MENU

脂肪肝を改善したいんですがサプリメントは有効ですか?脂肪肝の症状・予防・改善法を教えてください。

脂肪肝の患者数は年々増加傾向にあるようです。
脂肪肝になるとどんな症状が出るのでしょうか。

 

甘く見てはいけない脂肪肝についてまとめてみました。

 

脂肪肝はどんな症状なの?

 

脂肪肝は肝臓に中性脂肪が蓄積する病気のことを言います。

 

かつてはあまり影響のないものだと考えられていましたが、現在では脂肪肝になることでさまざまな病気のリスクが高くなることが分かっています。

 

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれることもあり、脂肪肝は自覚症状を感じにくい病気です。
脂肪肝の症状として考えられるものは以下のとおり。

 

・肝機能の低下
・疲れがたまりやすい
・頭がぼーっとする

 

自分で脂肪肝だと判断することは難しいと思いますが、肥満体型や高カロリーな食生活を長期間続けている方は脂肪肝の恐れがあります。

4人に1人が脂肪肝になっている!

 

食生活の欧米化に伴い、脂肪肝の患者数は増加傾向にあります。

 

日本人の4人に1人が脂肪肝だと言われており、ここ10年ほどで男女ともに患者数は倍増しています。

 

脂肪肝はお酒をよく飲む人がなる病気というイメージがあるかもしれません。

 

しかし、2005年度の調査では非飲酒者の男性の38%、女性の21%が脂肪肝であるという結果が出ています。

 

つまり、お酒を飲まない人でも脂肪肝になる可能性はおおいにあるということです。

 

もしかするとあなたも隠れ脂肪肝になっているかもしれません。

 

脂肪肝の男女比は?

 

脂肪肝は女性よりも男性に多いようです。

 

アルコール性の脂肪肝患者は大半が男性ですが、非アルコール性の脂肪肝の場合には男女に大きな差はないと考えられています。

 

男性は30代女性は閉経前後である40代から急増しやすいと言われていますので、健康診断で中性脂肪コレステロールの数値が高い場合には要注意です。

 

症状がなくとも病院で腹部エコー検査などを受けるようにしましょう。

 

脂肪肝になるとどんなリスクがあるの?

 

脂肪肝そのものには生命を左右するようなリスクはありませんが、生活習慣病と併発すると

 

・肝硬変や肝臓がん
・心筋梗塞
・脳卒中

 

などの病気のリスクが高くなります。

 

脂肪肝は症状が出にくいため、早く発見して治療することが大切です。
脂肪肝は肝臓病のリスクを高める可能性があります。健康に過ごすためにも脂肪肝を予防しておきたいところです。

 

次に脂肪肝になる原因や予防法をチェックしてみましょう。

脂肪肝になる原因

脂肪肝とは肝細胞に中性脂肪が蓄積し、すべての肝細胞の30%以上が脂肪化した状態のことをいいます。
脂肪肝は、
【アルコール性脂肪肝】
【非アルコール性脂肪肝】
に分けられます。それぞれの原因をみてみることにしましょう。

 

アルコール性脂肪肝

肝臓には中性脂肪を蓄え、エネルギーとして代謝させる働きがあります。
しかし、過剰摂取したアルコールの分解は中性脂肪よりも優先されてしまうため、処理されないままの中性脂肪が肝臓に蓄積されてしまいます。

 

また、アルコールの分解の過程で肝臓になんらかの異常が起きた場合にも中性脂肪が蓄積されます。
アルコール性脂肪肝は飲酒する方にみられるタイプの脂肪肝ということですね。

 

非アルコール性脂肪肝

飲酒によらない脂肪肝の主な原因は肥満です。

 

肥満の方は糖を処理するホルモンであるインスリンの分泌が低下するため、肝臓に中性脂肪が蓄積されやすくなります。
同じくインスリンが低下しやすい糖尿病の方も、非アルコール性脂肪肝になりやすいといわれています。

 

妊娠後期に肝機能が著しく低下する急性妊娠脂肪肝は1万〜1万5千人に1人のまれな病気ですが、母子の生命に関わる恐れがあります。

 

脂肪肝の原因はアルコールと肥満がほとんどですが、運動不足や無理なダイエットもリスクを高めます

 

脂肪肝の予防法

脂肪肝を予防するためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

結論から言うと、脂肪肝の予防は生活習慣を見直すことが大切です。
・飲酒を控える
・高カロリーな食事を控える
・栄養バランスのとれた食生活
・適度な運動

 

普段お酒をよく飲むという方は意識的に量を減らすよう心がけるのも重要です。
また、野菜を中心にした食生活に変えることによって脂肪肝を予防するとともに、肥満を改善することもできます。

