MENU

良く見るALT(GPT)っていったい何?どんな意味なの?

 

【ALT(GPT)とは?下げる必要はある?】

 

 

ALT(GPT)は肝機能の指標の一つです。血液検査中の項目にもあるのでご存知の方も多いかと思います。

 

ALT(GPT)値の高値は、何らかの要因によって肝機能が阻害されている可能性があります。
したがって、機能低下をもたらす前に、数値を下げる取り組みを行う必要もあります。

 

 

ALT(GPT)は、アラニントランスアミナーゼ(グルタミン酸ピルビン酸転移酵素)の略であり、肝臓にのみ存在する酵素です。

 

 

【ALT(GPT)で何がわかる?】

ALT(GPT)は血液検査項目の中でもシンプルで、わかりやすい指標です。

 

肝細胞が何らかの疾患・病気によって壊れると、ALT(GPT)は血液中に放出されてしまう性質があります。

 

 

 

そうすると血液中のALT(GPT)濃度が上昇します。

 

つまり、血液検査でALT(GPT)を測定すると、肝細胞の障害の有無を確認できます。

 

 

 

【ALT(GPT)基準値】

基準値:0〜40IU/L
血液中の半減期:40〜50時間

 

なお、ALT(GPT)はAST(GOT)アスパラギン酸アミノ基転移酵素と比較して、検査結果を評価することがあります。

 

ALT(GPT)は主に肝臓のみに存在しますが、AST(GOT)は心筋・骨格筋・赤血球なども存在しています。

 

 

 

【危険判断のポイント】

・ALT(GPT)とAST(GOT)ともに値が高い場合
・ALT(GPT)のみが高い場合
→上記の場合は肝機能障害が考えられます。数値を下げることが先決です。

 

・AST(GOT)のみ高い場合
→この場合は、心筋梗塞などその他の器官に障害がある可能性もあります。他の検査項目をしっかり把握し、下げる取り組みが必要かどうかをジャッジしていきましょう。

 

 

 

【予測できる病気】

ALT(GPT)から予測できる病気は、ALT・GPTの数値とそれ以外の比較から推測できます。

 

 

◆ALT(GPT)のみ高い場合
慢性肝炎、肥満による肝脂肪など

 

 

◆AST(GOT)<ALT(GPT)の場合
慢性肝炎(AST/ALT比が0.6前後)

 

 

◆AST(GOT)>ALT(GPT)の場合
肝硬変(AST/ALT比が2.0以上)
肝がん(AST/ALT比が3.0以上)

 

 

◆AST(GOT)もALT(GPT)も高い場合
急性肝炎など(2000IU以上)
※下げる取り組みより治療を!

 

またALTの半減期は、ASTよりも長いため、急性肝炎などで急激に肝細胞が壊れる場合には、

 

ALT(GPT)<AST(GOT)

 

上のような傾向があります。

 

 

肝硬変肝がんなどでも、正常な肝細胞が少なくなっており、新たに壊れる肝細胞の数が少なくなるため

 

ALT(GPT)<AST(GOT)

 

という特徴が表れます。

 

様々なケースが考えられますが、しっかりと検査項目を見極め、下げる取り組みが必要かどうかを判断しましょう。

 

【高値の原因】

ALT(GPT)は、単体で見ると「肝機能の低下」が数値高値の原因です。では一体「肝機能低下」はどういったことで招いてしまうのでしょうか。数値を今すぐにでも下げたくなる情報をまとめました。

 

 

【食生活編】

 

 

@食べ過ぎ

 

 

 

食べ過ぎによって過度に摂取してしまった脂質は、血中を巡り、その後体内に貯えられます。意外と知られていないのがお菓子やジュースなどの摂りすぎでも脂質の摂りすぎになり、脂肪肝などの肝機能低下のリスクを招きます。

 

またラーメンや白米、パンなどの炭水化物には糖質がかなり含まれています。それらはブドウ糖に変化し、後に中性脂肪に変えられ貯えられます。

 

砂糖は特に中性脂肪に変わりやすく、甘い飲み物は最も注意しなければいけません。

 

炭水化物の摂りすぎやジュースや清涼飲料水の飲みすぎはとてもリスキーです。

 

 

A飲みすぎ

 

 

 

アルコールの摂りすぎは、

 

1.中性脂肪の合成促進
2.アルコール分解の抑制

 

上記の働きが起き、体は中性脂肪を蓄えるモードに切り替わってしまいます。また、血中の中性脂肪増加はHDLコレステロールが減り、動脈硬化のリスクを高めます。

 

アルコールと同時に食べたくなるチーズや空揚げ、ナッツ類も食べ過ぎるとリスクを高めます。食べ過ぎなければ大丈夫ですが、〆のラーメンなどは自殺行為なので控えるようにしてください。数値を下げるには比較的始めやすい取り組みですので、〆は今日からやめましょう!

