MENU

肝臓数値のっ項目から見る肝臓病リスクの一覧表

 

血液検査の項目は多岐にわたり、それぞれの数値の高値具合とその種類の組み合わせ等で、ざっくりと自分の肝臓が

 

・病気に侵されているのか、
・どの部位に危険性があるのか

 

などの見通しがわかります。

 

 

 

 

 

突然、自分の肝臓数値が高い事が判明すると、人間は未知の体験の為、「恐怖感・不安・焦燥感」に煽られてしまいます。

 

漠然とした絶望感にもさいなまれてしまいます。

 

 

しかしそのネガティブな感情を打開することもできます。
それは、

 

【未知のものを知る事】

 

これからの見通しが立つと、人間は希望と活力が湧いてきます。

 

まず相手を知り、どう漠然とした不安を取り除いていきましょう!

 

 

【自分の肝臓の状態を把握する】

 

まず、あなたの検査項目とこちらの表を照らし合わせてみましょう。

 

 

 

 

こちらの早見表はあくまで目安ですが、各血液検査項目から大よその肝臓疾患・肝臓が障害されているかの有無を知ることができます。

 

 

 

【高値の検査項目の意味を知る】

 

血液検査項目の種類によっては

 

「肝臓だけに障害があるもの」
「骨や筋肉にも異常の可能性があるもの」

 

などのようにその中身が若干ことなります。

 

当サイトでも一部、肝機能の検査項目の解説をしているのでこちらでその内容をチェックしてみてください。

 

⇒γ-GTPの解説ページへ

 

⇒AST(GOT)の解説はこちら

 

⇒ALT(GPT)の解説はこちら

 

⇒ALPの詳細ページへ

 

⇒総ビリルビンの解説ページへ

 

⇒肝臓疾患の解説はこちら

 

 

【自分が出来る対策を知る】

 

自分で取り組める対策には、

 

「食生活」
「生活習慣」

 

主にこの2つの側面からのアプローチが必要になります。

 

「食生活」は、その名の通り、1日3食とる食事の栄養素とそのバランス、摂り方などです。

 

 

「生活習慣」とは、運動から睡眠・ストレスなどにはじまり、喫煙や飲酒に至るまで、多岐にわたります。

 

 

私たちがその機能を把握しなくても、肝臓は私たちに代わって24時間働き続けてくれます。
だからこそ、その機能をフルに働いてもらうためには「食生活・生活習慣」をより良いものにしていかなければなりません。

 

 

当サイトでも食事や禁酒、禁煙の必要性、危険性などについて解説しているのでぜひご覧ください。

 

 

【自分でできる以外の対策を知る】

 

自分でできる対策には「食生活・生活習慣」の変革が重要とお伝えしました。しかし、自分の力で改善する事は理想ですが、実際自分の力のみで全てをより良い方向に舵を切り続けることは至難の業。

 

例えば、
【経済的な理由】
【時間的な理由】
【面倒・手間がかかる】

 

など、人間はなかなか続けることが難しい動物です。継続的に何かを続けられる人はごく一部です。

 

そんな方が始めている対策として、「肝臓サプリメント」の摂取があります。

 

 

 

 

肝臓サプリメントは、肝臓の機能回復にスポットを当てた、いわば肝臓のための栄養がぎゅっとつまった健康補助食品。

 

価格は、実際肝臓に良いとされるしじみや牡蠣、タコなどを買うよりも遥か低価格です(一か月980円から始められるものもあります)。

 

 

手軽さ・経済性・始めやすさなどにおいて、ぐっと敷居が低くなるので、食事や生活習慣の改善に断念した方も続けられるでしょう。

 

 

「自分の力で改善したい!」という方以外、おすすめの方法ですのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

⇒【成分】で選ぶ本気のあなたにオススメの肝臓サプリメント【3選】

 

 

関連ページ

ALT(GPT)を下げるには?その方法、基準値・高い場合の原因
このページではALT(GPT)を下げる方法、用語に加え、その基準となる数値や高い場合の原因などの総合的なALT(GPT)を下げる情報をまとめています。
AST(GOT)を下げるには?基準値・高数値になる原因を解説
AST(GOT)を下げる為に行いたいポイントや、用語の解説等、その基準値や数値上昇の原因を解説しています。
γ-GTPを下げる方法・基準値・高い場合の原因
γ-GTP(ガンマGTP)を下げる方法をメインに、下げる為に必要な用語の解説&基準値&高値の原因を解説しています。
ALPを下げるポイント・方法と基準値・疾病まとめ
ALPの下げる為に行いたいポイント・方法に加え、用語解説、基準となる数値、関連する疾病についてまとめています。
ウロビリノーゲンってなに?基準値や高くなる原因・疾病は何が考えられる?
ウロビリノーゲンの用語解説をはじめとして、その基準となる値、疾病、高くなる原因などについて解説!