MENU

肝臓の機能が低下しているせいで引き起こされる、その他の症状・病気について

 

肝臓の働きが低下していると、ALTやγ-GTPをはじめとして、肝臓数値が上がります。

 

人によっては、肝臓数値のひとつである【ビリルビン】が上昇し、目の黄疸やからだの皮膚が黄色くなるといった黄疸症状が表れる場合もあります。

 

 

それらの肝臓からのサインを見て見ぬ振りし続けると、人によっては脂肪肝になってしまったり、それが進行して肝硬変や肝がんなどの大病を患うきっかけになってしまうこともあります。

 

 

しかし、肝臓の働きが低下している場合、脂肪肝や肝硬変、肝がんや急性・慢性肝炎などの病気にかかるだけではなく、日常的な場面で、その病気の症状のせいで日常生活に支障をきたす場合もあります。

 

 

今回こちらではそんな肝臓の機能低下の裏に潜む、肝機能低下と関連が深い病気・症状についてご紹介します。

 

 

 

肝臓からくる病気の種類の特徴として、

 

・かぜのような症状
・日常生活にはあまり支障がない
・症状が小さく、なんとかなると考えがち
・病院にかかるほどでもない

 

こんな特徴があります。

 

 

代表的な症状としては

 

【体の怠さ】

 

などがありますが、からだが怠くても仕事にいかなければいけませんんから、大概の人は

 

「感じているけど対処方法がわからない」

 

そんな方が多いのが事実。

 

 

こちらではそんな言葉にするとあまり良いイメージがない症状・病気についてご紹介します。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

その他の関連病気情報記事一覧

味覚障害を訴える方は近年、増加傾向にあると言われています。私たちの五感のひとつである味覚は楽しく食事するために必要な感覚ですから、味覚障害に悩まされるのはとても辛いことです。今回は味覚障害の種類や治療方法から、自分でできるセルフケアまで詳しく解説していきたいと思います。味覚障害の治療方法味覚障害が起こる原因はいくつかあるとされています。味覚障害だと診断された場合には原因に合った治療が行われることに...

夜盲症は古くからよく知られている病気だと思います。ビタミンAが不足していると発症するイメージがあるかもしれませんが、食生活が変化した現代ではビタミンA不足が原因となるケースはそう多くありません。今回は夜盲症の治療方法や原因を知るとともに、目を良くするためにできることをチェックしていきたいと思います。

全身倦怠感を感じると体力の低下だろうと考えてしまいがちですがその倦怠感はもしかすると病気からきているかもしれません。病気による全身倦怠感は治療によって改善する可能性があります。どんな治療方法があるのか、また詳しい症状などをまとめてみましたので悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね!

舌痛症は40〜50代の女性に多いと言われている舌の病気です。舌がピリピリする、痺れている感じがするなどの症状が慢性的に続くため、不安やストレスは次第に増していきます。舌痛症の治療には亜鉛を含む薬剤やサプリメントが処方されることがあります。亜鉛によって舌痛症が治ったという方が多いようなので、今回は舌痛症と亜鉛との関係を探ってみたいと思います。