MENU

肝臓サプリにしかない3つのメリット

 

 

 

サプリメント利用者は多い


参考) 消費者の「健康食品」の利用に関する実態調査

 

厚生労働省の表からもわかるとおり、サプリメント利用者は約6割。以外にも2人に1人以上がサプリメントを使っているんです。

 

肝臓って負担がかかるとすぐ数値に出たり、お酒が抜けなかったりしますよね。
お酒が大好きだと脂肪肝にもなりやすいし。

 

本当は若い頃と今をしっかり区別して肝臓をケアしてあげないとだめなんです。

 

でも価格や、なんとなくで肝臓サプリを選んでしまうと途中でめんどくさくなったり、全然効果が感じられなかったりするんです。

 

そんな時に、肝臓に本当に大切な種類の栄養素を、1日の摂取量分きっちり摂れる肝臓サプリに出会ったんです。

 

しっかり納得して購入できたので、あれこれ試さなくて良い分コスパが高くて本当に満足しています。

 

 

肝臓サプリの選び方の3つのポイント

 

 

肝臓に良い栄養素って、オルニチンや亜鉛以外にもタウリンやクルクミン、ウコンとかいろいろありますよね。

 

ようは体に良い食べ物なら肝臓にもいいって言うこと。

 

だけど、肝臓を集中して対策したいなら絶対に外してはいけないのがオルニチンと亜鉛なんです。

 

なぜかって言うと、オルニチンと亜鉛の効果はお酒の悩みから肝臓数値、脂肪肝改善と効果がとっても幅広いから。

 

絶対に選んじゃいけないのが、成分の種類が多いけど配合量が少ないやつ。
だって成分量が少なければその分効果も薄れてしまいますからね。

 

 

 

オルニチンは万能な肝臓の特効薬です。

 

内臓脂肪を燃やし、脂肪肝の改善・予防
肝臓数値改善効果
二日酔い等のお酒によるネガティブの予防

 

1つの成分でこれだけの効果があるのはオルニチンだけです。

 

出典)研究11 オルニチンの肝機能改善効果の検証

 

摂取するときは、厚生労働省が摂取目安としている

 

800mg以上

 

を目安として補うようにしましょう。

 

 

 

亜鉛も言わずと知れた肝臓に良い栄養素。

 

オルニチンは肝機能向上してくれるのに対し、亜鉛はダメージを即座に回復してくれるサポート役のような成分です。

 

厚生労働省では、1日

 

12mg

 

を推奨しているので、意識して摂取していきましょう。

 

人気肝臓サプリを比較

効果がてきめんでも、価格があまりに高くてはまた一つ悩みが増えるだけです。

 

こちらでは、

 

オルニチン
亜鉛

 

をメイン成分とした人気肝臓サプリのコスパ比較を行いました。

オルニパワー

レバリズムL

ヘパリーゼZ

価格 4680円⇒500円 5980円⇒980円 6480円⇒3240円
1日あたり
返金保証
脂肪肝対策
肝臓数値対策
二日酔い対策
コメント

必要な成分量が
最も豊富

満足度が高い

成分が少ないのに
高い

公式サイト ⇒公式ページへ ⇒公式ページへ ⇒公式ページへ

 

肝臓サプリおすすめランキング

肝機能改善に必要な

・成分の種類
・含有量
・価格

の3つの側面から、最もおすすめな順に肝臓サプリをランキングにしました。
ぜひ参考にしてみてください。

 

1位 オルニパワーZnプラス

 

 

 

オルニパワーZnプラスの最大の特徴は、

・オルニチン800mg
・亜鉛12mg

を配合しているところです。

 

肝臓数値に有効なオルニチンの1日の目安量
肝臓修復に必須な亜鉛の1日の目安量

 

この2つを1回4粒で補うことができます

 

肝臓数値や脂肪肝、その他肝臓にかかわる全てのお悩みの解決にうってつけの肝臓サプリです。

 

 

 

