MENU

肝臓に良い野菜はなに?最も効果的な野菜を紹介

 

脂肪肝の自覚があったり、飲酒や偏った食生活に運動不足…
肥満生活習慣病が気になる方におすすめしたいのが「野菜の摂取」です。

 

肝臓は生命維持の要の臓器です。
毎日500もの仕事をこなし、私たちが健康に日々を送れるように働いています。

 

脂肪肝や肥満などの悩みを改善するには肝臓に優しい野菜を摂取し肝臓を健康にしてあげることによって、多くの相乗効果を発揮し、体全体の健康にも効果があります。

 

このページでは、肝臓に良い野菜を紹介していきます!
肝臓のために。健康のために。積極的に摂取したい野菜を知ってもらえれば嬉しいです。

 

 

亜鉛の豊富な肝臓に良い野菜

お酒やストレスなどでダメージを負った肝臓の再生を助けてくれる成分が亜鉛です。
野菜から亜鉛を摂取したいのなら、この野菜がおすすめです!

 

亜鉛の含有量が1番なのは「そらまめ」

 

可食部分100g(約20粒)に亜鉛が含まれている量は1.9mg〜2.4mgです。
成人男性の一日の亜鉛摂取目安量は8.9mg〜12mg。

 

スーパーなどにも並ぶ身近な食材ですが、店頭に並ぶ期間が短いので年間を通して食するのは難しいです。産地によって旬の時期はそれぞれですが4月〜7月に収穫されています。

 

茹でて食べる方法が一般的ですが、さやごと焼く焼きそらまめだと栄養素が逃げにくく、亜鉛も豊富に摂取できます。

 

レシチン

レシチンは肝臓の機能を向上させてくれる働きや脂肪肝を防ぐ働きをする成分です。

 

飲酒時にそらまめを食べることによって、二日酔い防止や悪酔いの防止にも効果を発揮し、肝臓の働きの負担を軽減してくれます。

 

肝臓への働き以外に血中コレステロールを正常化させ、高血圧・動脈硬化の予防血流の正常化など中高年の男性が気になる病気の予防効果もあります。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は疲労回復効果の高い成分です。
そらまめには100g(約20粒)あたり0.3mgも含まれています。

 

糖質を摂取した際にビタミンB1は糖質をエネルギーへと変換させる働きがあり、新陳代謝の促進疲労物質を蓄積させない働きがあります。

 

 

タウリンが豊富な野菜

タウリンは野菜から摂取するのが難しい成分です。
血合肉や魚介類、肉類等に多く含まれている成分で、人間の体内でも生成しています。

 

タウリンを体内で生成しやすくする野菜

タウリンを体内で作るのに必要な栄養素がビタミンB6です。
ビタミンB6は体内でタウリン生成の補助をしてくれる働きがあります。

 

タウリン摂取を多くしたいスポーツ選手や高血圧、糖尿病等の病気を抱えている方も積極的に摂取されている成分でもあります。

 

タウリンの生成のほかに、脂肪肝を防ぐ働きや脂質の代謝促進等に効果があり肝臓に嬉しい効果をもたらしてくれます。

 

ビタミンB6を含む野菜1位「にんにく」

にんにくは約10gあたり0.15g含まれ加熱にも比較的強い成分です。

 

一日の摂取推奨量は成人男性で1.4mg。にんにくだけで摂取することは難しいので、ビタミンB6を多く含むバナナやカツオ・ムロアジ、鶏ひき肉なども摂取しましょう。

 

ビタミンB6を含む野菜2位「カブの漬物」

 

カブの中でも特に、葉の部分に多くのビタミンB6が含まれています。
炒め物や漬物、お味噌汁などにも活用できるので、捨てずに使い切ることがおすすめです。

 

 

抗酸化作用が高い肝臓に良い野菜

体内で活性酸素が発生しやすい臓器が肝臓です。
肝臓には毎日大量の血液が流れ込み代謝される際に酸素を大量に消費し、活性酸素を発生させます。

 

活性酸素は肝機能低下肝臓の病気の元になります。
抗酸化作用のある食品を摂取することによって予防することができます。

 

抗酸化作用のある物質と食べ物

・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・ポリフェノール
・αリポ酸  など

 

これらが含まれる野菜類は種類が多く、ほうれん草や人参、パセリ、アーモンド、ブロッコリー、玉ねぎ等があります。

 

また、野菜以外にもバナナやみかん、アーモンドなどにも豊富に含まれています。

 

豆知識【脂肪肝】プラス活性酸素が一番怖い!

