MENU

活性酸素とはどんなもの?

活性酸素は体内で常に存在している物質です。
酸素の2%が活性酸素となり細胞を守っているのですが、増えすぎてしまうと細胞にダメージを与えて老化を促進させてしまうため、健康に悪影響を及ぼしかねません。

肝臓と活性酸素の関係とは

肝臓は代謝や解毒、胆汁生成など健康維持に重要な働きをしている器官であり、酸素を大量と必要とすることから活性酸素が発生しやすい性質があります。

 

肝臓において活性酸素はウイルスや細菌から細胞を守る働きがありますが、先述したように過剰産生されてしまうと正常な肝細胞にダメージを与えます。
老化した肝細胞は機能低下してしまいますので、全身にさまざまな影響が出てしまうのです。

 

 

肝臓にはSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という酵素が備わっていて、本来であれば活性酸素を無害化することができます。
しかし、SODをつくり出す力は一般的に40歳前後から低下する傾向にありますから、なんらかの方法で活性酸素を除去する必要が出てきます。

活性酸素を除去・軽減する方法について

毎日を健康に過ごすためには活性酸素を除去・軽減したいものですが、どんな方法があるのでしょうか?
ここからは活性酸素を除去するうえで実践しやすい方法を解説していきます。

 

活性酸素の除去方法@ 食べ物

活性酸素を除去する抗酸化作用をもつ有効成分を食べ物から摂取することにより、活性酸素を除去する方法です。
影響を大きく受けやすい肝臓の機能改善にも効果的です。

 

ビタミンA(カロテン)

緑黄色野菜に多く含まれるカロテンには抗酸化作用があります。

 

〈カロテンが含まれる食べ物例〉
・カボチャ
・ニンジン
・ピーマン など

 

ビタミンE

ビタミン群のなかでも抗酸化力に優れているのがビタミンEです。
脂質が多い食べ物に含まれています。

 

〈ビタミンEが含まれる食べ物例〉
・ナッツ類
・ゴマ油
・アボカド

 

アリシン

香味野菜のにおい成分であるアリシンもまた、強い抗酸化作用を持っています。
少量で摂取することが多いと思いますが、他の食べ物と併せることで効果をアップさせてくれますよ。

 

〈アリシンが含まれる食べ物例〉
・ニンニク
・ショウガ
・セロリ など

 

ポリフェノール

ポリフェノールはさまざまな食べ物や飲み物から摂取しやすい抗酸化成分です。

 

〈ポリフェノールが含まれる食べ物例〉
・ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類
・緑茶
・紅茶
・ワイン など

 

同じく抗酸化成分であるカテキンも含む緑茶は活性酸素を除去しやすい飲み物の代表格です。

 

活性酸素の除去方法A サプリメント

サプリメントは栄養素や有効成分を組み合わせて配合しており、活性酸素の除去や軽減を効率化することができます。
ここではサプリメントのメリットについて解説します。

 

効率良く抗酸化酵素を増やすことができる

抗酸化酵素は活性酸素を除去する働きをもっており、たんぱく質とミネラルから合成されます。

 

・SOD
・GSH-Px(グルタチオンペルオキシターゼ)
・カタラーゼ

 

この3種類の酵素が関連し合うことによって活性酸素が減らされていきますが、そのためには多くの栄養素を必要とします。

 

・亜鉛
・鉄
・銅
・マンガン
・セレニウム
・ビタミン
・酵素
・たんぱく質

 

亜鉛や鉄などのミネラルは食生活の変化に伴い、ほとんどの人が推奨摂取量を満たしていません。
サプリメントであれば食事からの摂取が難しいミネラルを取り入れやすくなりますので、結果的に抗酸化酵素を増やすことができるのです。

 

少ない負担で抗酸化物質を取り込める

抗酸化酵素は体内で合成されるので加齢や生活習慣などの影響を受けますが、植物に存在する抗酸化物質が配合されているサプリメントなら必要量をそのまま取り込むことができます。

 

・カテキン
・カロテノイド
・ケルセチン
・アントシアニン
・イソフラボン

 

といった植物由来の抗酸化物質は食べ物から摂取しようとするとかなりの量が必要になります。

 

有効成分だけを凝縮したサプリメントは錠剤やカプセルなどで手軽に飲めますから、毎日の負担が少なくなります。
肝機能向上効果も併せもつサプリメントを選べば、肝臓の働きが正常化されてさらに活性酸素を除去しやすくなるでしょう。

 

活性酸素の除去方法B 運動

適度な運動もまた、活性酸素を除去することができる方法のひとつです。
運動によってどのような効果が期待できるのでしょうか?

 

運動による活性酸素への効果

・抗酸化物質の産生
運動時にはエネルギー物質のATPが代謝されて尿酸が産生されたり、体内の酸素が不足することでビリルビンという色素が増えます。
乳酸やビリルビンは強力な抗酸化物質であるため、運動をすることで活性酸素を除去しやすくなります。

 

 

エネルギーを産生するためには中性脂肪が消費されますから、肝臓の負担を減らす点からみても運動は効果的ですね。

 

・SODの活性化
SODは運動によって活性化されることが分かっています。
運動に伴って活性酸素である過酸化水素も多く産生されてしまいますが、すぐに分解されるので特に問題はありません。

 

 

運動前に過酸化水素を分解するビタミンCを摂取しておけば、効率よくSODを活性化できるようになりますよ。

活性酸素はそもそもどんなもの?

