MENU

肝臓・肝臓数値や健康診断数値を高める原因解説!

 

肝臓は人体の血液ろ過機能をはじめ、多くの機能を担っている臓器になります。
そんな肝臓には人体に含まれる血液の約4分の1が集められ、血中に含まれる、いらない有害物質をろ過し、人体に無害な形に変える機能が24時間休まず行われています。

 

ろ過しなければいけない有害物質が多ければ多いほど、肝臓には負担がかかります。本来の機能が後回し、又は遮られるのですから、結果、総ビリルビンが高くなる原因になります。また、同時に肝機能が低下してしまう原因でもあります。

 

その状態がずっと続くと、肝疾患(肝硬変・肝脂肪・肝癌)などの取り返しがつかない病気を発症してしまうリスクを高めます。

 

中には肝臓の機能を向上するサプリというものもあります。
もし、肝臓が気になるようであれば、そのようなサプリメントを摂るのもおすすめです。

 

お酒を飲んだ日にしじみの味噌汁を飲むと、次の日スッキリするのはしじみの有効成分のおかげで、そんなしじみの成分が1粒で数百個分摂れるので、肝臓をいたわりたいのであれば本当にお勧めです。

 

 

われわれの体は、髪の毛や血液などすべてのものがこれまで口から食べたものや、してきたもので出来ているのはご存知だと思います。
運動不足や暴飲暴食、偏った食生活、これらが招くのはリスクしかありません。それを変えられるのはアナタです。

 

こちらでは肝機能の説明から、総ビリルビンを高くしてしまう生活習慣などについて説明しているので、総ビリルビンが高かった場合は自分の生活と照らし合わせてみましょう。

 

 

 

 

肝臓に悪い食べ物・成分情報記事一覧

肝臓という単語を知っていても、その機能(肝機能)を知っている人は少ないのが事実です。肝臓に関する数値が血液検査等で判明した際、その数値を下げる取り組みも必要ですが、まずは肝臓の仕組み・働きを知ることが何より重要です。◆肝臓の仕組み・働き人体における肝臓の働きは次の通りです。@代謝A解毒B胆汁生成@代謝について肝臓の代謝機能は人体にとってなくてはならない機能の一つです。お肉を例にとって説明します。食...

落ち込んでいたり、イライラが続いたりすると胃が痛むように、体とストレスは深く関係し合っています。ではストレスはビリルビンにどのような影響を与えるのでしょうか?◆そもそも、ストレスは?人間は2極に分けると@リラックスしている状態A興奮している状態に分けることができます。生きていく上でどちらも重要ではありますが、そのバランスが重要になります。集中したい時にリラックス状態が続くと、仕事などに支障をきたし...

食事は毎日とるものだからこそ、その質やバランス、食べ方などが重要になってきます。しかし、毎日体に良いものを食べるとなると、お金や時間などがかかります。肝臓はよく、体の貯蔵庫として例えられる事が多い臓器です。これは、肝臓が余分な栄養を蓄え、もしもの時にそこから切り崩す働きも担っているからです。ダイエットなどで栄養が著しく得られない場合、肝臓という貯蔵庫に溜め込んだエネルギーを使うのですが、それが長期...

タバコは一説では子宮がんを低くするとう話がありますが、それでもデメリットが山のようにあります。タバコの成分には・血管を収縮る作用・血圧を高める作用があります。喫煙者には血液がドロドロ状態の人も多く、収縮した血管を通る血液の流が悪いと、それだけでポンプの役割をする心臓に強い負担を強いることになります。血液の流れが悪と、その分肝臓に届けられる血液量も少なくなります。肝臓の働きの一つに「血液の不要物を取...

【お酒は総ビリルビンにどんな影響を与えるの?】お酒というのは様々な種類があるので飲み比べを楽しめたり、飲むことでストレス発散になったりする、誰もが一度は飲んだことがあるものだと思います。確かに酔うことで気分がよくなったり、気になる人と接近することができたりと、たくさんのメリットもありますが、体には害以外の何物でもありません。【アルコールがなぜ害なのか?】アルコールは体内で分解されアセトアルデヒドと...

活性酸素は体内で常に存在している物質です。酸素の2%が活性酸素となり細胞を守っているのですが、増えすぎてしまうと細胞にダメージを与えて老化を促進させてしまうため、健康に悪影響を及ぼしかねません。