MENU

ウロビリノーゲンの情報はココを見ればもう大丈夫!

 

ウロビリノーゲンは肝臓の機能の指標として用いられ、比較的耳にしやすい検査項目の一つです。

 

ウロビリノーゲンは主に尿検査時に判明することになります。
尿と肝臓は一見関係がない要素同士と考えがちですが、実は肝機能が阻害されているときに高くなりやすいのがウロビリノーゲンです。

 

・肝機能の異常
・目に見えない黄疸の有無

 

これらを把握するのにとても役立つ項目がウロビリノーゲンです。

 

健康な人でもウロビリノーゲンは尿にわずかに含まれていますが、(±)よりもプラスが多い場合は、肝臓に何らかの高くなる原因があるとジャッジします。

ウロビリノーゲンが基準値外だとどんな病気が考えられる?

 

尿内のウロビリノーゲンの量は0.1〜1.0EU/dLとわずかな量のため、検査は尿に試験紙を入れて行います。

 

基準値:弱陽性、疑陽性(±)
【陽性の場合】:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、溶血性黄疸など
【陰性の場合】:胆管がん、胆管結石、腸内細菌の減少など

 

黄疸とビリルビン

急性肝炎や肝硬変や肝がん、ウイルス性肝炎やその他肝臓の機能が低下しているときに目で見てわかる症状の一つに「黄疸」があります。

 

黄疸は肝臓の機能である「ビリルビンを除去する働き」が低下しているときに現れる症状です。
日本人などの黄色人種は白目で判断することが多く、黄色くにごったり黄ばんだりします。

 

黄疸になるのは黄色の色素をもつビリルビンが血中で増加しているためです。

 

ウロビリノーゲンは急性肝炎を早期発見する

ウロビリノーゲンは急性肝炎の早期発見に役立ちます。

 

ウイルス性のものやアルコールによるものなどさまざまにありますが、急性肝炎を引き起こすと、その症状が現れる前にかならずウロビリノーゲンが陽性になります。

 

急性肝炎に限った話ではありませんが、肝臓病を発症するとウロビリノーゲン処理能力が極端に落ち、尿から排出されるウロビリノーゲン量が桁違い(何十倍)にもなります。

 

肝機能が低下している方は尿が濃い色をしているといわれるのは、このウロビリノーゲン(ビリルビン)の色素によるものなのです。

 

 

胆管閉鎖・胆汁の流れが悪い場合

胆管閉塞などで胆汁の流れが悪くなると、ウロビリノーゲンの元となるビリルビンが少なくなり、尿内に排出されないので、ウロビリノーゲンは陰性となります。

 

溶血性貧血など赤血球が壊れる病気では、血液のヘモグロビンが壊れてビリルビンが増えるため、ウロビリノーゲンも増えて陽性となります。

ウロビリノーゲンが基準値外になるメカニズム

 

ウロビリノーゲンはビリルビンと密接な関係がある物質です。

 

ビリルビンとは?

ビリルビンというのは、血中の赤い色をなしているヘモグロビンという物質が、その寿命を全うして分解された後に生成される物質です。

 

ビリルビンは誰にでも存在する物質です。多くても、少なくても何らかの原因があり表出します。

 

本来、ヘモグロビンの老廃物であるビリルビンが増加しても、肝臓の働きによって便などに混じり対外に排出されます。
しかしビリルビンが肝機能の低下によって処理しきれず、その濃度が高くなると必然的に血中はビリルビンだらけになります。

 

 

ビリルビンが尿に混じりウロビリノーゲンとして排出される仕組み

尿の生成には腎臓が深く関係しています。

 

腎臓は血液中の過度に存在する物質を排出する働きを担っています。
摂りすぎた塩分を排出したり、体の水分量を調整したり、生命を維持する上で重要な役割をになっています。

 

腎臓には1日1000リットルから1600リットルの血液が滞りなく流れ、ろ過され老廃物を除去しています。

 

血液中に増加したビリルビンも例外ではありません。血中に増えすぎたビリルビンは、腎臓で老廃物として認識され、ろ過されます。
ろ過されたビリルビンは尿に混じり、排出されます。

 

本来ならば血中のビリルビンは、肝臓で作られる「胆汁」に混じって便とともに排出されます。
しかし、肝臓の機能が低下していると、尿として排出されることが多くなるのです。

肝臓に悪い生活習慣

 

肝臓の働きが大きく影響するウロビリノーゲン。
健康診断で、いつもは正常の項目が基準値外だった・・・こんな形で現れるのが肝臓数値。

 

比較的軽症の場合は、生活習慣を改めることで改善する場合もあります。

 

こちらを見ていただいている方はこんな生活習慣になっていませんか?

