MENU

総ビリルビンって何?下げられるの?

 

総ビリルビンとは、間接型ビリルビンと直接型ビリルビンの数値を
合わせたものになります。

 

■間接型ビリルビン

 

赤血球が壊れた時に作られる物質です。赤血球は約120日程でその役目が終わり、破壊されます。

 

 

 

その時に酵素の働きでビリルビンに変化します。この時作られるビリルビンが「間接型ビリルビン」です。この状態では、間接型ビリルビンはまだ血中に存在します。

 

■直接型ビリルビン

 

酵素の働きで壊れた赤血球が「間接型ビリルビン」に変えられた後、肝臓に運ばれます。

 

そして胆汁の成分によって「間接型ビリルビン」がまた姿を変えます。
その時に生成されるのが「直接型ビリルビン」です。

 

直接型ビリルビンに変えられることでやっと、尿・便などと一緒に体の外へ排出されます。

 

 

 

■総ビリルビンの豆知識

 

総ビリルビンが高値の場合、肝臓機能もしくは胆管に何かしらの機能低下・阻害があるということになります。

 

総ビリルビンが高値だからといって、すぐ死に直結するということはありませんが、体の重要な機能を担う「肝臓」からのメッセージに耳を傾けることが重要です。

 

ビリルビンは個々人によってその血中量が異なり、少な目の人もいれば、大目の人もいます。
少ない場合は特に問題は発生しませんが、少し大目だと、人によっては黄疸が現れたりします。

 

 

 

“黄疸が出てなくても、なんか不安・・・”という方は、オルニチンという成分を多く摂取すると、総ビリルビンが下がることが科学的に証明されているので、食事やサプリなどで摂取することをおすすめします。
合わせてオルニチンの情報を把握しておくと心のゆとりにつながります。

 

→しじみで肝臓を元気に!

 

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

肝機能低下に自覚症状はありますか?疲れなども肝臓からくるのですか?
肝機能が低下したときに生じる自覚症状をまとめました。沈黙の臓器と呼ばれますが、肝機能低下のサインは少なからずあります。黄疸や疲れなども、自覚症状のひとつです。
【ビリルビン尿】色と原因・改善の為にはどうしたらいいんですか?
ビリルビン尿という聞きなれない医学用語。こちらではビリルビン尿の用語解説や発生する原因・改善法についてのページです。
基準値【総ビリルビン・間接・直接ビリルビン情報】
総ビリルビンは基準値があり、自分の総ビリルビンが正常値なのか、異常値なのかを知っておく必要があります。こちらで基準値について詳しく解説していますのでしっかり把握しましょう。
総ビリルビンが高くても黄疸症状がないから大丈夫?
総ビリルビンが高値だと、黄疸になる可能性が高くなります。ここではなぜ総ビリルビンが高くなると黄疸になるのか、黄疸とは何なのか、どんな症状なのかについて説明しています。。
女性と肝臓数値のあまり知られていない関係
女性でもビリルビンやγGTPをはじめとする肝臓数値が高い場合があります。この肝臓数値には実は男女の性差が関係しています。