MENU

「お茶」で肝臓を元気にさせる「い・ろ・は」

 

コンビニやスーパーでも購入可能な「中性脂肪」や「肥満」「生活習慣病」に効果的なお茶。

 

実は脂肪肝にも効果的なのを知っていますか?

 

・中性脂肪や脂肪肝に効果的なら飲んでみようかな…。
・肥満が気になっていたけど本当にお茶で効果があるの?
・運動はしているけど、もっと効果的に脂肪を燃焼させたい!
・日常的に飲むもので肝臓をいたわりたい…。

 

このページでは「肝臓に良いお茶」を特集し、その効果や注目したい成分をまとめました。

 

 

【トクホのお茶】と肝臓

トクホとは特定保健用食品の略で、簡潔に言うと「中性脂肪を下げる・予防する」などの表現を使用できる特別な食品を指します。

 

サントリー「特茶」

サントリーの「特茶」は、脂肪をエネルギーに変えるための「分解」に着目しているのがポイントです。

 

脂肪の「分解」がキーワード

脂肪に働きかけてくれるお茶は数多くありますが、特茶のように、脂肪を「分解」してくれるお茶は殆どありません

 

体脂肪はそのままの形では燃焼されず、分解されることによって燃焼されやすくなります。
特茶には、付いてしまった脂肪をバラバラに分解する酵素の力を高める「ケルセチン配糖体」が含まれ、実験では継続8週目から体脂肪の低減がみられています。

 

特に腹部全脂肪面積は大きく8週目で-5cmの結果があり、脂肪が分解され、少なくなっていることが目に見えてわかっています。

 

脂肪分解は脂肪肝への効果も。

 

体内の脂肪が分解されることによって肝臓についた脂肪も分解されていきますから、脂肪肝の改善や予防にもつながるのが特茶です。

 

特茶は脂肪を分解し、簡単に消費しやすくしてくれる役割があるので、ちょっとした運動でもすぐに効果を実感しやすい特徴があります。

 

食事と同時摂取でなくても大丈夫

脂肪燃焼効果のあるお茶の多くが食事と同時に摂取することによって効果を発揮し、「食事から摂取される脂質を吸収しにくくする働き」を持ち合わせています。

 

特茶は脂肪を分解する働きをするお茶なので、いつでも好きな時に飲んでも大丈夫です
普段の水分補給にも気軽に飲めるので、いつでもどこでも、脂肪の分解ができる優れた飲み物です。

 

サントリー「黒ウーロン茶」

黒ウーロン茶は脂肪に働きかける国民的な知名度を誇るお茶です。

 

黒烏龍茶はウーロン茶重合ポリフェノールパワー

黒烏龍茶が脂肪にアプローチするのは、「ウーロン茶重合ポリフェノール」という有効成分のおかげです。

 

脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる効果があります。食後の血中中性脂肪の上昇が抑えられるので、脂肪肝に悩みのある方は食事を摂りながら飲むと、脂肪肝の予防が期待できます。

 

ウーロン茶重合ポリフェノールは原料となる茶葉を発酵する際に生成される成分で、消費者庁でも科学的に脂肪吸収を抑える効果があると認定されています

 

またサントリーの「黒烏龍茶」は独自技術により、「ウーロン茶重合ポリフェノール」の配合量が多くなるように工夫されています。

 

・体脂肪が気になる・・・
・血中中性脂肪が気になる!
・けど脂っこいものがやめられない・・・

 

そんな時、黒烏龍茶を同時に摂取することで我慢をせずに食事を楽しむことができます。

 

多くの働きが黒烏龍茶1本で実現可能

 

・脂肪の吸収を抑える
・脂肪の排出量を増やす
・体に脂肪がつきにくくする
・血中中性脂肪の上昇を抑える

 

どれも脂肪肝などの生活習慣病に不安がある方には嬉しい効果ばかり。
それがたったの1本のお茶で改善や予防されていきます。

 

花王「ヘルシア緑茶」

注目は「茶カテキン」

茶カテキンを豊富に含むヘルシアは、脂肪を分解・消費に必要な酵素の活性化に役立ち、体脂肪を下げてくれます。体脂肪の減少にはじまり、脂肪肝の予防や改善、その他生活習慣病などの悩みも解決してくれる優れた日本茶です。

 

中年男性の悩みに寄り添う効果

 

「体脂肪が気になる」
「昔より脂肪がつきやすくなった」

 

体型や体、健康への悩みはつきません。
しかし、ヘルシアは脂肪を分解、消費する酵素を手助けし、体脂肪の代謝向上腹部全脂肪面積低減効果で悩みを解決へと導いてくれます。

 

簡単に始められます!

