MENU

しじみの肝臓への効果【噂のオルニチンとは?】

こちらのページでは、しじみの有効成分、オルニチンの肝臓への有効性を紹介しています。

 

オルニチンは、肝臓の働きを高める働きがあり、
γGTP
ALT
AST
ビリルビン
これらの肝臓数値や脂肪肝の改善を目指すなら摂取をお勧めしたい有効成分です。
では早速、オルニチンが肝臓にどんな効果をもたらしてくれるのかみていきましょう。

 

 

しじみはオルニチンサイクルを活性化

しじみの成分、オルニチンには、肝臓内のオルニチンサイクルと呼ばれる働きを高める効果があります。

オルニチンサイクルとは?

オルニチンサイクルは、アンモニアを分解する働きを指します。オルニチンはこのオルニチンサイクルを活性化してくれる有効成分です。

 

オルニチンサイクルとアンモニア

アンモニアは意外と知られていませんが
・疲労感
・ツンとした体臭
これらをもたらす、ネガティブな物質です。

 

私たちが摂取する食事にはタンパク質が必ず含まれていますが、肝臓の働きによって分解されたときにアンモニアという物質が発生します。

 

暴飲暴食や偏った食生活、飲酒が習慣的な方は、アンモニアが体からアンモニアが分解されずに残ったままになりやすく、
疲労臭
慢性的な疲れ
になり表出してしまいます。

 

オルニチンサイクルは【こんな症状】を改善してくれる

毎日しじみのお味噌汁やオルニチンサプリメントなどからオルニチンを摂取すると、肝臓内にオルニチンが貯蔵されます。

 

 

オルニチンが肝臓にしっかり貯蔵され、オルニチンサイクルが活性化することで、低下した肝臓の働きを回復させ、

 

高い臓数値
染み付いた疲労感
お酒を飲んだあとのだるさ

 

これらの症状やお悩みを解決してくれます。

 

オルニチンは科学的にも有効◎

オルニチン研究会の実験結果では、オルニチンを3週間摂取し続けたのちに採血を行うと、ほとんどの方のγ-GTP、ALT、AST等の数値改善がもたらされたという結果が出ています。

 

また、アルコール性脂肪肝炎の動物実験においても、進行の抑制が確認された報告がなされています。

 

オルニチンを摂取するなら深刻になる前に

このように、オルニチンで肝臓の働きを高める余地がある場合、すぐに対処することで重篤な病気を防ぐことができる事が証明されています。

 

γGTP/ALP/AST/ビリルビン等の値を改善したい方や、肝臓の病気を予防したい方は、しじみを積極的に摂取するのがおすすめです。

 

しじみのデメリット・欠点

しじみは肝臓に良いイメージがありますが、デメリット・欠点もあります。

 

オルニチン含有量が少ない

しじみに多く含まれているオルニチンですが、多いといっても「しじみ100g」に含まれる量はわずか15mg程度です。

 

オルニチンの摂取目安は1日およそ400mg1000mg

 

必要な量をすべてしじみから摂取するとなると、2.6kg〜6.6kg、価格にして約4,000〜8,000円以上にもなり、とても現実的ではありません。

 

しじみ汁は塩分が多い

二日酔いにはしじみ汁が有効といわれていますが、肝臓の働きを高める量のオルニチンをしじみから摂取しようとすると塩分過多になってしまいます。

 

しじみは肝臓に良い?【効果的な理由とは】

 

塩分は動脈硬化をもたらし、脳梗塞や心疾患リスクを増加させます。
その場限りの二日酔い改善にはよいかもしれませんが、毎日、それも一日の摂取目安をクリアするのはお勧めしません。

 

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報