脂肪肝になっている肝臓に活性酸素がプラスされることで、肝臓の脂肪は過酸化脂質になります。過酸化脂質は肝臓の炎症を早め、肝機能の低下が促進されてしまいます。

 

脂肪肝の自覚症状がある方は活性酸素を増やさないように努力しないといけません。

 

 

肝臓に良い野菜のまとめ

肝臓の働きを良くしてくれる成分「亜鉛」「タウリン」が含まれる野菜や「抗酸化作用」のある野菜を知ることができたと思います。

 

毎日、がむしゃらに食べるのではなく積極的に意識して食べることによって毎日働いている肝臓を癒してあげることができます。

 

 

肝臓のためにも体全体の健康のためにも、野菜を積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。野菜は低カロリーですし上記で紹介した成分以外にも多くの栄養素を含んでいるので嬉しい相乗効果を発揮してくれるかもしれません。

 

普段の食生活に是非、取り入れてみてください。
その他肝臓に良い成分が気になる方は下記からもご確認ください。

 

⇒肝臓に良い成分情報へ

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

肝臓の機能アップには牡蠣!でもなんで?
牡蠣は肝機能を高める食品としてしじみと並んで有名です。しかしなぜ牡蠣が有効なのでしょうか?こちらで詳細を解説!
しじみは肝臓に良い?【効果的な理由とは】
しじみは肝臓に良いと耳にしますが、どの成分が効果的のかまとめたページです。
ホタルイカが脂肪肝に効果テキメンって本当!?でもなんでホタルイカ…?
ホタルイカが大好きなんですが、なんと脂肪肝の改善に効果があるらしいじゃないですか。本当なのかな?だとしたら嬉しいのですが、実際にホタルイカは効果ありですか?
効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】
肝臓に良い食べ物は数多くありますが、実は一緒に食べるものを工夫するだけでその効果が何倍にもなります。
ツボで肝臓の悩みが改善できる!肝臓に良いツボの症状別効果とは?
ツボで肝臓の悩みを解消したい人におすすめ!中高年が気になる悩みや症状別に、効果的なツボや注意点などを詳しく解説しています。
肝臓病食のレシピ・献立【肝臓に負担をかけ続けるとこんな食事に?!】
肝臓病食について。肝臓に病気があると食事にも制限がはいります。どれだけ食事制限があるのか、実際の肝臓病食をモデルとしたメニューをごらんください。
食べる量・カロリーをひと工夫で無理なく減らす方法!【脂肪肝予防法】
脂肪肝の要因は食べ過ぎ・カロリーの摂りすぎがそのほとんど。こちらではそんな食べる量やカロリーを無理なく減らし、食事における脂肪肝対策をご紹介します。
機能性表示食品ってなに?機能性表示食品で健康をサポート!
機能性表示食品という言葉を聞いたことはありますか?健康をサポートしてくれる機能性表示食品について詳しい情報を解説しています。
肝臓に良いお茶はコレ!効果や効能まとめ
肝臓に良い効果のあるお茶をまとめです。コンビニ等で気軽に購入ができるペットボトルのお茶から茶葉の状態で販売されているお茶まで肝臓に良いお茶の効果や効能を紹介。
肝臓ににんにくは効果的?にんにくの優れた成分を徹底分析。
肝臓ににんにくは効果があるのか徹底的に調べ、有効な成分を紹介しています。肝臓に効果のある成分をより効率的に、効果を発揮する摂取の方法も細かく紹介しています。