MENU

肝臓の不安を解消してくれる【レバー】はとても効果的!

このページでは、レバーの肝臓への効果について解説しています。

 

 

『肝臓数値への不安が高まる一方で…』
『レバーが肝臓に良いって本当??』
『お酒を飲むので脂肪肝になっているかも…』

 

わざわざ受診するほどではないかもしれないが、食生活で少しでも改善できる方法を探している方のためにレバーの成分や効果をまとめました。
レバーが苦手な方でも食べやすい調理方法についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【レバー】が肝臓にもたらす良い効果について

レバーは肝臓サプリメントやドリンクによく配合されている食品のひとつです。
レバーの主成分は肝臓にどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

疲労回復効果【ビタミンB群】

肝臓には、食べ物から取り込まれた糖質や脂質を分解し、エネルギーを産生する働きがあります。
ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質のエネルギー代謝に関わっている成分ですが、体内に貯蓄しておくことができません。

 

レバーはビタミンB群を豊富に含んでいる食品です。
ビタミンB1・B2を摂取するとたくさんのエネルギーを作り出すことができるため、疲労回復効果が期待できるでしょう。

 

⇒肝機能低下によって疲労感を感じる原因について

 

【葉酸】肝細胞のダメージを軽減する効果

体内では毎日、老廃物有毒物質などが発生しています。
これらの物質の影響を抑える働きをしているのは肝臓ですので、当然、少しずつダメージを受けて肝機能が低下していきます。

 

レバーに含まれる葉酸には細胞の再生をたすける働きがありますから、肝細胞のダメージを軽減して肝機能を正常化させてくれます。

 

【ビタミンA】肝臓トラブルを予防する効果

レバーは、食品の中でビタミンAの含有量がトップクラスです。

 

抗酸化物質であるビタミンAは、抗酸化作用によって体内の活性酸素を除去し、免疫力を高める働きがあります。
細菌やウイルスの侵入を防ぐ肝臓の負担を減らしてくれるだけではなく、肝炎による症状を和らげたり肝臓がんのリスクを下げたりする効果もあります。

 

ただし、脂溶性ビタミンであるビタミンAの過剰摂取は逆効果になりますので、他の栄養素と併せてバランス良く摂取することが大切です。

 

 

【レバー】は加齢に伴う不安にも効果あり!

 

肝機能が低下したり、肝臓数値が気になり始める年齢では生活習慣病への不安感も高まります。
レバーは、加齢に伴う悩みにも効果がある食品です。

 

生活習慣病を予防する効果

血管の細胞膜は、活性酸素の影響によって酸化することにより老化し、正常に機能しなくなってしまいます。
ビタミンAは抗酸化作用によって活性酸素を除去し、高血圧を予防する効果があります。
また、レバーに豊富なビタミンB2は、細胞の再生を促して動脈硬化を防ぐ効果があります。

 

高血圧動脈硬化は、心筋梗塞脳梗塞へとつながる恐れがありますので、レバーを食べてリスクを下げることには大きな意味があります。

 

貧血を改善する効果

貧血とは、血液中のヘモグロビン濃度が低下した状態を指し、このヘモグロビン濃度は加齢とともに下がっていく傾向にあります。

 

レバーは、貧血予防に良い食品というイメージが強いと思いますが、それはヘム鉄と呼ばれる鉄分が含まれているからです。
ヘム鉄は、普通の鉄分と比べて吸収率が高いので、貧血の改善に適しています。

 

めまいふらつきが気になる方は、レバーを積極的に摂取すると良いでしょう。

 

 

摂取時の注意点について

レバーは肝臓に良い効果をもたらす食品ではありますが、摂取時に注意しておきたいポイントがあります。

 

ビタミンAの副作用には注意が必要

前述したように、ビタミンAの過剰摂取は避けなくてはなりません
ビタミンAを摂りすぎてしまうと、腹痛嘔吐めまいといった中毒症状が引き起こされることがあります。

 

毎日少しずつ摂取しているぶんには問題ありませんが、短時間に大量摂取しないようにして下さい。

 

尿酸値が高い人にはレバーはNG

ご存知でしょうがレバーは牛や豚の肝臓部分であり、痛風の原因となるプリン体を非常に多く含んでいます。
尿酸値が高い人や痛風を発症している人はプリン体を避けるべきですので、レバーを食べないようにしましょう。

 

 

【レバー】を効果的に摂取するための食べ物

レバーの豊富な栄養素を無駄なく摂取する工夫として、吸収率を高める食べ合わせや調理法などをまとめました。

 

レバーの効果を高めてくれる食品【食べ合わせ】

レバーは単体で食べることもできますが、他の食品との食べ合わせによって効果をアップできます。

 

【ビタミンB1】の吸収を高めてくれる食品

 

・にんにく
・ニラ
・玉ねぎ
・長ねぎ

 

アリシンという成分は、疲労回復効果をもつビタミンB1の働きを高めてくれます。
ビタミンB1はアリシンと結合することで体内に長時間とどまり、疲労を回復しやすくなります。