500円キャンペーン実施中

オルニパワーZnプラスは、通常価格4,680円のところ、割引価格500円で購入することができます。

 

定期コースに申し込みが必要になりますが、1ヶ月目で停止することが可能です。
よりコスパに優れた肝臓サプリを求めるのであれば、オルニパワーZnプラスがおすすめです。

 

 

 

100日返金保障あり

オルニパワーZnプラスは100日間の返金保障を実施しています。

 

 

継続してみて、効果が感じられなかったなどの自己都合でも代金の返金に応じてくれます。

 

送料と事務手数料540円を差し引いた額の返金になりますが、2回の受け取りが合った場合、3,000円以上返金されるので、もしもの時も安心です。

 

 

 

 

2位 レバリズムL

 

 

レバリズムLは、

 

・肝臓数値
・脂肪肝

 

の2つで悩まれている方におすすめのサプリメントです。

 

「しじみ」と「亜鉛」を煮詰めてそのままカプセルにしている天然成分の肝臓サプリ。
燃焼成分である「オルニチン」をはじめ、「l-シスチン」「ビタミンE」「スクワレン」の独自成分が燃焼をサポートします。

 

肝臓数値を下げるために必要な「オルニチン」、燃焼に必要な「l-シスチン」を含む、唯一の肝臓サプリです。

 

 

 

undefined

お試しモニター価格990円

レバリズムLは5,980円⇒980円の約80%引きで購入することができます。

 

「送料・受け取り手数料」も無料ですので、980円以外かかる費用はありません。
月末までのキャンペーン中なのでお早めにご利用ください。

 

 

 

undefined

 

3位 ヘパリーゼZ

 

 

ヘパリーゼZは、

 

二日酔いを予防したい
お酒を飲むと体が痛い・具合悪くなる
すぐ赤くなって恥ずかしい

 

など、楽しく酔いたいのにお酒にネガティブな方のための肝臓サプリ。

 

ヘパリーゼはあちらこちらで販売されていますが、このヘパリーゼZはシリーズの中でも配合成分が一番豊富。
その種類は、取り上げている肝臓サプリの中で最多の5種類。

 

他の肝臓サプリとは異なり、お酒のトラブルに特化した成分内容なのでぜひ、お酒にネガティブな方に試していただきたい商品です。

 

 

 

undefined

今なら16%オフの3240円

ヘパリーゼZは、通販限定価格3240円で購入することができます。
限定価格は初回申込者のみ適応されるのでご注意ください。

 

 

 

undefined

 

肝臓サプリの効果

肝臓に良いサプリの効果は

 

@数値改善
A二日酔い&疲労改善
B脂肪肝改善

 

など、肝臓を良くする効果が多岐に渡り、治療費が高い肝臓の病気を予防したり、若い時には感じたことがなかった症状を緩和してくれるのです。

 

効果を知ることは正しい選び方を学ぶことにもつながります。

 

自分の悩みにはどんなサプリが必要なのか、「効かない」肝臓サプリを選ばない為にも「効果ある・効く」肝臓サプリを選んでお悩みを改善させましょう。

 

肝臓サプリは数値対策にも!

肝臓サプリは、機能が低下している肝臓の回復・機能を向上してくれるサプリメント。

 

機能低下を肝臓サプリで食い止め、働きを高めることで高い肝臓の健康診断数値を改善してくれます。

 

肝臓が機能低下したときのサインには
・γ-gtp
・alt(gtp)
・ast(got)
・ビリルビン
などが高くなる傾向にあります。

 

肝臓サプリはこれらの肝臓数値が下がるのを目で確かめられるので、肝機能向上を肌で感じられるでしょう。

 

特に胆嚢の機能が低下している際に敏感に数値が高くなる「γ-gtp」に対しては肝臓サプリで強化してあげることで改善・予防が期待できます。

 

オルニチンが数値改善にもおすすめ!