 

緑茶には肝機能を低下させる活性酸素を減らすカテキンが含まれています。
最近では肥満によるメタボリック症候群にも効果的とされていますので、積極的に飲むようにしてみてください。
また、サプリメントも視野に入れると食事における経済的負担や手間ひまが軽減されます。

 

しじみの成分で知られる「オルニチン」は、脂質の代謝を促進させ蓄積した脂肪を分解させる働きが明らかになっています。
牡蠣の有効成分である「亜鉛」は、細胞の再生を促進させるので、アルコールや暴飲暴食で傷ついた肝臓の細胞を修復してくれます。

 

食事によって有効成分を摂取するのは理想ではありますが、それだけに意識が集中してしまうと、運動する時間や、やらなければいけない義務に駆られてストレスが溜まったりしてしまいます。

 

自分のライフスタイルに合わせてサプリメントを取り入れ、脂肪肝を予防・改善していきましょう。

 

⇒肝臓機能サプリの代名詞!【レバリズムL】

 

⇒脂肪肝予防のための【食べる量・カロリー】をひと工夫で無理なく減らす方法

 

⇒肝脂肪改善のための脂肪燃焼バイブル

脂肪肝改善のための脂肪肝サプリメント【3選】

 

脂肪肝にアプローチするサプリメントはさまざまにありますが、それぞれ成分に特徴があり、価格もまちまち。
その種類は50種類以上あると思います。

 

こちらでは、脂肪肝サプリメントに配合されている成分がどう脂肪肝を改善させるのか、成分の解説も交えながらランキング方式でご紹介したいと思います。

 

脂肪肝を改善するには日常の生活習慣を改めることが求められますが、その取り組みの効果を引き上げ、効率的に改善させるのにサプリメントはとても役に立ちます。

 

【あの時始めていれば・・・・】

 

なんてことにならないように、できることから脂肪肝を改善・対策していきましょう。

 

 

【レバリズムL】

(500名様限定5,980円980円

 

 
【特記事項】
・初回5,000円オフ&送料・税込み
・お客様満足度業界最高97%
30日分の大容量
 
【配合成分】
しじみエキス
→オルニチン(脂肪燃焼効果、基礎代謝UP)
牡蠣エキス
→タウリン・亜鉛(肝機能向上・数値対策)
スクワレン
→不飽和脂肪酸(肝機能向上・新陳代謝を高める働き)
・全9種必須アミノ酸、L-シスチン、ビタミンB2、ビタミンE

 

【口コミ】

[30代後半 男性] 内臓脂肪がつきやすい体質らしく、脂肪肝との診断を受け、家族のためにレバリズムLをはじめました。慢性的で悩んでた疲れなども改善した気がします。

[40代後半 男性] 二日酔いになることが多く、健康診断の数値も基準値超えが目立ち始め、対策としてレバリズムLを購入。数値はおおむね良好です。二日酔いは確実に減りました。

[50代前半 男性] メタボリックシンドローム体型だからか、γ-GTPやALTが基準値超えのときが多くなり、今後の脂肪肝や肝硬変などの病気予防として続けています。お酒も飲まない日はないのですが、レバリズムLを飲んだ次の日とそうでない日ではかなり違います。

 

【管理人のコメント】
レバリズムLは肝機能へアプローチした脂肪肝サプリメントです。配合されている成分は、しじみ・牡蠣・ビタミンE・ビタミンB2、L-シスチンなど、どのサプリよりも配合成分が豪華です。
特にオルニチンやL-シスチンなどは肝機能を高めるだけではなく、脂肪を燃焼する作用が発見されダイエット業界でも注目の成分。
アルコールによる倦怠感・慢性的な疲労感・脂肪燃焼・肝臓数値対策など、マルチにこなす脂肪肝サプリメント。そんなレバリズムLはダントツのランキング1位です。

 

 

 

 

 

【イマークS】

3,240円1,080円(送料・税込み)

 

 
【配合成分】
・EPA600mg配合
・DHA260mg配合

 

【継続摂取の効果】
EPA・DHAは継続して摂取することにより脂肪肝の原因となる血中の中性脂肪の値を下げる働きをもっています。
4〜12週間、継続して一日イマークSを一本摂取し続けた結果、脂肪肝の元となる【血中中性脂肪値】が20%低下しています。
消費者庁による「EPA&DHAの評価」においても、【血中中性脂肪低下作用・心血管疾患】において最高評価の「A」判定がなされています。

 