 

 

 

 

【生活習慣編】

 

 
@ALT(GPT)と喫煙
 

 

 

ALT・GPTと喫煙には肝癌とも大きな関わりがあります。数字でいうと、1年間の肝癌による死亡者数100万人の内28%の28万人は喫煙によって引き起こされているともいわれています。

 

タバコに含まれる「ニコチン」は、血流を悪くさせる作用をもっています。

 

肝臓には体内の大量の血液が24時間行き来します。この血液の流れが悪いと、肝機能を維持できるほどのネルギーが供給されず、機能不全に陥ります。

 

それが慢性的に続くことによって、肝疾患をもたらすと考えられています。

 

タバコは今すぐ止めることは難しいと思います。しかし今は禁煙外来など、健康保険を使用して禁煙に取り組めるので、ALT・GPTを下げる為に利用してみるのも良いかもしれません。総合的な体の健康にもつながりますしね。

 

 

A運動不足
 

 

 

数値を下げなければいけないような肝疾患のリスクが高い人は、ほぼ大体が運動不足です。

 

運動不足によって消費エネルギーが減少すると、食べ物から得たエネルギーが予備として中性脂肪となり体に溜め込まれます。

 

運動不足が続くと筋肉が減少するので、比例して基礎代謝が下がり、運動しても脂肪燃焼がスムースに行われず痩せにくい体質になります。

 

肝臓は脂肪を蓄える性質がありますが、それが常に続くことによってその機能まで阻害し、結果的に肝機能低下を招き、促進させます。

 

 
Bストレス

 

ストレスやダイエットは一見、関係がなさそうですが、そうではありません。

 

過度のストレスは、興奮している時に活発になる「交感神経」が強く働くきっかけになります。血圧が高くなるので血流が悪くなります。

 

 

 

血流が悪くなると、喫煙時と同じで肝臓へ運ばれる血液量が減少し、血中の毒素が抜けえず(アンモニア等)疲労感や体臭などの症状ももたらし始めます。

 

 

Cダイエット
ダイエットは、体のメカニズムと関連しています。

 

適度なダイエットは体の余分な脂肪を燃焼させ、引き締まった体を手に入れることができます。

 

しかし、過度のダイエットを行っていると、体はエネルギー不足に陥り、脳はエネルギー不足の為栄養を蓄えようと必死になります。

 

少ない栄養素を蓄えようとするのです。その結果、痩せているのに脂肪肝になる恐ろしい病気NASH(非アルコール性脂肪肝)を招き、急激な肝機能低下が本人を襲います。

 

 

【ALT(GPT)を下げる方法は?】

ALT(GPT)の数値は、健康になるためには下げることが必須。肝臓が弱っている・肝機能が低下しているサインですのでそのまま放置せず、適切な取り組みによって下げることに集中しましょう。

 

緊急性の高い場合は数値を下げる薬を服用し肝機能を改善させることもありますが、中心となるのは食生活をはじめとした生活習慣を正し、下げることです。

 

 

肝臓に良い食生活とは?

 

食事は基本中の基本ですが、一番おざなりになりやすく、最も根気が必要です。

 

肝臓サプリメントなどと比較して、有効成分の量は食事から摂取するのは実際非効率ですが、生活全体を正す意味でも食生活を改善することはALT・GPTを下げる事にとどまらず、生活習慣病等を改善するきっかけにもなります。

 

良い食べもの【しじみ・牡蠣】などを積極的に取り入れるのと同時に、野菜中心の食生活に切り替えることが重要です。

 

 

 

摂取量などはこちらのページでご紹介しています。是非ご覧ください。

 

→しじみが肝臓に良いワケとは?

 

→牡蠣の肝機能を高める成分〇〇について

 

⇒お酒を飲むなら知っておきたい効果を2倍にする食べ合わせ

 

 

喫煙はやめる!お酒はほどほどに!

 

喫煙の悪影響はご紹介した通りですが、他臓器への悪影響も数えられないほどにあります。

 

アルコールに関しては、実は「アセトアルデヒド」という人体に有害な物質により、肝細胞を死滅させてしまう恐ろしい悪影響もあります。

 

下記のページも参考にしてください。

 

→アルコールが招く重大リスクとは?

