MENU

ビタミン剤・肝臓サプリメントで肝機能が悪化することはありますか?

ビタミンは美肌効果がある栄養素ですが、肝臓サプリメントやビタミン剤を飲むことによって肝機能を弱らせてしまう心配はないのでしょうか?

 

 

 

私たちは食事によってエネルギーを得ていますが、悪い影響も食事から受けてしまうことがあります。

 

肝機能を高める理由でビタミンやオルニチンなどの肝臓サプリメントを摂取しますが、本当に安心して摂取してよい肝臓サプリメントなのしょうか?

 

どれくらいその栄養素・ビタミンの事をご存知ですか?

 

こちらでは、知らないままでは損をする、種々のビタミン・栄養素の特徴・効果・注意点についてまとめました。

ビタミンにはどんな種類があるの?

ビタミンは13種類あり、それぞれに性質や効能が異なります。
まずはビタミンの種類についてみていきましょう。

 

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは脂に溶けやすい性質をもつビタミンのことです。

 

【ビタミンA】
一般的な作用としては、皮膚や目を健康に保つなどがあります。
肝臓においては、肝がんの再発予防に効果的とされている成分。
細胞の中の「核」と呼ばれるところに作用し、肝がんを進むのをおさえるという働きがあります。

 

【ビタミンD】
一般的にはカルシウムの吸収をサポートし、骨や歯を形成する等の作用があります。
肝臓における作用としては、C型肝炎の治療に使用した際に、ウイルスが約半減したとの報告があります。

 

【ビタミンE】
ビタミンEは活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
肝臓では多くの活性酸素が多く発生します。活性酸素は細胞を老化させる最大の原因物質で、できる限り除去することが大切です。

 

【ビタミンK】
ビタミンKの作用は血液を凝固する止血作用です。
ビタミンKはあまり聞きなれないタイプのビタミンですが、ビタミンKが体内で不足した際、「肝不全」や「胆道閉鎖」など、肝臓が関係する場合もあります。

 

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質をもつビタミンのことです。

 

【ビタミンB群(B1/2/6/12)】
ビタミンB郡は、体においてはエネルギー代謝をサポートし、たんぱく質や赤血球の合成に関わっています。
肝臓においては肝機能の一つである「代謝」のサポート、傷ついた細胞再生・修復作用など、回復に関わるビタミンがB郡です。

 

【ビタミンC】
一般的に血管や皮膚の保護や、抗酸化作用が高いビタミンの一つです。
ビタミンEと一緒で抗酸化作用が高いので、肝臓で多く生産される活性酸素を除去してくれます。

 

【パンテトン酸】
脂質や糖質、たんぱく質の代謝をサポートする作用があります。
これらの3つは肝臓の働きなので、とても重要です。レバーに豊富に含まれる成分で、特に鶏レバーに多く含まれる栄養素です。

 

【ナイアシン】
肝臓における「エネルギー代謝」や「アルコール分解」をサポートします。
ビタミンB1とともに作用し、アセトアルデヒドなど、二日酔いや悪酔いにかかわる物質を代謝するのに大切な成分の一つです。

 

【葉酸】
赤血球の産生や細胞再生にかかわります。
肝臓は日々ダメージを負っては回復する臓器の一つです。葉酸は細胞の新しい細胞生成に重要な働きをする成分です。

 

【ビオチン】
皮膚や毛髪を健康に保つ作用があります。
動物の肝臓や卵の黄身に含まれます。パンテトン酸と同じく鶏レバーなどで摂取するのが効率的です。

 

ビタミンは肝機能をサポートしてくれます

肝臓はエネルギー代謝や分解を行っている器官で、食べたものからエネルギーを作りだしたり、有害物質を分解・排出する役割があります。

 

肝機能が弱っているときにはエネルギー不足になって疲れやすくなりますし、有害物質が体内にとどまって悪さをします。

 

ビタミンにはエネルギー代謝をサポートする効果や、有害物質である活性酸素の働きを抑制する作用がありますから、結論的には肝機能にとっては味方ともいえる存在です。

 

特に代表的なオルニチンや亜鉛に加え、ビタミンB群やビタミンCは肝機能を高める働きが強いので、肝機能が低下している人は積極的に摂取すべき栄養素といえるでしょう。

 