具体的な肝臓数値改善成分は「オルニチン」です。

 

オルニチンは成長ホルモンを活性化させることによって新陳代謝を高めます。

 

脂肪肝などで肝機能が低下している場合、新陳代謝を高めることで肝臓や内臓についた脂肪を代謝し、機能を正常化させることで肝臓を強化し、数値を改善するのです。

 

 

肝臓サプリは疲労回復にも効果を発揮!

肝臓サプリは「なんだか最近疲れがとれない・・・」と感じている方の疲労回復にも効果バツグンです。

 

疲労を感じる理由は、肝臓がダメージを負い、肝細胞が減少していることが原因の一つにあります。

 

肝臓は人工的に機能を代用しようとするとビル1棟分にもなります。
この機能を支えているのが肝細胞で、お酒などによってダメージを負うと機能が果たせなくなります。

 

肝臓サプリで肝細胞の回復を促すことで機能低下から肝臓を守り、疲労を感じない元気な体に導きます。

 

肝臓サプリの亜鉛が回復をサポート

肝臓サプリの亜鉛は、ダメージを負った肝臓を修復・再生するときに必要にな成分です。

 

肝細胞をしっかり回復させるにはタンパク質が必要で、そのタンパク質を作り出すために必要なのが亜鉛です。

 

しっかり補給することでダメージを負ってもすぐ回復する強い肝臓にしてくれます。

 

マカを含む肝臓サプリも疲労回復におすすめ

マカはビタミンやミネラルなど、肝臓の細胞が回復する栄養素を豊富に含んでおり、疲労回復にも効果的です。

 

必須脂肪酸などの栄養素も豊富なので、日々細胞が生まれ変わる肝臓をサポートし、常に新しい肝臓にしてくれます。

 

しかし科学的に合成したビタミン剤はデメリットになる可能性もあるので、天然成分で作られた肝臓サプリを選ぶようにしましょう。

 

肝臓サプリはお酒悩みに最強効果!

肝臓サプリはもちろん、お酒にまつわる悩みを根こそぎ解決してくれます。

 

お酒を飲んだとき、人によっては具合が悪くなったり、昔よりも二日酔いになりやすくなったり。そのせいで飲み会が楽しくなくなり、お酒を飲むこと自体ネガティブになったり。

 

しかし肝臓サプリはお酒を分解する肝臓の力を強力サポート&保護して、お酒にまつわる悩みを解消してくれます。

 

肝臓サプリのクルクミンはお酒の分解をサポート

肝臓サプリに多く配合されているクルクミン・セサミンは、お酒の分解(解毒作用)を助ける成分です。

 

お酒を分解するのは肝臓が担っていますが、肝臓が機能低下に陥っていると分解するための肝臓の酵素がスムースに生産されず、二日酔いや悪酔いなどの症状をきたします。

 

クルクミンやクルクミンには肝臓のアルコールをはじめとする毒素のデトックス作用を底上げし、楽しいお酒の時間をサポートします。

 

肝臓サプリでミネラル・ビタミンをしっかり摂ろう!

肝臓サプリに含まれるミネラル・ビタミンは、お酒による体のだるさなどを緩和する栄養素。

 

ビタミンやミネラルが不足すると、肝臓のアルコール分解が滞り、二日酔いや頭痛、関節・筋肉の痛みなどをきたします。

 

しっかり肝臓サプリでビタミン(ビタミンB群を中心として)やミネラルを補給することでこれらの症状を予防・ケアすることが可能です。

 

肝臓サプリで脂肪肝を対策!