ALTを下げるサプリメント【3選】

 

結論から言うと、オルニチンが配合されたサプリメントはALT(AST)改善に有効とされています。

 

ALT(GPT)が100IU以下の、脂肪肝の所見がみられる被験者にオルニチンを継続的に3週間摂取したところ、摂取した被験者のみに、数値に優位的な差がみられたという実験報告がなされています(オルニチン研究会)。
このことからも、しじみに含まれるオルニチンには、

 

・肝機能を改善するはたらき
・肝臓に蓄積した脂肪の分解

 

があり、数値改善・脂肪肝対策に有効といえます。

 

仕事で忙しい運動する時間がないなどの方には強い見方になってくれるでしょう。

 

 

【当サイト推奨】

ALT(GPT)を下げる

肝臓サプリメント3選

 

レバリズムL 肝臓数値撲滅キャンペーン中

・主原料の全てが国産
しじみ牡蠣スクワレンの3本柱の有効成分
・業界最高97%の満足度
オルニチン亜鉛もどちらも配合
・内容量も豊富の30日分
・一日あたり32円から

価格 容量 評価
5,980円980円(税・送料込み)※500名限定 30日分 ALT,GPT,下げる,方法,

 

 

 

 

 

 

【肝パワーEプラス】現在購入者続出中
 

・定価9,720円(1か月分)が5日お試し価格980円
・2016年モンドセレクション金賞受賞
750万袋のメガヒット中!
牡蠣にんにく南向梅の3大成分配合
・配合素材のすべてが純国産
送料無料
代引き等手数料無料

 

価格 容量 評価
9,720円980円 約5日分

 

 

 

 

 

 

【セラクルミン】

・日本初の肝臓のための機能性表示食品
・クルクミンの吸収率を27倍に高めた『セラクルミン』配合
【肝機能試験結果】
・γ-GTP→15%Down
・ALT→16%Down
・AST→12%Down
【副作用・信頼性】
・臨床試験で副作用報告なし
・GMP認定工場にて製造
【キャンペーン概要】
・定期コース申し込みで50%オフ
・定期コースは初月から解約・休止OK

価格 容量 評価
9,980円→4,990円(税・送料込) 約1ヶ月分(60粒)

 

 

 

 

 

 

【最後に】

お酒やたばこを控えたり、合わせて肝臓の働きを手助けする食品(牡蠣やしじみなど)を摂取することでALT(GPT)値は必ず改善し、数値が下がるでしょう。

 

先に少し触れましたが、「肝機能サプリメント」も、効率的に有効成分を摂取できるので、数値を下げる為だけではなく、日ごろの肝臓のケアとしてアルコールを飲まれる方ほど始めています。

 

肝臓に良い食品の有効性を把握し、改善に向けた取り組みを一日でも早く始めることが、ALT(GPT)値を下げる近道です。

 

 

また、肝臓に限っては、病気の兆候をつかみにくい臓器としてとても有名。

 

「なんか違和感が・・・」と思って病院に行くと、肝癌だったり、手遅れになる確率が非常に高いのが特徴です。

 

ALT(GPT)は、肝臓から発せられるシグナル又はサインです。肝臓病予防に一番有効なのは、

 

 

 

【早期発見時に今の生活を見直すこと】

 

 

 

繰り返しになりますが、生活習慣を変えるという事は、食事運動、さらに言うのであれば睡眠時間ストレスなどの改善まで含まれるので、とても大変な事です。

 

しかし生活習慣を変えるのを渋っていると、水面下で肝臓の機能低下が生じ、下げる云々のレベルではなくなっていきます。

 

大半の方は著しい肝機能低下や病気にになってから、生活習慣の改善や治療を始めますが、それではお金労力、さらに精神面も削られていきます。

 

 

自分の体は誰かが管理してくれるものではありません。あなたがケアしてあげなければなりません。

 

まずは食生活改善として、肝臓に良いものを摂取したり、手軽なサプリメントなどからスタートして徐々に生活習慣を変え、数値を下げる取り組みを段階的に初めていきましょう。

 

あなたにとって、新しい一日を踏み出すきっかけになれば幸いです。

 

関連ページ

γ-GTPを下げる方法・基準値・高い場合の原因
γ-GTP(ガンマGTP)を下げる方法とサプリメントを紹介しています。下げる為に必要な用語の解説&基準値&高値の原因を解説しています。
AST(GOT)を下げるには?基準値・高数値になる原因を解説
AST(GOT)を下げる為に行いたいポイントや、用語の解説等、その基準値や数値上昇の原因を解説しています。
ウロビリノーゲンってなに?基準値や高くなる原因・疾病は何が考えられる?
ウロビリノーゲンの用語解説をはじめとして、その基準となる値、疾病、高くなる原因などについて解説!
ALPを下げるポイント・方法と基準値・疾病まとめ
ALPの下げる為に行いたいポイント・方法に加え、用語解説、基準となる数値、関連する疾病についてまとめています。
血液検査項目からみる疾患・病気の早見表
血液検査の項目は多岐にわたりますが、数値が高かった項目の組み合わせに応じて大よその疾患・病気が把握できますのでぜひご活用を!
高い尿酸値を下げる方法【サプリメント・食事・運動】効率よく尿酸値改善
高い尿酸値を下げる方法について解説しています。 食事、運動などの方法や、その取り組みの効果を底上げするサプリメントの効果など、尿酸値が高い場合の情報を発信しています。