MENU

総ビリルビン用語解説

 

総ビリルビンは、女性・男性・子供・高齢者、誰でも体内で
作られる成分の一つです。

 

誰でも体内の中で生成され、自然に体の外へ排出されるのですが、
そのビリルビンがうまく外に出ず、体内に留まるとさまざまな
症状をきたしてしまいます。

 

こちらでは総ビリルビンとは一体どのようなものなのか、
どれくらいが一般的な人の基準値になるのか、
総ビリルビンの言葉の意味やより細かい生成過程を説明しています。

 

総ビリルビンをしっかりと理解して、下げる方法を
理解しましょう。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

【総ビリルビンとは?】記事一覧

総ビリルビンとは、間接型ビリルビンと直接型ビリルビンの数値を合わせたものになります。■間接型ビリルビン赤血球が壊れた時に作られる物質です。赤血球は約120日程でその役目が終わり、破壊されます。その時に酵素の働きでビリルビンに変化します。この時作られるビリルビンが「間接型ビリルビン」です。この状態では、間接型ビリルビンはまだ血中に存在します。■直接型ビリルビン酵素の働きで壊れた赤血球が「間接型ビリル...

肝臓に異常や病気があると肝機能は低下します。肝機能が低下しているとどんな自覚症状が出るのでしょう。肝臓自体は、沈黙の臓器と呼ばれるように、知らず知らずのうちに症状が悪化し、ある日突然病変に気づきます。なかなか見つけることができない自覚症状ですが、些細なことに目を向ければ、その症状や兆候を見つけることができます。次にあげるような症状がある場合には、肝臓が弱ってきたサインですので、みなさんもチェックし...

ビリルビン尿で悩んでいる方は意外と多いようですね。ビリルビン尿とはなにか?どうやったら改善できるか?など気になる情報はこちらで確認してみてください♪◆ビリルビン尿とは?肝機能を調べる検査にビリルビンという項目があります。ビリルビンは血液検査のほか、尿中に含まれているかどうかを検査する方法もあります。通常、ビリルビンが尿中に含まれることはありません。もし尿中のビリルビンが陽性反応を示した場合には肝臓...

総ビリルビンは健康診断でよくみる項目ですが、その基準値まで注視してみる方は少ないと思われます。血圧やコレステロールの数値ならば、なんとなく高めや低め、基準値内ということはわかりますが、総ビリルビンの基準値は説明がないと、どれくらいが正常で、どれくらいだと危険な数値なのかわからない方が多いと思います。今回はその、総ビリルビンの基準値についてのお話です。■総ビリルビンの基準値総ビリルビンの基準値は0....

総ビリルビンが高値だった場合、場合によっては【黄疸】が見られることがあります。■総ビリルビンと黄疸の関係ビリルビンというのは赤血球から作られる物質です。そのビリルビンは黄色い色素をもっています。尿・便が黄褐色なのはこのビリルビンの色素の為です。このビリルビンが血中に多量に含まれると、【黄疸】が表れます。日本人は黄色人種の為、元から皮膚の色が黄色く、黄疸を見分けるのが難しい特徴があります。■黄黄疸っ...

肝臓の病気は男性に多いイメージが強いかもしれませんが実は女性における肝機能数値が高くなりやすいって知っていましたか?今回は女性と肝臓の機能についてご説明したいと思います!◆女性はアルコール性肝障害になりやすいって本当?これまで男性の飲物としての印象が根付いていた「お酒」。近年、このお酒の消費量の男女の差がなくなったそうです。特に職場のストレスをお酒で発散する女性が増えており、肝臓の問題は男性に限っ...