 

食生活

@炭水化物が中心

・ごはん
・パン
・ラーメン
これらの食べ物の栄養素の中心は炭水化物です。

 

炭水化物はそのほとんどが糖質と呼ばれる成分で、結論から言うと、太る原因物質でもあります。
糖質も、分解してブドウ糖などの形に変える働きをになっているのも「肝臓」です。

 

飲み会のシメにラーメン、こんな生活をしていれば、遅かれ早かれ肝機能が低下します。

 

A脂質が多い

から揚げやとんかつ、てんぷらなどの揚げ物などには「脂質」がたっぷり含まれています。

 

主に脂っぽい食べ物に多く含まれ、肝臓の働きに負担をかける一因です。

 

脳血管疾患や心疾患などのリスクを高める「動脈硬化」のリスクを高めるのもこの脂質です。
さらに、摂取し続けると、どろどろの血液になりやすく、血液の流れが悪いと老廃物の代謝・分解も滞り、肝臓の働きに影響します。

 

B清涼飲料水がメイン

・コーラ
・スポーツ飲料水
・炭酸ジュース
これらの清涼飲料水には、糖質がたくさん含まれています。
前述したように、糖質の過多は肥満などのリスクを著しく高めます。

 

食事中の飲み物として、清涼飲料水を飲んでいる方は、さらに肝臓病のリスクが高くなるといっても過言ではありません。

 

C添加物やジャンクフード

・ハンバーガー
・お菓子
これらの食品は、添加物や、ビタミン・ミネラルなどの肝臓の働きを維持するのに必要不可欠な栄養成分がほぼありません。

 

糖質や脂質などが中心となるので、おなかは満たされますが、肝臓への負担が増加します。
毎日食べる方は少ないと思いますが、肝臓の働きが低下している際は控えたり量をコントロールするなどの策をとることが望ましいでしょう。

 

アルコール

アルコールは肝臓に負担をかける代名詞的な危険因子です。

 

アルコールは体内に入ると「アセトアルデヒド」と呼ばれる毒素に変化します。
アセトアルデヒドは肝臓で分解されますが、その毒素によって肝細胞はダメージを負います。
肝臓は自己再生能力が高い臓器なので回復しますが、この回復には上限があり、繰り返すことにより肝臓が硬くなります。
これが【肝硬変】です。

 

γ-GTPやALT(GPT)などの数値として現れることが多いので、ウロビリノーゲンも陽性で、他の肝臓数値も高いとなれば、肝臓病の症状が表出するのも時間の問題です。

 

歳を重ねるごとに肝臓の働きは低下しますが、アルコールを飲む機会は増えていきます。

 

・二日酔い
・寝起きが悪い
・慢性的な疲れ
これらの症状を感じている方は、肝臓に良い成分

 

・オルニチン
・亜鉛
・タウリン
上記を含む食品や、サプリメントなどで補給するのも、安価に対策できる方法の一つです。
病院での治療は月に数万円と、高額な医療費がかかることもよくあります。

 

必要に応じて取り入れていきましょう。

 

⇒お酒を楽しむためにお勧めしたい肝臓サプリ【B選】

 

合わせて見ておきたい肝臓数値γ-GTP・ALT・AST

 

ウロビリノーゲンが陽性となった場合に肝臓病を疑うのは一般的ですが、その際は
・AST(GOT)
・ALT(GPT)
・γ-GTP
これらの値も一緒に確認していくのが望ましいです。

 

ALT(GPT)とγ-GTP

・ALT(GPT)
・γ-GTP
この二つの肝臓数値は、肝臓関係に原因がある場合のみ、高くなる数値ですので、もしこれらの数値が高い場合は肝機能が低下しているサインですので、医師に相談するのが懸命です。

 

⇒ALT(GPT)を下げる為にしておきたい〇〇

 

⇒γ-GTPを下げる方法・ポイント

 

それ以外の肝臓数値

・AST(GOT)
これは肝臓の細胞以外にも含まれるもので、組み合わせによっては肝臓に起因場合もあるので注意と把握が必要です。

 

⇒AST(GOT)を下げる情報こちらから

 

 

当サイトでもそれぞれの肝臓数値の詳細を解説しているので、ぜひ照らし合わせてチェックしてみてください。

 

⇒すぐわかる!高値の数値からみる【肝機能障害の有無・速見表】

 

⇒ビリルビンについてさらに詳しくはこちら

関連ページ

ALT(GPT)を下げるには?その方法、基準値・高い場合の原因
このページではALT(GPT)を下げる方法、用語に加え、その基準となる数値や高い場合の原因などの総合的なALT(GPT)を下げる情報をまとめています。
中性脂肪を下げるために効果的な方法ってありますか?脂肪肝と関係は?
中性脂肪を下げるための効果的な方法について解説しています。中性脂肪の数値は肪肝に大きく影響を与える指標。こちらで効果的な下げ方で将来の健康リスクを下げましょう!
AST(GOT)を下げるには?基準値・高数値になる原因を解説
AST(GOT)を下げる為に行いたいポイントや、用語の解説等、その基準値や数値上昇の原因を解説しています。
γ-GTPを下げる方法・基準値・高い場合の原因
γ-GTP(ガンマGTP)を下げる方法をメインに、下げる為に必要な用語の解説&基準値&高値の原因を解説しています。
ALPを下げるポイント・方法と基準値・疾病まとめ
ALPの下げる為に行いたいポイント・方法に加え、用語解説、基準となる数値、関連する疾病についてまとめています。
血液検査項目からみる疾患・病気の早見表
血液検査の項目は多岐にわたりますが、数値が高かった項目の組み合わせに応じて大よその疾患・病気が把握できますのでぜひご活用を!