MENU

体質性黄疸って実は危ない?!種類別詳細情報まとめ

こちらでは数ある黄疸の種類のうち、【体質性黄疸】について詳しく解説しているページになります。

 

体質性黄疸という用語の解説から、その原因を細かくわかりやすく解説しています。

 

また、心掛けたい生活習慣や、体質性黄疸から発症が考えられる疾病・病気、さらに食生活など、体質性黄疸を広い視点で捉え、細部まで細かく説明しています。

 

 

体質性黄疸が強くなると、ビリルビンの働きによって体の色が黄色くなったり、見た目にも症状が表れ始めます。 これら以外にも、内臓などの病気の不安も抱くと思います。

 

成人してから発症するケースでは、特に治療を必要としませんが、自分が体質性黄疸であることを認識しておくことは大切です。また、アルコールの過剰摂取や極度の疲労、ダイエット、ストレスなどで黄疸が加速することがあります。

 

 

体質性黄疸も改善は、しっかりした知識を持ち不安を解消することから。
こちらでしっかり理解して、体質性黄疸を改善していきましょう!

 

 

黄疸とはそもそも何?

 

黄疸はその原因物質に【ビリルビン】というものが挙げられます。

 

 

 

ビリルビンは血中のヘモグロビンと呼ばれる、血液を赤く色づけしている物質が寿命を終え、崩壊するときに生成される物質です。

 

ヘモグロビンが崩壊して生成されたビリルビンは、それ自体が黄色い色素を有しています。

 

 

この黄色の色素をもつビリルビンが血中に増加することによって、黄疸が表面化します。

 

 

普通であれば血中にあるビリルビンは肝臓で生成される胆汁の酵素によって尿や便と一緒に排出されます。しかし、その過程のどこかで・もしくは複数の場所で障害が発生することで、血中のビリルビン濃度が増加し、血液検査や問診の際に数値の増加や黄疸を医師から指摘されてしまいます。

 

 

 

非抱合型ビリルビンと抱合型ビリルビン

 

ビリルビンには2種類あります。

 

【非抱合型ビリルビン】

 

ヘモグロビンが寿命を終えたのちに生成されるビリルビンを、【非抱合型(間接)ビリルビン】と呼びます。

 

ビリルビンは、毒性をもっている物質で、通常は血中に微量しか存在しません。また、そのままでは血中に留まり続け、増加しても尿や便と一緒には排出されません。

 

このままでは毒性があるビリルビンは増加し続けてしまいます。

 

 

 

【抱合型ビリルビン】

 

そこで、肝臓は【グルクロン酸抱合】と呼ばれる処理を行い、無毒化及び、水に溶けやすい水溶性のビリルビンに変換させます。

 

これによって尿や便と一緒に排出することが可能になる。

 

このグルクロン酸抱合を受けたビリルビンを【抱合型(直接)ビリルビン】と呼びます。

 

 

 

体質性黄疸と診断されたけど、どういうこと?

 

体質性黄疸は発生理由に起因して診断されます。

 

簡単に言うと、

・ビリルビンがうまく血中から減らない
・何らかの胆汁に起因する障害により、胆汁中のビリルビンが血中に漏れている

が原因となり、血中の黄疸の原因物質「ビリルビン」が増加している状態を指します。

 

 

それぞれのビリルビンにおける体質性黄疸の種類

 

【間接型優位のもの】
・ジルベール(ギルバート)症候群(Gilbert)
・クリグラーナジャ症候群(Crigler-Najjar)

 

【直接型優位のもの】
・デュビン・ジョンソン症候群(Dubin-Johnson)
・ローター症候群(Rotor)

 

体質性黄疸は上記のような種類分けができます。

 

 

自分の体質性黄疸はどれ?

 

体質性黄疸は、実際の所、4種類中3種類が非常に稀なものになるので、成人後に現実的に考えられるのは一つです。

 

【稀な黄疸】
・クリグラーナジャ症候群(Crigler-Najjar)
・デュビン・ジョンソン症候群(Dubin-Johnson)
・ローター症候群(Rotor)

 

【現実的に考えられる黄疸】
・ジルベール(ギルバート)症候群(Gilbert)

 

 

 

【まとめ】

 

黄疸はその表出場所によって見た目が気になったり、一般人でもその症状が確認できるので不安になる病気の一つです。
大体がそのままで、治療は必要が無かったりしますが、

・白目が黄色くて見た目が・・・
・黄疸の影響で痒みが・・・
・倦怠感がとれない・・・

という場合は、何らかの取り組みが必要になるかもしれません。

 

 

 

【当サイト推奨】
ビリルビンへの効果◎【オルニチンサプリメント3選】

 

「レバリズム・L」 肝臓サプリの代名詞!

・ビリルビンへの効果が検証されている「オルニチン」配合
・肝臓の細胞の修復・生産を助ける「亜鉛」もプラス!
・各種必須アミノ酸すべて配合
・原材料は全て日本産
・血液サラサラ効果アップの「スクワレン」配合
限定500名様限り

価格 容量 肝臓数値への効果 評価
4,980円980円(500名限定) 30日分 総ビリルビン,体質性黄疸,関係,

⇒レバリズム詳細ページはコチラ

 

⇒【レバリズム】公式ページはこちら

 

 

 

「スルフォラファン」 カゴメ株式会社

ALT/γ-GTP値改善が実験にて確認されたサプリメント
・大企業「カゴメ株式会社」が製造元
単品購入でも約半額の税込2,314円で購入可能(初回のみ)
・肉や魚からではなく、野菜の健康成分から抽出した確かな品質

価格 容量 肝臓数値への効果 評価
4,286円2,314円 30日分 総ビリルビン,体質性黄疸,関係,

⇒スルフォラファン詳細ページへ

 

⇒【スルフォラファン】公式HPへ

 

 

「やわたのしじみの力」 株式会社やわた

・お客様満足度94%の実績!
・栄養価が通常のものより倍の「黄金しじみ」が主成分
・1粒に約30個の黄金しじみを配合
・初回は半額1080円(送料・税込)
・肝臓エキスも300mg配合

価格 容量 肝臓数値への効果 評価
2,160円1080円 5日分 総ビリルビン,体質性黄疸,関係,

⇒詳細ページはこちらから

 

⇒やわた公式ページへ

体質性黄疸とビリルビンの関係記事一覧

ジルベール症候群という病名を聞いたことがある人は少ないかもしれません。ジルベール症候群はビリルビンに関係する肝疾患です。今回はジルベール症候群についてご紹介していきたいと思います。【ジルベール症候群ってどんな病気?】ジルベール症候群はジルベール・モイレングラハト症候群とも呼ばれる遺伝性の肝疾患です。遺伝的に酵素に異常があり、ビリルビンが体内に溜まりやすい体質です。ビリルビンの代謝がうまくできず、黄...