【口コミ】

[40代前半 男性] 中性脂肪などの健康診断数値が高く、脂肪肝気味といわれ、子供の将来のためにも健康維持せねばとはじめました。あわせて食事も気をつけ、脂肪肝を必ず改善させたいと思います。

[50代前半 男性] メタボ体型で脂肪肝で、体質改善のためにはじめようとあれこれ探し、イマークSにたどり着きました。ちなみに2ヶ月で体重は4キロ落ちました。

[40代後半 男性] 大好きな晩酌や外食で太ってしまい、肝臓をいたわるために続けて2ヶ月になります。お酒を飲んだ後のすっきりした次の日はイマークSのおかげでしょうか?とても目覚めが良いです。

 

【管理人のコメント】
1位のレバリズムLとは対照的に、中性脂肪の減少に働きかけるのが「イマークS」です。脂肪燃焼ではなく、脂肪の蓄積を防ぐという視点から、脂肪肝にアプローチします。
運動をまったく行っておらず、脂肪肝や肥満を解消する狙いとして始めるならイマークS、基礎代謝を上げて脂肪燃焼効率を高めるならレバリズムLと使い分けるのがお勧めです。

 

 

 

 

 

 

【きなり】

6,150円1,980円(送料・税込み)

 

 
【特記事項】
15日間返金保証
・お客様満足度92.3%

 

【配合成分】
・EPA&DHA500mg
血中中性脂肪改善効果
・ナットウキナーゼ
血液サラサラ効果
・クリルオイル
肝機能・高脂血症対策に◎
・アスタキサンチン
→ビタミンEの1,000倍の抗酸化力

 

【口コミ】

[40代中盤 男性] 健康診断の数値がきになっていましたが、「きなり」を始めて、数値が全部大丈夫になりました。今まで悩んでいた脂肪肝や内臓脂肪も数値的に良くなったので、一安心です。

[50代前半 男性] お酒やおいしいものに弱く、そんな生活をしていたら肥満体型・脂肪肝に。そんなときに知人に進められはじめました。中性脂肪を下げるDHA&EPAは肝臓にも良いと聞いているので、これからが楽しみです。

[40代前半 男性] 食べすぎ飲みすぎで脂肪肝と病院で言われ・・・・。自分でも食事や運動をできる範囲で行っていますが、その効果を最大限引き出したくて「きなり」をはじめました。せっかくやるなら効率的に改善を図りたいですし。

 

【管理人のコメント】
2位のイーマークSと同様、血中中性脂肪の減少に効果があるEPA&DHAが豊富に配合された脂肪肝サプリメントです。
「きなり」はクリルオイルでEPA&DHAを包んでいるところがポイント。クリルオイルは「アスタキサンチン」と呼ばれるオリーブオイルの抗酸化作用をもたらす、ビタミンEの1,000倍の効果がある成分です。酸化せず体内にEPA&DHAを届けることが可能です。また、モンドセレクション2年連続受賞しています。

 

 

 

関連ページ

非アルコール性脂肪肝【NASH】は改善できる?自分で改善させる為には
非アルコール性脂肪肝で悩む方の改善方法や概要のまとめページです。非アルコール性脂肪肝は近年男女問わず増加傾向です。リスクを減らし、改善・予防に努めましょう!
メタボリックシンドロームのリスク・脂肪肝との関係【改善対策方法】
メタボリックシンドロームが引き起こすリスクや脂肪肝との関連情報、メタボにならないための対策、改善方法についてのページです。
中性脂肪を下げるために効果的な方法ってありますか?脂肪肝と関係は?
中性脂肪を下げるための効果的な方法について解説しています。中性脂肪の数値は肪肝に大きく影響を与える指標。こちらで効果的な下げ方で将来の健康リスクを下げましょう!
脂肪燃焼にスポット!脂肪肝改善だけに注目したダイエット方法まとめ
脂肪肝などで肝臓の数値が高かった人は、過半数以上が体脂肪が多いという実験結果が!脂肪肝を防ぐために行いたい脂肪燃焼方法まとめ。
脂肪肝の人のための【糖質・脂質・たんぱく質】3大栄養素情報
脂肪肝はアルコール性と非アルコール性のものに大別できますが、その原因となるのは「糖質・脂質・たんぱく質」の3つ。この糖質・脂質・たんぱく質がどう影響するのか、解説していきます。
脂肪肝改善のための食事・食べ物・食べあわせを教えてください。
脂肪肝改善のための食事・食品を紹介しています。食事の可能性はとても高いものがあります。食べ合わせなども考慮すると、対策方法は数多くありますのでぜひこちらの情報を参考にしてみてください。