MENU

肝臓に良い食べ物と、肝機能回復や高める為に積極的に摂りたい成分・栄養素があります。

 

わたしたちの身体は、内臓も含め、食事から得られた栄養素から作られていることからもわかるとおり、肝臓の回復のためには肝臓に良い食べ物をしっかり選び、効率的に摂取することが大切です。

 

肝臓に良いビタミンが豊富な食べ物を摂る

 

 

目次

1.肝臓に良い食べ物
 しじみの肝臓への効果について
 1.2 牡蠣は肝臓の回復にうってつけの食材
 レバーの肝臓への効果について
 お茶の肝臓への効果について
   
 肝臓にいい野菜
 脂肪肝改善に良い油
   
 キムチで肝機能向上
2.  
 
   
 ・・
 ・・
 ・・
 ・・
 ・・
3.肝臓に良い栄養素
 オルニチンの肝臓への効果について
 亜鉛の肝臓への効果について
 タウリンの肝臓への効果について
 クルクミンの肝臓への効果について
 クエン酸の肝臓への効果について
 スルフォラファンの肝臓への効果について
 スクワレンの肝臓への効果について
 ビタミンの肝臓への効果について
 オメガ3脂肪酸
 レシチン
 メチオニン
   
 カテキン
 ムチン
 アリシン
4.    
 朝食
 昼食
 夕食
5.良い食べ合わせ
 肝臓に良いパターン
    

肝臓に良い食べ物

 

しじみの肝臓への効果について

 

牡蠣の肝臓への効果について

肝臓に良い牡蠣は、言わずと知れた肝臓の働きを回復してくれる食材の一つ。

 

肝臓の機能回復の食事情報まとめ|肝機能を向上させるには?

 

牡蠣が肝臓に良いとされている理由は、

 

・タウリン
・亜鉛
・グリコーゲン

 

の3大成分が含まれているからです。

 

タウリンは肝臓にどう作用するの?

肝臓自体は再生能力が高い臓器なので、半分以上切り取っても再生する能力を持っています。

 

しかし肝臓は代謝や解毒、胆汁生成など、今の医療技術ではまかなえないほどの役割を担っているため、ダメージを受けやすい臓器でもあります。
そんなダメージを軽減してくれるのがタウリン。

 

タウリンが肝臓の働きを助けてくれる最大の理由は、肝臓の細胞の再生をサポートし、体内の脂肪を排出する胆汁・胆汁酸の分泌・働きを強化することにあります。

 

数値改善にもタウリンを

肝臓はもともと老廃物をからだから排出する役割をもつ臓器。
肝臓の本来の働きが高まることで体の老廃物が滞ることなく排出されます。

 

肝臓の機能回復の食事情報まとめ|肝機能を向上させるには?

 

肝臓がしっかり働き、肝細胞がしっかり再生することで肝機能が正常化し、疲労回復、γ-gtp、alt(gpt)、AST(got)をはじめとした肝臓数値の改善、また、疲れくくなるなどの肝機能向上効果をもたらします。

 

さらに、タウリンは癌による疲労感の症状を軽減するという研究報告もなされています。

脂肪肝対策にも効果的

なによりタウリンには脂肪肝への効果が望めます。

 

肝臓に中性脂肪が溜まると脂肪肝になりますが、

 

タウリンは脂肪肝によって肝臓に溜まってしまった中性脂肪を、胆汁酸を強化することで肝臓から排出し、改善してくれる効果があります。

 

脂肪肝に悩んでいる人には積極的にタウリンを摂取するのがおすすめです。 

 

アルコール分解を助ける【亜鉛】

牡蠣には亜鉛も豊富に含まれています。
その含有量は食品中ナンバーワンです。

 

肝臓は、アルコールを分解するときに亜鉛を大量に消費するため、飲酒の習慣があると慢性的に亜鉛が不足してしまうことで二日酔いや肝臓への負担が増えます。

 

お酒を飲む習慣がある場合は、積極的に牡蠣を摂取し、不足しがちになる亜鉛を補うことが肝機能向上の第一歩です。

 

エネルギーのもととなる【グリコーゲン】

グリコーゲンはあらゆる動物に存在しているエネルギーを一時的に保存しておくための物質です。
グリコーゲンを肝臓に蓄えておくことによって、こぞというときにエネルギー化し、フルパワーで活動できるようになります。

 

肝臓の機能回復の食事情報まとめ|肝機能を向上させるには?

 

また、グリコーゲンはアルコール分解時に活動する筋肉にも存在するため、定期的に摂取することによって肝臓の働きを助けてくれます。
疲労回復血糖値を調整する作用もありますので中年期以降には特に摂取しておきたい成分のひとつであるといえるでしょう。

レバーの肝臓への効果について

焼肉や生食でも食べられていたレバーは、肝臓に良い食べ物の代表格。
レバーの主成分と肝臓への効果は絶大です。

 

肝臓がエネルギーをつくりだす

肝臓には、食べ物から取り込まれた糖質や脂質を分解し、エネルギーを産生する働きがあります。
ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質のエネルギー代謝に関わっている成分ですが、体内に貯蓄しておくことができません。

 

 

レバーはビタミンB群を豊富に含んでいる食品です。
ビタミンB1・B2を摂取するとたくさんのエネルギーを作り出すことができるため、肝臓がしっかり働き、活力ある一日を過ごせるようになります。

 

肝炎・肝がん脂肪肝のリスクを下げる

レバーは、食品の中でビタミンAの含有量がトップクラスです。

 

抗酸化物質であるビタミンAは、抗酸化作用によって体内の活性酸素を除去し、免疫力を高める働きがあります。

 

細菌やウイルスの侵入を防ぐ肝臓の負担を減らしてくれるだけではなく、肝炎による症状を和らげたり肝臓がんのリスクを下げたりする効果もあります。

 

お茶の肝臓への効果について

 

肝臓にいい野菜はこれ!