鶏レバーや緑黄色野菜などに豊富に含まれていますから、普段から積極的に摂取するようにしてみてください。

脂溶性ビタミンは摂りすぎに注意しよう

水溶性ビタミンは過剰摂取したとしても余分なものが尿として排出されます。

 

しかし、脂溶性ビタミンは肝臓に蓄積されてしまうため、過剰に摂取すると肝機能を低下させてしまう可能性があります。

 

過剰になることは日常生活では多くありませんが、ビタミン剤などでビタミンを摂取するのであれば、水溶性ビタミンを中心にするのもよいでしょう。

 

 

また、短時間にたくさんのビタミンを摂取するよりも、数回に分けて摂取するほうが肝臓への負担を減らすことができます。

 

 

ビタミンは、水溶性と脂溶性の性質に注意して摂取すれば、肝機能をサポートしてくれる心強い栄養素です。

 

安心安全と体感性で選んだ肝臓サプリメント情報も掲載しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

【安心安全】実感力でおすすめする肝臓サプリメント

 

これまで脂溶性のビタミンの危険性や水溶性のビタミンの有効性を述べてきましたが、基本的にはビタミンは肝臓に重要な成分です。

 

こちらではビタミンだけではなく、体の中では作れないアミノ酸や、肝臓にとても良い成分【オルニチン】【亜鉛】などを豊富に含むサプリメントを紹介しています。

 

副作用
ユーザーの満足度
有効成分

 

これらを重視したものを選び抜きましたので、肝臓サプリをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

 

オルニパワーZnプラス
ビタミン剤や肝臓サプリメントで肝機能は低下する?

プライス
有効成分配合量
返金保証
この3つが支持され、今もっとも売れている肝臓サプリメントです。
独自成分にはビタミンEの2000倍の抗酸化作用をもつ
「アスタキサンチン」
が配合され、肝臓の機能である解毒・代謝・胆汁生成を後押し、肝機能向上をもたらしてくれます。
※キャンペーン中のみになるのでお早めに

価格

容量

評価

4680円⇒500円

約30日分

ビタミン剤,肝臓サプリメント,肝臓,肝機能低下,

 

 

ビタミン剤や肝臓サプリメントで肝機能は低下する?

 

 

 

 

レバリズムL

レバリズムは業界最高の満足度を誇るサプリメント。
その効果は然ることながら、すべて国産の素材を惜しみなく使用し、
しじみエキス
牡蠣エキス
スクワレン
であなたの肝臓の働きをアップしてくれます。
ユーザーの満足度で選ぶなら、レバリズムLがおすすめです。

価格

容量

評価

980円(税込)

30袋

 

 

 

 

 

 

 

セラクルミン

日本で始めて肝臓数値のために開発された機能性表示食品です。
サプリメントとはことなり、消費者庁が認可を下した、効果が認められているサプリメントです。
素材は商品名にもなっている【セラクルミン】
元はクルクミンですが、体が通常の吸収するよりもはるかに高い、27倍の吸収率をもって、
・γ-GTP
・ALT(GPT)
・AST(GOT)
これらの肝臓数値を下げてくれます。

価格

容量

評価

2980円(税込)

約1か月分

 

 

 

 

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

肝機能アップなら肝臓サプリ?意外と知らないサプリの常識まとめ
総ビリルビンを下げる手っ取り早い方法は、肝臓んお働きを高めてくれるサプリメントを飲むことです。毎日食事を改善することは難しいので総ビリルビンを下げたい方には肝機能サプリメントをお試しください!
しじみサプリメントに副作用はありますか?買おうか悩んでいます。
しじみサプリメントの副作用・デメリットについてのページ。肝機能向上のためのしじみサプリメントで副作用などを引き起こさないためのポイント解説。
お酒に弱い方の強くなる・楽しむ方法
お酒に弱い方の強くなる方法・お酒を楽しむ方法についてご紹介しています。女性は特に、男性に比べてお酒に弱い方が多く、せっかくのお酒の場で楽しめなかったりすると思います。こちらでそんなお酒に弱い体質を対策していきましょう!