肝臓サプリには脂肪を燃焼・分解し排出してくれる成分も含むことから、肝臓のお悩みでとても多い「脂肪肝」を予防・改善するのにも効果を発揮します。
効率よくダイエットするためにも、次のような成分を含む肝臓サプリを選び、対策していきましょう。

 

肝臓サプリのオルニチンで脂肪肝改善

オルニチンには脂肪を燃やす燃焼作用を高める働きがあり、脂肪肝対策にはうってつけです。

 

脂肪肝は肝臓に余分な脂肪がついてしまった状態。摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと、肝臓は備蓄エネルギーとして自分(肝臓)に蓄えようとします。
この蓄えが消費されずに蓄積し続けると脂肪肝になります。

 

オルニチンはその脂肪に働きかけ、しっかりと燃焼を促すことで脂肪肝を強力に対策してくれます。

 

タウリンもオルニチン同様脂肪肝に効果的で、血糖値を下げる作用もあるので結果的に脂肪肝対策にもおすすめです。

 

肝臓サプリのタウリンが脂肪肝に効果!

肝臓サプリに含まれるタウリンは血中の脂肪を排出することから、脂肪肝を緩和する働きがあります。

 

脂肪肝の最大の原因は食べ物に含まれる脂肪が肝臓に蓄積することです。

 

タウリンは食事によって摂取した脂肪を蓄積させる前に排出する働きがあるので 、脂肪肝にも効果的です。

 

肝臓サプリは安全

 

 

 

 

肝機能低下が低下する原因は、病気の場合を除き全て生活習慣の中にあります。

 

こちらでは代表的な肝臓に負担をかける原因についてみていきます。

 

アルコールの飲みすぎ

アルコールの飲みすぎは肝臓に負担をかけ、機能低下に拍車をかける大きな原因です。

 

お酒の種類は関係なく、アルコール自体肝臓に負担がかかるのです。

 

また、ビールなどのお酒と一緒に食べるおつまみにはカロリーが高いものが多く、アルコールと一緒に摂取することでより肝臓に負担が大きくなります。

 

大食い

大食いも、肝臓に負担をかける大きな原因です。

 

肝臓はアルコールだけでなく、食事で摂取した食べ物も分解し、エネルギーに変える機能を果たしています。

 

大食いは一度に大量の分解を強いるため、そのぶん肝臓に負担をかけます。

 

極端に味が濃いもの、辛いものなども肝臓に負担になるので注意しましょう。

 

肝臓には薬や漢方も負担になっている

肝臓には過剰なサプリ摂取以外に、薬の服薬や漢方も負担になる場合があります。

 

薬は血流に乗って肝臓に届き、分解され症状に作用します。
サプリ同様、肝臓が分解を担っている以上、薬の摂取も肝臓に負担をかけていると理解しておきましょう。

 

 

肝臓サプリは肝臓に悪いって本当?

極端なサプリの摂取は肝臓に悪影響を及ぼす事がありますが、肝臓サプリを表示書き通り使用したぐらいでは肝臓に負担がかかったり、副作用などが起こることはありません。

 

しかし、高血圧や腎臓、膵臓、胆嚢などの治療薬を服用している場合は、低下させる可能性があるので注意が必要です。

 

また、あくまで病気を治すものではなく、予防や機能低下を改善するためのものと心がけることが大切です。

 

サプリの過剰摂取は肝臓に悪い

サプリメントの過剰摂取は肝臓に負担をかけるのは間違いではありません。
日々、何十錠もののサプリメントを毎日摂取している場合は摂りすぎと言えます。
その分肝臓に負担がかかっていると認識しましょう。

 

特に、アメリカなど海外で販売しているサプリメントは日本の基準で作られておらず、性分量が極端に多い場合があります。

 

そのようなサプリメントは少量でも毎日摂取することで肝臓に影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。

 

肝臓サプリも添加物に注意

肝臓に悪影響を及ぼすのが添加物で、サプリメントにおける注意点は、カプセルなどの添加物です。

 

食品添加物は肝臓の解毒作用(有害なものを無害にする働き)に負担をかける為、カプセルタイプではないものがおすすめです。

 

寝る前のサプリも肝臓には良くない

寝る前にサプリメントを摂取すると肝臓に負担をかけます。

 

睡眠は体や内臓を休める大切な要素ですが、寝る前にサプリメント摂取することで肝臓が休むことができず、結果的に肝臓に負担をかけてしまいます。

 