活性酸素は増えすぎると身体に悪影響を及ぼす物質です。
といっても活性酸素は4つのタイプがあり、それぞれに違った形で悪影響を与えてくるのです。

 

・スーパーオキサイドラジカル
活性酸素の代表格であり、細胞内で行われるエネルギー代謝の過程でできるため、呼吸をしている限りは必ず発生してしまいます。
体内に侵入したウイルスや細菌に反応して大量発生する性質があります。

 

・過酸化水素
不安定なタイプの活性酸素で、強い毒性をもっているのが特徴です。

 

・一重項酸素
反応性が強く、他の活性酸素へと変化するタイプです。
紫外線やX線を浴びると皮下組織で大量発生し、がんを引き起こすこともある非常に毒性の強い活性酸素です。

 

・ハイドロキシラジカル
活性酸素のなかでも酸化力が最も強く、体内で増えると死亡率が高まります

 

 

活性酸素は細胞ひとつひとつを酸化させることで身体を老化させていきます。
さらに細胞膜を破壊するため、細胞内に活性酸素が侵入して核を攻撃し、さまざまな症状や病気をもたらしてしまいます。

活性酸素が増える原因とは

活性酸素は本来、全体の2%程度の発生率ですが、さまざまな原因によって大量発生してしまうことがあります。

 

・激しい運動
・飲酒や喫煙
・ストレス
・強い紫外線を浴びたとき
・細菌やウイルスが侵入したとき

 

全身機能を維持するために働いている活性酸素ですから、健康にとって有害なものに過剰反応してしまうというわけです。
活性酸素が増える最大の原因はストレスと言われていますので、ストレス社会で生きていくうえで余分な活性酸素をどのように除去していくかが重要になります。

活性酸素が増えると現れる症状・病気まとめ

活性酸素が体内で増えていくと、全身にさまざまな症状が現れます。
ここではよく見られる症状や病気をまとめました。

 

活性酸素によって引き起こされる症状や病気

活性酸素が発生しやすい、または抗酸化酵素が少ない部位では特に症状が現れやすくなります。

 

皮膚・目のトラブル

紫外線によって大量発生しやすいヒドロキシラジカルを中心に、皮膚は活性酸素の影響を大きく受けます。

 

・しわ
・しみ、そばかす
・アトピー性皮膚炎

 

また、目の水晶体も活性酸素の影響が出やすい部位であるため、白内障を発症しやすくなります。

 

関節炎

関節には活性酸素を除去する抗酸化酵素が少なく、集中的にダメージを受けやすいものです。
加齢に伴うリウマチ性関節炎では炎症や痛みが悪化する傾向にあります。

 

生活習慣病

生活習慣病を引き起こす原因である悪玉コレステロールは、活性酸素と結びつくことにより酸化されて血管内に付着しやすくなります。
血管が酸化することでボロボロになったり、通り道が狭くなったりするので以下のような生活習慣病リスクを高めます。

 

・高血圧
・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞

 

活性酸素は病気の原因の90%を占める

活性酸素は細胞を酸化することで老化を招き、さまざまな病気のもとになります。

 

病気の原因のうち、90%に活性酸素が関与しているという研究結果もあるほどです。

 

これまで老化は加齢によるものだと考えられてきましたが、最近では活性酸素が引き起こすものだと判明していますし、実年齢よりも体内年齢が高いケースがしばしば見られます。
だからこそ活性酸素を除去・軽減することが健康につながると言われているのです。

 

 

肝臓は健康維持において重要な役割を担っている器官ですから、活性酸素ができるだけ影響しないように食事やサプリメントなどで必要な栄養素を補っていきたいものです。

関連ページ

アナタはどれくらい知っている?聞いて驚く肝臓の働き
総ビリルビンは肝臓と直接的に関係しています。そんな普段気にすることがない肝臓の働きを詳しく解説しています。
ストレスは総ビリルビンを高くする原因!その理由とは?
総ビリルビンはストレスからも影響を受けてしまいます。ストレスが多い現代において、総ビリルビンを下げるにはどのような取り組みが必要か詳しくまとめています。
気を付けている人ほど危ない?!総ビリルビンを高くする食習慣トップD
総ビリルビンを上げる悪い習慣をまとめています。総ビリルビンは逆を言うと、生活習慣で回復する可能性も
タバコはビリルビンへの影響が少ない!?本当の答えはこちら
総ビリルビンはタバコの悪い成分によって影響を受けてしまいます。どんな成分がどのように総ビリルビンに影響を与えてしまうのかについて解説しています。
お酒・飲酒・アルコールは逆に総ビリルビンを下げる?最新医学情報へ!
総ビリルビンはお酒などのアルコールによって甚大な影響を受けてしまいます。こちらではそんあアルコールの影響を詳しく解説しています。