MENU

総ビリルビンが高い場合にリスクが上がる疾患・病気

 

総ビリルビンは体内の中で生成され、その後体の外へ排出されるのですが、
うまく排出されず残ったままになっていたり、排出が追い付かず、過度に体内に残ったままになっている場合、又は大量に作られてしまっている場合、何らかの疾患によるものだと推測できます。

 

そしてその疾患は、体の臓器の中で一番と言っていいほどたくさんの
機能がある【肝臓】にある場合がほとんど。

 

肝臓は人体の要。病魔の足音が聞こえずに手遅れになる可能性が特に高い臓器です。

 

 

総ビリルビンと肝臓疾患についてしっかりと理解して、どのような対応が
効果的なのかを知りましょう。

 

大事に至ってからでは手遅れです。

【病気について】記事一覧

肝臓数値が高値だった場合、まず初めに思い浮かぶのは病気についてではないでしょうか?「今まで肝臓数値なんて高くなかったのになんで?」「ALTやγ-GTPが高いってことは肝臓のどこかに異常あるの?」初めての事だとどうしても何かの病気なのか?などのように不安になってしまいます。肝臓数値が高値だった場合に考えられる病気・急性(慢性)肝炎・黄疸(閉鎖性・肝細胞性黄疸)・溶血性貧血・高ビリルビン血症・うっ血肝...

白目に黄ばみの症状が出るのは黄疸の可能性もっとも高いのは知っていますか?黄疸は体の皮膚が黄色くなると思っている方が最も多いのですが、実は黄疸は「白目」から始まることが多いのが事実です。男性は気にする方が少ないかもしれませんが、女性で白目に黄ばみ等の黄疸があると、顔の印象が悪くなりますし、健康状態が悪い人なのかな?と思われたり、損をするシーンが多くなります。黄疸で白目の黄ばみが目立つ方の為に症状や改...

肝硬変は肝臓の代表的な病気ですよね。肝硬変になるとどんな症状が表れるのでしょうか?気になる肝硬変の症状やリスクについて確認してみましょう。◆肝硬変ってなに?肝硬変はさまざまな原因によって起きた慢性肝炎が治癒することなく長期化した状態のことをいいます。肝細胞が壊死・炎症・再生を繰り返すことによって肝臓が小さく硬くなってしまい、肝臓が本来の機能が失われるという特徴があります。つまり肝硬変は、肝臓病の最...

こちらでは肝臓と、機能低下時に見られる倦怠感の関係を紹介しています。肝臓の働き低下がみられる人の多くにみられる倦怠感ですが、一般的には肝臓が悪いと引き起こされるイメージはなく、見逃しがちです。倦怠感は肝炎や肝硬変など肝臓疾患の症状のひとつで、できる限り改善に向けて対策をする必要があります。ではなぜ、このような倦怠感が起きてしまうのでしょうか?肝臓の働き低下の原因肝臓は代謝や解毒機能をもつ器官です。...