリルビンを下げたい方には肝機能サプリメントをお試しください!
ビタミン剤や肝臓サプリメントで肝機能は低下する?
肝臓は解毒を担う唯一無二の臓器。その肝臓の働きを低下させるものに薬剤などがありますが、同じ口から摂取するビタミン剤や肝臓サプリメントは、肝機能に悪影響を与えるのかについて解説しています。
しじみサプリメントに副作用はありますか?買おうか悩んでいます。
しじみサプリメントの副作用・デメリットについてのページ。肝機能向上のためのしじみサプリメントで副作用などを引き起こさないためのポイント解説。