 

肝機能低下の症状

一般的に肝機能低下が起きている場合は自覚症状が無いと言われています。

 

しかしその本質は、肝臓が原因と断定できる症状ではない為、見逃しやすいという意味です。

 

もしかして肝臓が弱ってるのかな?と感じたときは以下の症状と照らし合わせてみましょう。

 

疲れが取れない

肝臓を痛める生活を送っている場合、「疲れが取れない」という症状が現れることがあります。

 

肝臓は、人が生命活動を行う副産物として生まれる疲労物質を無害化する働きをになっています(解毒という)。
この機能は肝臓の機能低下に伴って一緒に低下します。

 

肝臓に負担をかけている生活を送ると、疲れやすくなるのはこれが理由です。

 

黄疸

肝臓の機能が低下すると肌など、皮膚が黄色くなる「黄疸」症状が現れる場合があります。

 

この黄疸は、肝臓で分解され、排出される物質である「ビリルビン」が肝臓の機能低下により排出されず、滞留することで起こります。

 

ビリルビンは黄色い色素をもつため、肝機能が弱り、ビリルビンが滞留すればするほど強く黄疸が現れます。

 

ストレスなどによっても機能は低下しますので、肝臓に悪い生活を見直す必要があると受け止めましょう。

 

むくみ

肝臓の働きが弱いと「むくみ」が現れる場合があります。

 

むくみは、細胞内に水分が溜まりすぎて細胞が膨らんでしまうことが原因です。

 

細胞内の水分量を調節しているのは肝臓で、機能が低下しているとむくみにつながってしまうのです。

 

肝機能低下によるむくみは通常のむくみよりも治りにくいため、注意が必要です。

 

肝臓サプリの飲み方

肝臓サプリは食品よりも圧倒的に成分量を高めているため、飲み方を工夫するだけで効果を高めることができます。

 

しかし商品説明には飲むタイミングや飲み方、いつ飲むかは書いていません。医師に聞いたとしても言及は避けられます。これは、国がサプリメントを食品として扱っている為です。

 

肝臓エキス・牡蠣エキスなども同様で、食品として扱われるため、DHCで販売しているものにも飲み方の表示書きはありません。

 

しかし厳密に言うと肝臓サプリには効果を引き出す飲み方、症状を予防・対策する飲み方、タイミングが存在します。

 

酒を飲むときの肝臓サプリの飲み方

お酒を飲むときには、いつ飲むのか。基本的にはお酒を飲む前に肝臓サプリを飲みましょう。

 

肝臓はお酒や一緒に摂取した食べ物を代謝・分解する働きをになっています。
お酒を飲む前にしっかり肝臓に良い栄養素を補給しておくことで肝臓を保護してダメージから守ってくれます。

 

二日酔いにならない為の肝臓サプリの飲み方

二日酔いにならないためには、飲み会やお酒を飲んだ後に飲むのがおすすめです。

 

肝臓サプリは肝臓の働きを高める効果があるゆえに、自分のお酒の処理能力以上に飲んでしまい、余計に肝臓に負担になる可能性があります。

 

飲んだ後に肝臓サプリを飲むことで、お酒の量を自分で自制でき、必要以上のアルコール摂取を避けることができます。

 

飲み過ぎを抑えた上で肝臓サプリを飲むことでアルコールの分解がスムースに行われ、翌日に残ることを予防することができます。

 

寝る前までにしっかりサプリを飲み、栄養を補給しておきましょう。

 

肝臓サプリで疲労を改善させる飲み方

肝臓サプリで疲労を改善するには、飲み忘れをなくすことが大切です。

 

アルコールは一時的に飲むものなのでその前後に肝臓サプリを飲めば効果を感じることができますが、疲労改善には体に栄養素をしっかり貯蓄させていつでも引き出せるような体質改善が求められます。

 

自分で時間を決めて、飲み忘れがないように決まった時間に飲む習慣づけを心がけましょう。

 

