MENU

舌痛症の治療・改善のための対策方法!治った人はいる?亜鉛は有効?

 

舌痛症は40〜50代の女性に多いと言われている舌の病気です。

 

舌がピリピリする、痺れている感じがするなどの症状が慢性的に続くため、不安やストレスは次第に増していきます。

 

 

舌痛症の治療には亜鉛を含む薬剤やサプリメントが処方されることがあります。

 

亜鉛によって舌痛症が治ったという方が多いようなので、今回は舌痛症と亜鉛との関係を探ってみたいと思います。

舌痛症ってどんな舌の病気なの?

 

まずは舌痛症の主な症状をみてみましょう。

 

・舌表面がピリピリする
・舌が痺れるような感覚がある
・舌の違和感は午前中より午後以降に強くなる
・なにかに集中しているときは気にならない

 

舌になんらかの違和感を感じ、それが数週間以上の長期間続くことで、不安になって病院を受診するケースが多いようです。

 

舌や口腔内には腫れや炎症などの所見はみられません

舌痛症の治療方法

 

舌痛症の原因は明確には分かっていません。

 

しかし、最近では亜鉛不足が原因のひとつとして取り上げられるようになり、亜鉛を処方する治療方法が主流になりつつあります。

 

 

ミネラルの一種である亜鉛は私たちにとって不可欠な存在です。

 

亜鉛が不足すると味覚障害が引き起こされることがあり、味覚障害を持った方の多くは舌痛症になっていることから、亜鉛不足と舌痛症はなんらかの関係があるとみている専門家が多いようです。

 

 

舌痛症の原因が亜鉛かどうかを検査することはあまりありません。
血液検査で亜鉛が不足していなかったとしても、亜鉛を投与して症状が治ったケースは多いようです

 

 

入れ歯が合わないなど物理的なものは歯科治療、ストレスによるものであれば心理的治療が行われますが、そうでない場合には亜鉛を処方されることが多いでしょう。

舌痛症で悩んでいる方の体験談

 

舌痛症で悩んでいる方は多いようで、人によって症状の感じ方が違います。
ここでは実際に舌痛症に悩まされている方の体験談をいくつかご紹介します。

 

 

舌痛症の体験談

 

 

【更年期になって味覚が変化し始めたのをきっかけに…】

 

私が舌痛症になったのは2年ほど前でした。
漢方薬を飲もうとして口に含んだところ、あまりの苦さにビックリ!

 

自覚していなかったのですが、よく注意してみると味覚が変化していました。
味が濃く感じたり、ちょっと辛味のある食べ物を口にすると舌がヒリヒリするんです。

 

しばらく経ってからこれが舌痛症だということが分かりました。
更年期に多い病気だそうで、私もちょうどそれくらいの年齢だったので納得しました。

 

 

 

【何度も歯科に通っても治らない】

 

歯科で歯の治療をしてもらった後から口の中がピリピリし始めて、気になってもう一度受診して口内炎の薬を処方してもらいましたが全然治る気配がありませんでした・・。

 

結局何度も歯科に通いましたが原因は分からず、最終的には有名な口腔外科でようやく舌痛症だと診断されました。

 

 

 

舌の違和感や味覚の変化に気付いたものの、実際に舌痛症だと診断されるまでには時間がかかることが多いということが体験談からよく伝わってきます。

 

 

舌痛症かどうかが分からないと不安や違和感は続きますし、的外れな治療を受けてお金や時間を浪費してしまうことにもなります。

 

舌痛症は早い段階で適切な治療を受けたいですね。

 

舌痛症になぜ亜鉛が有効なのか

 

舌痛症患者の42%は血液中の亜鉛量の低下がみられることから、原因のひとつが亜鉛不足であるというのは頷けます。

 

 

亜鉛は皮膚や粘膜を修復する作用がありますので、足りなくなると舌に異常が起こってもなんらおかしくありません。

 

亜鉛不足が原因で舌痛症を引き起こしているということであれば、亜鉛の摂取はそれなりに有効な治療法だと言えます。

 

 

舌痛症の治療で亜鉛を用いる場合には【プロマック】【アエンダM】といった亜鉛を成分に含む薬剤を処方されます。

 

 

治療効果が出るまでには個人差がありますが、1ヶ月〜半年の治療期間であることが多く、なかには1年半ほどかかることもあるようです。

 

亜鉛は摂取しすぎても良くないので大量摂取ができませんので、効果を実感するまでの期間はそれなりにかかると考えておいた方が良さそうです。

 

 

時間はかかりますが、亜鉛によって舌痛症が治ったケースが多いようなので、根気強く治療していくことが大切ですね。

舌痛症かな?と思ったら亜鉛サプリメントを摂取しましょう

 

亜鉛不足で舌痛症になった方の7割以上亜鉛を服用することによって治ったという調査結果もありますので、舌に違和感を感じたときにはできるだけ早く亜鉛を摂取したほうが良いと思います。

 

自宅でできるセルフケアとしては亜鉛のサプリメントを飲む方法がお手軽です。

 

成人男性は9mg、女性は7mgが1日の亜鉛摂取量目安となっています。

 

男女ともに1日30mgまでなら亜鉛を摂取しても問題ありません。
セルフケアで亜鉛のサプリメントを飲む場合には、食べ物から亜鉛を摂取することも考慮したうえで上限量を超えないように服用するようにしてください。

 

 

舌痛症は男女ともに発症する可能性のある舌の病気です。

 

亜鉛で治療して治ったという方はたくさんいらっしゃいますので、悩んでいるようでしたら亜鉛サプリメントを試してみてもいいかもしれません。

 

 

⇒【亜鉛】が肝臓に良い理由と注意点【吸収効率を高めるポイント詳細】

 

 

亜鉛と更年期症状緩和成分【サポニン】配合の、女性の為のサプリメントなども販売されています。

 

ひとつのサプリメントで舌痛症更年期症状の2つにアプローチできるので、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。

 

⇒【牡蠣美人】女性に嬉しい美容成分も配合

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

味覚障害の治療と原因【7日で治すセルフ改善・対策方法まとめ】
味覚障害の治療を主に紹介しています。味覚障害の原因を知り、病院での治療の前に自分でできる対策・改善方法をご紹介しています。
夜盲症の治療・改善方法・亜鉛の有効性【鳥目のお悩みをスッキリ解決!】
夜盲症の治療方法や亜鉛の有効性についてのページです。鳥目といわれる夜盲症。目の病気だからこそしっかり亜鉛などを有効活用し改善していきましょう。
全身倦怠感の治療と自分で行いたいセルフケア情報まとめ
全身倦怠感は肝臓の働きが由来となり症状をきたすことが考えられています。全身倦怠感でお悩みの場合、治療の前に行えるセルフケアについてご紹介します。