MENU

血液検査ALPの基礎知識!用語を正しく理解!

 

こちらではALPの意味高くなる原因や肝臓との関連下げるための情報を掲載しています。

 

肝臓の機能を表す項目として紹介されている【ALP】についての知識を高め、将来の健康のためにぜひ参考にしてみてください。

 

 

【ALPとは?語句解説】

ALPは主に肝臓の状態を表す項目・数値です。
ALPは、「アルカリホスファターゼ」の略で、さらに細かく言うと、アルカリ性溶液中でリン酸エステル化合物を加水分解する酵素を指します。

 

主に肝臓に多量に含まれているので、ALPが高い場合、まず肝臓の機能低下を疑うのですが、ALPは「小腸・胎盤・骨」などにも若干含まれています。

 

したがって、高いALP値から病気を疑う場合は、他の肝臓数値である

 

・ALT(GPT)
・AST(GOT)
・γ-GTP
・ビリルビン

 

などの数値も合わせて、みていくことになります。

 

【ALPの働きについて】

 

【肝臓内】

肝臓におけるALPは食べ物などに含まれるリン酸化合物を分解する酵素であり、肝細胞や胆道系の上皮細胞の細胞膜に多く含まれます。

 

ALPは基本的に肝臓内でつくられ、胆汁の成分として排泄される仕組みになっています。

 

【骨内】

ALPは骨の成長に関係する骨芽細胞にも多く含まれています。

したがって骨が破壊されたり、骨がつくられるときには高い数値を示します。

 

骨芽細胞が活発な小児の成長期では2〜4倍ほどになりますが、病気でない限りは一過性の上昇に過ぎません。

 

【小腸】

小腸におけるALPは脂肪や糖の吸収に使われています。

 

また、胎盤にはALPが含まれており、特に妊娠30週以降では2〜3倍の高値を示すことがあります

 

【肝臓の細胞が壊れると・・・】

肝臓の細胞が壊れると、ALPは血液中に漏れ出し、血中ALP濃度が高まります。
したがって、ALP値によって、肝臓の細胞の弱体化を発見することができます。

 

【ALPの基準値】

ALPの基準値は種類によって違います。

ALPの基準値

種類

基準値

P−NP法

58〜200IU/L

ベッシーローリー法 

0.8〜2.9BLU

キンド・キング法

3.0〜10.0KAU

 

ALPが高値になる原因【病気の側面】

ALPが高い原因は、通常、細胞内や骨に存在するALPが何らかの原因で溢れ、血中に流れだすためです。

 

ALPは、肝臓をはじめとする様々な部位で活用されるため、高い原因は6つに分けられます。

 

たとえば、肝臓におけるALPが高い場合、胆汁の流れが滞っている事が疑われます。
胆管系が詰まることで胆汁が分泌されなくなる、又は滞ると、胆汁中に存在しているALPが胆汁ごと血液に逆流してしまいます。

 

ところが肝臓ではALPを生産し続けてしまうので、血液中のALPの量はどんどん増えていきます。

 

ALPが高かった場合には、ALPと同じ働きがあるが、分子構造が異なる酵素群「ALPアイソザイム」を測定します。

 

ALPアイソザイムは6種類あり、体に障害がある部位を特定することができます。

ALPアイソザイム別の疾病部位

ALPアイソザイムの種類

疾病部位

ALPアイソザイム1

閉塞性黄疸・限定的な肝障害

ALPアイソザイム2

肝疾患・胆道系の疾患

ALPアイソザイム3

子供に多い骨の病気・副甲状腺機能亢進症

ALPアイソザイム4

悪性腫瘍・妊娠後期

ALPアイソザイム5

肝硬変・慢性肝炎・慢性腎不全等

ALPアイソザイム6

潰瘍性大腸炎

 

上記の表の様に、特定した部位ごとに更に調べて原因を掘り下げていきます。

 

ALPのみ高い場合はどういう意味?

ALPのみ高い場合は、上記6つの病気の可能性が高いといえます。

 

他の数値は正常値で、ALPだけ高い場合、どの部位のALPが高いのかを6つの種類から割り出し、高い値を示している原因をみつけます。

 

いずれにしても臓器や骨がダメージを負い、血中にALPがあふれ出していることが原因ですので医師の指示に従い、原因を特定しましょう。

 

ALP以外にも数値が高い場合

ALPの上昇がみられた場合には、ALT(GPT)やAST(GOT)、γ-GTPなども関連付けて診断していきます。

 

ALT(GPT)やAST(GOT)の値にも上昇がみられる場合には、肝臓や胆管系での障害が疑われます。
肝硬変、栄養過多による脂肪肝など、肝臓の慢性的な疾患などが挙げられます。
胆管狭窄閉塞肝臓内のうっ血などでは、γ-GTPも上昇します。

 

参考)γ-GTPを下げる方法|基準値|高い原因
参考)ALT(GPT)を下げるには|基準値|高い原因

参考)AST(GOT)を下げるには?基準値・高数値になる原因を解説

 

また、血液型のB型とO型の分泌型では、脂肪が多く含まれる食事を摂取した後で上昇する傾向にあります。

 

肝臓は、私たちが眠っている間も休まず、24時間働き続けています。過度の飲食飲酒喫煙なども、ALPが上昇する大きな要因です。

 

生活習慣を変える・または肝臓の働きを一層高める取り組みが、健康なあなたの将来を作ると言っても過言ではありません。

 

ALP値を高くする生活習慣

ALPは全身の広範囲に存在する酵素ですから、生活習慣の影響を受けやすいものです。

数値が高くなってしまう原因となる生活習慣にはどんなものがあるのでしょうか?