ヘルシアはいつ飲んでも効果を発揮してくれる商品です。ですから食事中や運動前ではなくても問題ないですし、少しずつ1日をかけて1本飲みきっても、優れた茶カテキンの効果を発揮してくれます。

 

買い置き忘れなどの場合もコンビニで手軽に手に入りますし、大量購入は初めから苦手という方も、1本ずつコンビニやスーパーで購入できます。

 

 

肝臓に良いお茶4選

ほかにも脂肪肝改善にお勧めのお茶があります。

 

杜仲茶(トチュウチャ)

杜仲茶は木の葉を乾燥させてつくられたものです。中国では健康茶として昔から飲まれているお茶です。

 

脂肪燃焼をしてくれる「アスペルロシド」という成分が豊富です。

 

アスぺルロシドの脂肪肝への効果

アスペルロシドは胆汁酸の分泌を促進させる効果があります。
胆汁酸はエネルギーを作る材料であり、代謝促進に繋がる他、肝臓や脂肪に対しても代謝促進の効果があります。
体全体の基礎代謝を上げて脂肪肝に働きかけてくれます。

 

クコ茶

クコ茶は人気の健康茶で「延命茶」「不老長寿の茶」として有名です。

クコ茶の有効成分【ベタイン】の脂肪肝への効果

冷え性改善やコレステロール値・血圧の低下・眼精疲労の回復などの多くの効果がある中、肝機能の活性化作用にも注目されています。

 

特にクコ茶に含まれる「ベタイン」は脂肪肝に効果的で、肝臓に脂肪が溜まるのを防ぎ、脂肪を排出促進を行う働きに優れています。そのほかにも肝炎や肝臓がんなどの進行を抑制する効果もあります。

 

ハブ茶

エビスグサの種子を原料にした健康茶です。

 

便秘やむくみ、高血圧、脚気、眼精疲労などの症状に漢方薬としても使われています。
近年では男性も悩むと言われている「更年期障害」にも効果を発揮してくれます。

 

肝臓へは、ハブ茶に含まれる「アントラキノン誘導体」が解毒効果や利尿作用に働きかけ、体外に不要なものを排出し肝臓への負担を軽減してくれます。

 

 

お茶で肝臓を高めるために知っておきたいこと

体脂肪とは

 

内臓脂肪や皮下脂肪などの「体内の脂肪細胞」に蓄積された脂肪のことを体脂肪と呼びます。

 

体脂肪と聞くと悪いイメージが強いですが、ホルモンの生成やエネルギーを蓄える、体温を維持する、外部からの衝撃に対し内臓を守る役割があります。

 

男性の標準的体脂肪率
18〜39歳 17〜21%
40〜59歳 18〜22%

 

標準を超え、過度に体脂肪が多いと脂肪肝脂質異常高血糖高血圧などの発生リスクが高くなります。

 

貯まった脂肪がなくなるまでの流れ

ステップ1

有酸素運動などにより、体を動かすエネルギーが必要な状態になります。

 

ステップ2

脳からエネルギーが必要だと命令がだされます。

 

ステップ3

脂肪動員ホルモン(別名アデポキネチックホルモン)と呼ばれるアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。

 

ステップ4

脂肪分解酵素のリパーゼが活性化し脂肪を分解。

 

ステップ5

分解された脂肪が血液中に遊離脂肪酸・グリセロールとなり放出。

 

ステップ6

体の筋肉でエネルギーとして脂肪酸が代謝されます。

 

トクホってなに?

トクホは「特定保険用食品」の略称です。

 

トクホとして販売するには、有効性・安全性についての審査や、表示ついての国からの許可が必要になり厳しく管理されています。

 

簡単に登録できるものでもないので、トクホ登録のマークが有効性・安全のひとつの目安にもなります。

 

お茶に含まれるカテキンとは。

高濃度茶カテキンはその高い安全性、健康への悪影響がないことを消費者庁が証明しています。

 

高濃度茶カテキンを長期に渡って摂取した場合、BMIや体重などの減少効果がみられ、特に肝臓での脂肪燃焼酵素「β酸化関連酵素」を活性化してくれます。

 

・配合カテキン量⇒約600mg/約300ml
・期間⇒約12週間

 

上記の実験環境で高濃度茶カテキンを摂取したところ、BMI・体重どちらも減少が確認できました。

 

ケルセチン配糖体とは?

ケルセチン配糖体は「ケルセチン」と「糖」の2つに分けられます。

 

ケルセチンはポリフェノールの一種で、

 

・コレステロール低下
・血糖値低下
・動脈硬化予防
・肝臓、腎臓の機能向上
・脂肪肝の予防  等

 

これらの多くの効果があり、特にダイエット生活習慣病が気になる方は積極的に摂取したい成分です。
体に良い効果のあるケルセチンですが、単体であると脂に溶けやすく、水には溶けにくい性質があり扱いにくい成分です。

 

飲み物にケルセチンを含ませるには水溶性にする必要があるため、「糖」とあわせて「ケルセチン配糖体」として含まれています。糖と合わさることで体内に吸収されやすく、効果を発揮できるようになります。

 

カフェインの脂肪肝への効果

 

お茶やコーヒーに含まれるカフェインは、交感神経を刺激する機能があります。

 

交感神経が刺激されると血流や新陳代謝が活発になり、遊離脂肪酸が増加し脂肪燃焼の働きを高めてくれます。

 

カフェインによって効率よく脂肪が燃焼することによって、体内に蓄積されている中性脂肪などもエネルギーへ変換されます。脂肪肝の予防や改善には摂取して損はない成分です。