 

アリシンは香りの強い野菜に多く含まれ、レバー生臭さを軽減してくれますので相性はばっちりです。

 

⇒アリシンの肝臓によい3つの効果について

 

【鉄分】の吸収を高めてくれる食品

・レモン
・オレンジ
・パパイヤ

 

貧血改善は、肝臓の働きを正常化する意味でも大切なことです。
レバーに含まれる鉄分の吸収を高めたいのであれば、ビタミンCとともに摂取すると良いでしょう。

 

ビタミンCを豊富に含む果物には鉄分の吸収率を上げる作用があります。
朝食にレバーペーストを使い、パンや果物と食べれば摂取しやすくなります。

 

【葉酸】の吸収を高めてくれる食品

・しじみ
・あさり
・海苔

 

葉酸は、他の栄養素に比べて体内に吸収されにくい性質があります。
効率良く葉酸を摂取したいのであれば、ビタミンB12と同時の摂取がおすすめです。

 

ビタミンB12は、魚介類や海藻類に多く含まれています。
葉酸単体よりもビタミンB12と組み合わせた方が、はるかに吸収力が高くなります。

 

⇒葉酸の詳しい肝臓への効果について

 

レバーが苦手な方でも食べやすい調理方法

肝機能向上に効果のあるレバーはクセが強く、食べるのが苦手という人も少なくありません。
レバーが苦手な方でも食べられる方法はあるのでしょうか?

 

パサパサした食感を改善

 

加熱するとパサパサした食感になるのは火を通し過ぎているせいです。
レバーを調理する際には生食でも食べられるものを選び、表面に焼き目がついたら火を止めましょう。

 

なめらかな食感のレバーペーストを使うのも良いですね。

 

臭みを軽減する

レバー独特の臭みは、調理の半日前から牛乳や缶詰のシロップに漬けておくと軽減されます。
また、しっかり血抜きをすることも大切です。

 

 

栄養豊富なレバーで肝機能改善を目指そう!

 

肝機能改善に効果的なレバーは、食べ合わせや調理法の工夫を意識するだけで食べやすくなります。
ビタミンB群・鉄分の豊富なレバーを積極的に食べて、健康的な肝臓を取り戻していきましょう!

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

肝臓の機能アップには牡蠣!でもなんで?
牡蠣は肝機能を高める食品としてしじみと並んで有名です。しかしなぜ牡蠣が有効なのでしょうか?こちらで詳細を解説!
しじみは肝臓に良い?【効果的な理由とは】
しじみは肝臓に良いと耳にしますが、どの成分が効果的のかまとめたページです。
肝臓に良い野菜特集!健康にしてくれる野菜は○○だった!
肝臓に良い野菜を調べました。肝臓に良いことをしたいけど何から始めたらいいのかわからない方も野菜の摂取だったら手軽に始められますね!肝臓にいい野菜をまとめました。
ホタルイカが脂肪肝に効果テキメンって本当!?でもなんでホタルイカ…?
ホタルイカが大好きなんですが、なんと脂肪肝の改善に効果があるらしいじゃないですか。本当なのかな?だとしたら嬉しいのですが、実際にホタルイカは効果ありですか?
効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】
肝臓に良い食べ物は数多くありますが、実は一緒に食べるものを工夫するだけでその効果が何倍にもなります。
ツボで肝臓の悩みが改善できる!肝臓に良いツボの症状別効果とは?
ツボで肝臓の悩みを解消したい人におすすめ!中高年が気になる悩みや症状別に、効果的なツボや注意点などを詳しく解説しています。
肝臓病食のレシピ・献立【肝臓に負担をかけ続けるとこんな食事に?!】
肝臓病食について。肝臓に病気があると食事にも制限がはいります。どれだけ食事制限があるのか、実際の肝臓病食をモデルとしたメニューをごらんください。
食べる量・カロリーをひと工夫で無理なく減らす方法!【脂肪肝予防法】
脂肪肝の要因は食べ過ぎ・カロリーの摂りすぎがそのほとんど。こちらではそんな食べる量やカロリーを無理なく減らし、食事における脂肪肝対策をご紹介します。
機能性表示食品ってなに?機能性表示食品で健康をサポート!
機能性表示食品という言葉を聞いたことはありますか?健康をサポートしてくれる機能性表示食品について詳しい情報を解説しています。
肝臓に良いお茶はコレ!効果や効能まとめ
肝臓に良い効果のあるお茶をまとめです。コンビニ等で気軽に購入ができるペットボトルのお茶から茶葉の状態で販売されているお茶まで肝臓に良いお茶の効果や効能を紹介。
肝臓ににんにくは効果的?にんにくの優れた成分を徹底分析。
肝臓ににんにくは効果があるのか徹底的に調べ、有効な成分を紹介しています。肝臓に効果のある成分をより効率的に、効果を発揮する摂取の方法も細かく紹介しています。