肝臓サプリの安いものについて

肝臓サプリを選ぶ基準の一つにあるのは「安いかどうか」ではないでしょうか。

 

しかし安いから購入するというのはおすすめできません。

 

価格が安かったり、無料サンプルがあったりするのは購入者としてはうれしいものですが、実は生産国が日本ではなかったり、含まれている成分が違う偽物の商品も存在します。

 

また、無料サンプルやお試し無料などのうたい文句で消費者に購入させ、初回価格こそ安いが継続するととても高い金額を払わされたりするケースもあります。

 

さらに、定期購入を解約しようとしたときに高額な違約金を支払わされたり、解約ができないなどのトラブルに合うことも。

 

安いからといって安全性が保障されているわけではないので、安い価格だけをみて飛びつくのは気をつけましょう。

 

口に入れるものだからこそ、どのような視点で購入しなければいけないのかを解説していきます。

 

肝臓サプリは市販で買わないこと

肝臓サプリは市販で販売されているものもあります。
薬局・ドラッグストアや、コンビニなどでも手軽に販売されています。

 

しかし、肝臓を本気で改善させたいと考えているのであれば市販で購入するのはおすすめできません。

 

その理由は、「価格」に対しての「成分量」が少なすぎるからです。

 

例えば、肝臓サプリで数値改善を図るのであれば、研究データでは
・オルニチン800mg
が求められます。

 

しかし、このオルニチン800mgを配合している肝臓サプリは少ないのが現状です。

 

DHCの肝臓サプリも配合量は少ない

DHCの肝臓サプリは選んではいけません。
というのも、成分の種類は豊富ですが、それぞれの成分量がとても少量で肝機能回復に必要な量には圧倒的に足りないからです。

 

肝臓の働きを高めてくれるのは有効成分だけです。

 

コンビニやマツキヨなどの薬局・ドラッグストアなど、気軽に購入できるところで販売している肝臓サプリはその場しのぎの方がターゲットで販売されています。

 

「今日だけは悪良いしたくない」
「明日に響かないようにしたい」

 

という消費者を狙った商品であり、成分配合をしているので購入は控えましょう。

 

肝臓サプリを個人輸入するのは良くない

肝臓サプリを海外から輸入するのは一番おすすめすることができません。

 

その理由は、
・海外の法律で作られる
・海外の工場の品質が異なる
の2つです。

 

肝臓に良いサプリは日本以外にもアメリカやオーストラリアでも販売されていますが、日本とは法律がまったくことなります。

 

法律が異なるということは、サプリメントを定義している法律も異なるということです。

 

アメリカではサプリメントは「医薬品」として扱われ、成分含有量が日本の何十倍も凝縮して販売されています。

 

日本では手に入らない成分量を含むサプリメントが手に入る一方、簡単に取り過ぎになる危険性をはらんでおり、逆に肝臓に負担をかける恐れがあります。

 

品質が一定ではない可能性が高い

製造が海外で行われている場合、製造工程の違いによる品質の違いが著しく発生します。

 

特に中国で生産されているサプリメントは、生産環境が著しく悪いため、価格が安くても購入するべきではありません。

 

口から摂取するものであるサプリメントだからこそ、国内生産で作られた肝臓サプリを選ぶべきです。

 

肝臓サプリはコスパで選ぼう

肝臓サプリはコスパ(コストパフォーマンス)が優れているかで購入しましょう。

 

肝臓の為を思うなら、価格で選ぶよりも成分量が多く、価格も控えめの肝臓サプリがおすすめです。

 

安く買ったものは定着せずにすぐ出て行きがちです。

 

肝臓サプリも同様で、気軽に買えるものは本気で肝臓を良くしたいと思っている人にとってはデメリットになりがちです。

 

肝臓の健康は1日で手に入れられるものではありません。だからこそ、成分配合量が高く、なおかつ続けやすい価格の肝臓サプリを選び、肝機能向上を図っていきましょう。