 

注意点としては1日カップ2〜3杯程度の摂取でないと、むくみや脂肪を蓄えてしまう効果に変わってしまう報告もあり、たくさん飲めばいいというものでもないという見解もあります。

 

 

その他肝臓に有効なお茶

たんぽぽ茶の有効成分【コリン】

脂質や糖質の代謝を行うのに欠かせない成分がコリンです。代謝全般に関わっていてエネルギーの生成にも役立ちます。

 

また、たんぽぽ茶にはコリンのほかにイヌリンやタラキサンシンが含まれ、これらは肝臓の働きを強くする作用があるので、飲酒や脂質の多い食事を好む方にも向いています。

 

体内で生成される成分でもありますが、飲酒を習慣的にする方や脂質が多い食事が好きな方は食品からの摂取も行うように心がけるとより良いです。

 

コリンが不足することによって、肝臓がん等の肝臓の疾患リスクが増える研究結果もあります。

 

どくだみ茶の有効成分【カリウム】

 

どくだみ茶は健康効果の高いお茶として有名ですが、肝機能が低下し「高カリウム血症」時には飲用しないようにしましょう。

 

高カリウム血症は不整脈や手足のしびれが初期症状で、だんだんと筋肉が動きにくくなってしまいます。筋肉が動かないと脂肪の燃焼も衰えてしまうので注意が必要です。

 

高カリウム血症時でなければ、高血圧・心臓病の予防胃潰瘍や胃炎、便秘解消などに効果を発揮し、健康を維持するためにも積極的に飲みたいお茶です。

 

ウコン茶の有効成分【クルクミン】

ウコン茶に含まれるクルクミンは抗菌抗炎症抗酸化作用があり、多くの効果が期待できます。

 

特に肝臓への効果は抜群です。

 

・解毒作用の促進
・胆汁の分泌促進
・黄疸症状の緩和
・肝炎症状の緩和
・二日酔いの緩和・予防
・肝障害の予防 等

 

肝臓が原因の疾患や症状を緩和、改善してくれる働きがあります。

 

胆汁の分泌が促進することによってコレステロール値を安定させる効果や、抗酸化作用による生活習慣病の予防など、多くの有効性がわかっている成分です。

 

 

気軽にお茶から肝臓ケアスタートしましょう。

会社や通勤途中、自宅にいるときなどに飲むコーヒーや水を、今ご紹介したお茶に変更するだけで気軽に「脂肪肝ケア」ができます。

 

それぞれ、お茶には特徴があり味も違いますから、好みにあわせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

比較的どのお茶も安価で手に入れられますし、通販などを使って効率的に入手することも可能です。
お茶の働きを効果的に利用して、脂肪肝の改善にぜひお役立てください。

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

関連ページ

肝臓の機能アップには牡蠣!でもなんで?
牡蠣は肝機能を高める食品としてしじみと並んで有名です。しかしなぜ牡蠣が有効なのでしょうか?こちらで詳細を解説!
しじみは肝臓に良い?【効果的な理由とは】
しじみは肝臓に良いと耳にしますが、どの成分が効果的のかまとめたページです。
肝臓に良い野菜特集!健康にしてくれる野菜は○○だった!
肝臓に良い野菜を調べました。肝臓に良いことをしたいけど何から始めたらいいのかわからない方も野菜の摂取だったら手軽に始められますね!肝臓にいい野菜をまとめました。
ホタルイカが脂肪肝に効果テキメンって本当!?でもなんでホタルイカ…?
ホタルイカが大好きなんですが、なんと脂肪肝の改善に効果があるらしいじゃないですか。本当なのかな?だとしたら嬉しいのですが、実際にホタルイカは効果ありですか?
効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】
肝臓に良い食べ物は数多くありますが、実は一緒に食べるものを工夫するだけでその効果が何倍にもなります。
ツボで肝臓の悩みが改善できる!肝臓に良いツボの症状別効果とは?
ツボで肝臓の悩みを解消したい人におすすめ!中高年が気になる悩みや症状別に、効果的なツボや注意点などを詳しく解説しています。
肝臓病食のレシピ・献立【肝臓に負担をかけ続けるとこんな食事に?!】
肝臓病食について。肝臓に病気があると食事にも制限がはいります。どれだけ食事制限があるのか、実際の肝臓病食をモデルとしたメニューをごらんください。
食べる量・カロリーをひと工夫で無理なく減らす方法!【脂肪肝予防法】
脂肪肝の要因は食べ過ぎ・カロリーの摂りすぎがそのほとんど。こちらではそんな食べる量やカロリーを無理なく減らし、食事における脂肪肝対策をご紹介します。
機能性表示食品ってなに?機能性表示食品で健康をサポート!
機能性表示食品という言葉を聞いたことはありますか?健康をサポートしてくれる機能性表示食品について詳しい情報を解説しています。
肝臓ににんにくは効果的?にんにくの優れた成分を徹底分析。
肝臓ににんにくは効果があるのか徹底的に調べ、有効な成分を紹介しています。肝臓に効果のある成分をより効率的に、効果を発揮する摂取の方法も細かく紹介しています。