肝臓によい野菜は

 

・じゃがいも
・もやし
・ほうれん草

 

食物繊維やミネラルが豊富な野菜は肝臓の食事に欠かせません。

 

1日あたり300〜400gを取るようにし、そのうち100gは緑黄色野菜になるように調整しましょう。

 

脂肪肝改善に良い油

脂肪肝改善のための油は、
・亜麻仁油
・えごま油
などの植物性の油分で、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているものを選びましょう。
 
熱に弱い性質がありますので加熱するよりは、ドレッシングとして直接食べるようにしたほうが効果的です。

 

 

 

 

キムチで肝機能向上

キムチには二日酔いの原因であるアセドアルデヒドを分解する働きがあります。

 

 

また、もう一つの成分であるナイアシンには脂質の代謝を促進する作用があるので積極的に摂りましょう。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓に良い成分・栄養素

肝臓や脂肪肝に良い効果がある成分についてまとめたページです。肝臓は、私たちが摂取した食事に含まれる成分でしか、機能を向上させることはできません。肝臓の為に良い成分を把握して肝臓の健康を増進しましょう。

 

オルニチンの肝臓への効果について

亜鉛の肝臓への効果について

タウリンの肝臓への効果について

クルクミンの肝臓への効果について

クエン酸の肝臓への効果について

スルフォラファンの肝臓への効果について

スクワレンの肝臓への効果について

ビタミンの肝臓への効果について

ビタミンA

ビタミンB2

ビタミンE

オメガ3脂肪酸

レシチン

メチオニン

 

     

 

 

 

カテキン

ムチン

アリシン

 

    

 

 

 

肝臓には、これまで高たんぱく・高カロリー・低脂肪が原則でしたが、最近ではバランスの良い食事をとることが重要視されるようになっています。

 

ここからは肝臓によい食事の特徴を見ていくことにしましょう。

 

牛乳
・低脂肪牛乳 200ml

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓に良い食べ合わせ

肝臓はアルコールを摂取するとフル活動します。
お酒を飲む機会が多い方は肝臓に良い食べ合わせを知っておくと役立ちます。
飲み会では次から次へと料理が運ばれてきます。

 

なかなか理想的な食べ合わせにすることはできないかもしれませんが、工夫して肝臓に良い食べ合わせを意識するように心がけましょう。

肝臓に良いパターン

しじみ×レバー

 

 

しじみに含まれるオルニチン肝臓の機能を高めてくれる成分です。

 

レバーには鉄分が非常に多く含まれており貧血改善効果があるためとても良い組み合わせです。
カキやあさりなどにもミネラルや亜鉛がたくさん含まれているのでオススメです♪

 

 

胸肉
 

 

胸肉は肉のなかでも低カロリー脂肪肝を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイトお勧め肝臓サプリ情報

 

肝臓の機能回復の食事情報まとめ|肝機能を向上させるには?記事一覧

こちらのページでは、しじみの有効成分、オルニチンの肝臓への有効性を紹介しています。オルニチンは、肝臓の働きを高める働きがあり、・γGTP・ALT・AST・ビリルビンこれらの肝臓数値や脂肪肝の改善を目指すなら摂取をお勧めしたい有効成分です。では早速、オルニチンが肝臓にどんな効果をもたらしてくれるのかみていきましょう。しじみはオルニチンサイクルを活性化しじみの成分、オルニチンには、肝臓内のオルニチンサ...

このページでは、コーヒーがもたらす脂肪肝への効果について解説しています。脂肪肝の改善において重要なのは、「中性脂肪を減らす」こと。中性脂肪をつくらない、溜めこまないのがキーポイントになるわけですが、コーヒーにはその中性脂肪に働きかける成分が含まれています。『コーヒーは脂肪肝に良いの?悪いの?』『砂糖やクリープを入れても大丈夫なのか…』こんな疑問を抱えている人のために、今回はコーヒーと脂肪肝の関係を...

コンビニやスーパーでも購入可能な「中性脂肪」や「肥満」「生活習慣病」に効果的なお茶。実は脂肪肝にも効果的なのを知っていますか?・中性脂肪や脂肪肝に効果的なら飲んでみようかな…。・肥満が気になっていたけど本当にお茶で効果があるの?・運動はしているけど、もっと効果的に脂肪を燃焼させたい!・日常的に飲むもので肝臓をいたわりたい…。このページでは「肝臓に良いお茶」を特集し、その効果や注目したい成分をまとめ...

脂肪肝の自覚があったり、飲酒や偏った食生活に運動不足…肥満や生活習慣病が気になる方におすすめしたいのが「野菜の摂取」です。肝臓は生命維持の要の臓器です。毎日500もの仕事をこなし、私たちが健康に日々を送れるように働いています。脂肪肝や肥満などの悩みを改善するには肝臓に優しい野菜を摂取し肝臓を健康にしてあげることによって、多くの相乗効果を発揮し、体全体の健康にも効果があります。このページでは、肝臓に...