MENU

一番の原因である食習慣。総ビリルビンを下げるなら食事から改善を。

 

食事は毎日とるものだからこそ、その質やバランス食べ方などが重要になってきます。
しかし、毎日体に良いものを食べるとなると、お金や時間などがかかります。

 

肝臓はよく、体の貯蔵庫として例えられる事が多い臓器です。これは、肝臓が余分な栄養を蓄え、もしもの時にそこから切り崩す働きも担っているからです。

 

ダイエットなどで栄養が著しく得られない場合、肝臓という貯蔵庫に溜め込んだエネルギーを使うのですが、それが長期に及ぶと、それだけで肝臓への負担が増すことになります。

 

なんといっても食生活が健康な肝臓への近道。正しい知識を身につけて健全な肝臓を目指しましょう!

 

 

 

【食事方法について】
今、栄養バランスというのがとても意識されていますが、それと並んで重要なのが食べ方です。
・好きなものだけを食べる偏食
・暴飲暴食
・食事制限ダイエット
などはその時だけの満腹感をもたらし、体には負担だけが残ります。

 

食べたものや飲んだ栄養の管理・処理のほとんどに肝臓が関わります。
上記の偏食等の分だけ肝臓に負担が増します。

 

 

【添加物と肝臓の関係】

 

肝臓は【解毒】という機能を担っています。これは、体に害となる物質を無害に変える機能で、人体にとって最も重要な機能の一つになります。

 

「アルコール」や「薬」はそもそも体に害なので、肝臓の働きによって無害化されるのですが、意外と知られていないのが食品添加物です

 

食品添加物も「アルコール」や「薬」と同じく肝臓の解毒機能に負担をかけ、機能を低下もたらします。

 

添加物の主なものは、甘味料や着色料・香料などが知られていますが、そのほかにも保存料や乳化剤、酸化防止剤、苦味料など、パッケージの裏を見るとさまざまなものが記載されています。

 

現在では健康食品を主に取り扱うショップで、添加物フリーといううたい文句でオーガニック製品なるものが販売されていますが、実際には甘味料と着色料だけがフリーだったりと、一部だけフリーの食品というのもたくさん販売されています。

 

肝臓に気を配る場合は、そこまで見る必要があるというのを忘れてはいけません。

 

 

関連ページ

アナタはどれくらい知っている?聞いて驚く肝臓の働き
総ビリルビンは肝臓と直接的に関係しています。そんな普段気にすることがない肝臓の働きを詳しく解説しています。
ストレスは総ビリルビンを高くする原因!その理由とは?
総ビリルビンはストレスからも影響を受けてしまいます。ストレスが多い現代において、総ビリルビンを下げるにはどのような取り組みが必要か詳しくまとめています。
タバコはビリルビンへの影響が少ない!?本当の答えはこちら
総ビリルビンはタバコの悪い成分によって影響を受けてしまいます。どんな成分がどのように総ビリルビンに影響を与えてしまうのかについて解説しています。
お酒・飲酒・アルコールは逆に総ビリルビンを下げる?最新医学情報へ!
総ビリルビンはお酒などのアルコールによって甚大な影響を受けてしまいます。こちらではそんあアルコールの影響を詳しく解説しています。