MENU

黄疸が出てないから私は大丈夫!そんな人に見てもらいたい黄疸情報

 

総ビリルビンが高値だった場合、場合によっては【黄疸】が見られることがあります。

 

総ビリルビンと黄疸の関係
 

 

ビリルビンというのは赤血球から作られる物質です。そのビリルビンは黄色い色素をもっています。
尿・便が黄褐色なのはこのビリルビンの色素の為です。
このビリルビンが血中に多量に含まれると、【黄疸】が表れます。
日本人は黄色人種の為、元から皮膚の色が黄色く、黄疸を見分けるのが難しい特徴があります。

 

 

黄疸ってどんな症状?
黄疸というのは、血中ビリルビン値が高い状態が続くことにより、ビリルビンが持つ黄色の色素の影響で、皮膚が黄色気味に変色することを言います。黄疸が出るかでないかは個人差があり、黄疸が出ないから大丈夫というわけではないので注意が必要です。

 

肝臓の疾患でビリルビンが高値になった場合、その後次のような症状が現れ始める方もいます。
怠感
・疲労感
・かゆみ(皮膚)
・風邪のようなだるさ
・発熱

 

黄疸と原因
ビリルビンが高値だと黄疸になる可能性があることはわかりました。
ではどんな原因によって黄疸が表れるのでしょうか?
考えられる原因は
血性貧血
・肝細胞性黄疸
・閉鎖性黄疸
・体質性黄疸

 

以上の4つです。

 

溶血性貧血】
溶血性貧血は、赤血球の破壊が亢進した場合に起きます。ビリルビンは破壊された
赤血球から生成されるので、赤血球が大量に破壊されてしまうと、その分生成される
ビリルビン(間接ビリルビン)が多くなります。したがって、血中のビリルビン数が高まり、
黄疸となって表出します

 

肝細胞性黄疸】
肝細胞性黄疸というのは、お酒や薬、ウイルスなどが原因で起こると言われている黄疸です。
日本人などは黄色人種であるため、発見が遅れることがあります。
黄疸が見られるということは、肝臓の機能が低下している証拠です。

 

閉鎖性黄疸】
閉鎖性黄疸とは、理的な理由によって引き起こされる黄疸です。
物理的な理由とは、、例えば胆石腫瘍などによって胆汁がうまく排出されないなど
胆汁によって処理されるはずだったビリルビンが排出されずに蓄積し、黄疸となって
体に表出することを指します。
原因と考えられる疾患は以下の通りです。
 
<肝臓に原因があるもの>
物性肝障害
・原発性胆汁性肝硬変

 

<肝臓以外に原因があるもの>
胆汁うっ滞症
・胆管狭窄
・胆管がん
・膵がん
・膵炎

 

 

黄疸と言ってもさまざまなタイプがありますが、そのほとんどが肝臓の機能低下によるものです。
今後黄疸がでて、余計な治療費や心配事が増える前に、しじみや牡蠣などの肝臓によい食生活を心掛けて機能アップを図ることをお勧めします。

 

 

[関連記事]
 
→女性(性差)と肝臓数値の関係

 

⇒白目が黄色っぽい!その黄ばみ、黄疸の証拠かも?!【隠れた肝臓病】

関連ページ

総ビリルビンの基礎知識【真面に向き合うあなたへ】
総ビリルビンとはいったい何なのでしょうか?総ビリルビンという言葉の意味や、しくみ、どんな働きがあるのかなど、総ビリルビンについて詳しく解説しています。
肝機能低下に自覚症状はありますか?疲れなども肝臓からくるのですか?
肝機能が低下したときに生じる自覚症状をまとめました。沈黙の臓器と呼ばれますが、肝機能低下のサインは少なからずあります。黄疸や疲れなども、自覚症状のひとつです。
【ビリルビン尿】色と原因・改善の為にはどうしたらいいんですか?
ビリルビン尿という聞きなれない医学用語。こちらではビリルビン尿の用語解説や発生する原因・改善法についてのページです。
基準値【総ビリルビン・間接・直接ビリルビン情報】
総ビリルビンは基準値があり、自分の総ビリルビンが正常値なのか、異常値なのかを知っておく必要があります。こちらで基準値について詳しく解説していますのでしっかり把握しましょう。
女性と肝臓数値のあまり知られていない関係
女性でもビリルビンやγGTPをはじめとする肝臓数値が高い場合があります。この肝臓数値には実は男女の性差が関係しています。