 

運動不足

慢性的な運動不足が続くと消費エネルギーが減少し、食事から取り込んだエネルギーは中性脂肪として体内に蓄積します。

 

中性脂肪が増えることで肝臓の負担が大きくなり、脂肪肝が肝臓の機能低下を招いて、ALPが高くなってしまいます。

 

食べ過ぎ

食べ物に含まれる脂肪や糖は小腸で吸収された後、肝臓に運ばれて代謝されています。
ALPは小腸や肝臓に負担がかかると高い数値になりやすいため、食べ過ぎには注意が必要です。

 

飲み過ぎ

 

糖を多く含む清涼飲料水や炭酸飲料水は食べ物と同じく過剰摂取に気をつけたいところですが、特にアルコールには注意しなくてはなりません。

 

摂取したアルコールは肝臓によって分解されますが、有毒物質を含んでいるために他の代謝機能よりも優先されます

 

飲みすぎれば、それだけ肝臓の働きが低下してしまうので、中性脂肪が蓄積しやすくなるのです。

アルコールが原因のアルコール性脂肪肝でも肝機能が低下しますので、飲みすぎないようにしましょう。

 

参考)肝臓の機能回復の食事・成分情報まとめ

 

ALPを下げる方法は?

ALPを下げるには肝臓に負担をかけていると感じている場合、飲酒疾病ストレス・その他生活習慣等を改善させることが大切です。

 

ALPを肝臓の働きは40階建てのビルに相当すると言われています。人工的に代役を担うことはほぼ不可能。だから肝臓は大切にする必要があるのです。

 

ALPを下げて肝機能を高める・正常化するには、肝臓の働きを底上げしてくれる食品として有名な「しじみ・牡蠣・チーズ」などを積極的に摂取し、なおかつ

 

・アルコール
・タバコ
・暴飲暴食

 

などを控える生活習慣が求められます。

 

肝臓サプリメントも、費用対効果が優れランニングコストが安くすむ健康法の一つです。

 

自分の肝臓は、自分でしか労われません。酷使すればしただけ、病気となりあなたに降りかかります。

 

病気になり膨大な医療費等で後悔する前に、まず食生活を中心とした生活習慣を変えてみてはいかがでしょうか

 

肝臓の機能を高める成分

ALPは肝臓に多く存在していますから、数値を下げるなら肝機能を高めると効果的です。

肝機能を向上させてくれるいくつかの成分をここでご紹介します。

 

オルニチン

 

しじみに豊富に含まれているオルニチンは、肝細胞内のアンモニア代謝経路であるオルニチンサイクルを構成する成分です。

オルニチンサイクルを活性化させることにより肝臓本来の機能を保ち、エネルギー産生を助けます

 

飲酒に伴うストレスや疲労を軽減する効果もありますので、日常的にアルコールを摂取する方にも適しています。

 

亜鉛

牡蠣やレバーなどに含まれる亜鉛はアルコールの分解酵素の材料となる成分です。

アルコールを摂取した時には大量に消費されるため、飲酒習慣があるなら積極的に摂るようにしたいですね。

 

また、新しい細胞を作り出すためには亜鉛が必要です。

乱れた生活習慣によって壊れた肝細胞を回復し肝機能を高めてくれます。

 

クルクミン

 

ウコン特有の成分であるクルクミンには胆汁の分泌促進作用があります。

胆汁中の胆汁酸の材料となるコレステロールを効率良く減らし、肝臓の解毒機能を高めることで肝機能向上に働きかけます。

 

クルクミンは抗酸化作用もあるため、ストレスや疲労から発生する活性酸素を減らし、肝細胞のダメージを抑えます

 

タウリン

牡蠣やイカに含まれるタウリンには肝細胞をスムーズに再生させる働きがあり、肝機能を正常にしてくれる成分です。

アルコール摂取時には分解酵素のサポートをし、肝臓の負担を減らします。

 

中性脂肪を体外に排出する働きもありますので、脂肪肝を予防・改善して肝機能を高めます。

 

スルフォラファン

スルフォラファンはブロッコリーやキャベツなどに多く含まれています。

肝臓ではさまざまな有毒物質を無毒化する働きがありますが、スルフォラファンはこの解毒機能をサポートする成分です。

 

 

スルフォラファンには活性酸素を減らす抗酸化作用があり、持続力が高いことでも知られています。

これに代謝や分解に関わる酵素の生成を促進する効果も加わって、肝臓の負担を大きく減らしてくれます。

 

 

【ALPのポイントまとめ】

@ALPの上昇は肝臓が弱体化しているサイン。
AALPの種類によって疾病箇所がわかる。
BALPの高値だった場合、生活習慣を変え、肝機能を高める必要がある。

 

【目的別】お悩み解決ページ

肝臓と病気

肝臓と食事

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

肝臓数値

煙草

しじみの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック