MENU

γ-GTPの下げる方法!ちゃんと理解していますか?病気になる前に用語と下げかたをチェック!

 

γ-GTPを下げる方法をご紹介します。

このページを見てくださっている方は、どれくらいのγ-GTP値でしたか?

 

放置していると、遅かれ早かれ肝臓病に陥ってしまいますので、できる限り改善のため、生活習慣を改めていきましょう。

 

γ-GTPを下げるには、いくつか方法があります。
@食事で下げる
A運動を合わせる
Bアルコールを止める
Cサプリメントを摂る
だいたいこの4つがγ-GTPを下げるにあたっての柱となります。

 

それぞれのメリットとデメリットをあげてみたいと思います。

γ-GTPを下げるいくつかの方法のメリット・デメリット

γ-GTPというのは、簡単にいうと肝臓の機能が果たせないほどのダメージを受けてしまい、肝細胞に多く含まれる酵素(γ-GTP)が血中に漏れ出している状態です。

 

下げる方法はいたって単純で、どんな下げる対策を行うかよりも【どれが続けられるか】で選ぶのが重要です。

 

食事で下げる

食事でγ-GTPを下げる方法としては、肝臓の働きをサポートしてくれる成分を含む食品を摂取することが求められます。

 

食事は生活の基本中の基本です。食生活を正すことで規則正しい生活習慣が身に付きます。そういった意味でも、食事を正すことはとても重要です。

 

良く耳にするしじみや牡蠣などは、肝臓の働きを高め、γ-GTPを下げる効果が高い成分「オルニチン」「亜鉛」「タウリン」などが豊富です。

 

しじみや牡蠣以外にも、「たこ」もタウリンを豊富に含むので、肝臓の機能向上を狙ってぜひ食べたい食品です。

 

オルニチンに関しては、一日400mg〜1000mgが摂取の目安です。しかし、実際その量のオルニチンを摂取しようとすると、しじみでいうと4000円以上してしまうので現実的ではなく、経済的に厳しいのが事実です。またγ-GTPを下げるために、毎日しじみを食べるのは心理的ストレスになります。

 

そのような理由があってか、オルニチン摂取を目的としている方のほとんどが、オルニチンサプリメントを選んでいるようです。

 

【まとめ】
食事のメリット
・継続した食生活改善はγ-GTPを下げるだけでなく、生活の質を向上させ、その時だけの健康ではなく未来の健康にもつながる。

 

食事のデメリット
・毎日肝臓のために質の高い食事を摂るのは時間的・経済的に継続するにはかなり根気が必要

 

運動を合わせる

運動でγ-GTPを下げるのも非常に意義深い対策です。

 

特にアルコールを飲む方にはメタボリックシンドロームなど、肥満の自覚があり、肝臓にも脂肪がついている状態「脂肪肝」になっているケースが極めて高いのが事実。

 

脂肪肝の患者のほとんどにγ-GTPの高値が見受けられます。肝臓に脂肪がつくと、脂肪のせいで働きが遮られるだけではなく、肝硬変や肝がんという非常に怖い肝臓病をまねくきっかけになります。

 

運動は脂肪を燃焼させる唯一の手段です。肝臓についてしまった脂肪を落とすのも、運動はとても効果的です。
とはいっても、急に10キロ走るなどは体が慣れていませんから、

 

・一駅分歩く
・早歩きで歩く
・階段を使う

 

などの簡単にできる取り組みから始めましょう。

 

γ-GTPを下げるために行う運動は、γ-GTPを下げるだけではなく高血圧予防や動脈硬化予防など、様々な病気の予防になります。
まずは自分にできる運動から始めて、徐々に行うことを増やしていけば必ず自身の健康につながります。

 

【まとめ】
運動のメリット
・γ-GTPを下げるための運動は、その他の生活習慣病予防など、病気リスク全般のリスクを下げてくれる。

 

運動のデメリット
・時間をとるのが難しい
・続けるのが難しい

 

アルコールを止める

γ-GTPが高値になる最大の原因と言っていいほど、アルコールはγ-GTP値に悪影響を及ぼします。

 

アルコールは、アセトアルデヒドと呼ばれる人体にとって猛毒な成分に変化し、それが二日酔いや翌日のだるさなどにつながります。

 

また、アセトアルデヒドはただ有害なだけではなく、肝臓の細胞を攻撃してしまいます。

 

アセトアルデヒドを分解するのは肝臓の働きです。アセトアルデヒドから攻撃を受けながらも、肝臓は分解を行い、処理します。
その過程で傷ついた細胞などからγ-GTPが溢れ、血中のγ-GTP値が高くなるのです。

 

アルコールは少しなら体に良いと思われがちですが、γ-GTPを下げるなら、禁酒をするのがもっとも効果的な取り組みでしょう。

 

【まとめ】
アルコールを止めるメリット
・γ-GTPを下げる取り組みのなかでもっとも効果がある取り組みのひとつ

 

アルコールを止めるデメリット
・仕事の付き合いなど、完全に禁酒するのは社会的にも影響が出る。
・お酒がストレスのはけ口の場合、禁酒はかなりの心理的ストレスに。

 

肝臓サプリメントを摂る

肝臓サプリメントは、しじみや牡蠣などの有効成分量を高めた栄養補助食品です。
実際の所、食事でγ-GTPを下げる取り組みをしている方は、途中で肝臓サプリメントに切り替えている方・もしくは平行して肝臓サプリメントを取り入れている方がほとんど。

 

肝臓サプリメントの良いところは何といっても成分量に対する価格がもっとも安価で、カロリーがほぼ0に近いこと。

 

オルニチン800mgを摂取するには約4,000円分のしじみが必要ですが、サプリメントならば980円/月、しかも肝臓サプリメント4粒で補給できるものもあります。
お酒を飲む方にとっても、肝臓サプリメントは肝臓へのダメージを最小限に留めてくれます

 

サプリメントと聞くと効果を疑いがちですが、オルニチンはγ-GTPを下げる働きがあると科学的にも立証されているので、早く肝臓サプリメントを導入している人ほど、早く効果を感じています

 

【まとめ】
肝臓サプリメントのメリット
・安価で手軽、飲むだけなので継続しやすい
・外出先などでも使用でき、社会的な影響を回避できる

 

肝臓サプリメントのデメリット
・様々な種類があり選びにくい
・種類によって価格がまちまち

 

 

【最後に】
γ-GTPを下げるにはどの方法も有効ですが、選んだ方法を継続することが一番重要です。

 

γ-GTPが高いまま放置すると、脂肪肝から肝硬変を発症し、機能不全に陥り、肝がんという最悪の結果になる恐れもあります。

 

どの方法をどれか一つではなく、いくつか並行してγ-GTPを下げる取り組みを行うものベスト。
あなたに合ったγ-GTP対策を行ってみてください。

γ-GTPってそもそも何?どんな数値?下げる必要はあるの?

 

γ-GTPは肝臓の機能の指標です。正式名称はγ-GTP(γグルタミルトランスペプチダーゼ)であり、肝臓の解毒作用に関係している酵素です。

 

このγ-GTPは肝臓に一番多く存在いるため、主にγ-GTPが高い場合は肝臓の機能障害を疑います。

 

血液検査のγ-GTP値は肝臓機能の状態を数値化したもので、胆管に障害がある場合にもγ-GTPがぐっと上昇します。

γ-GTPの基準値

 

【基準値について】
男性 0〜50IU/L
女性 0〜30IU/L
女性ホルモンにはγ-GTPの生産を抑える働きがあるため、男性と比べると低い値となっています。

 

γ-GTPの値から考えられる病気は以下の表のようになります。

γ-GTPが高くなる原因はどんなものがあるの?

 

γ-GTPが高い原因としては、次のようなものが挙げられます。

 

@肝臓内の胆汁の流れに障害がある
→胆石・胆道がん・胆道結石・肝臓がん等

 

A肝臓全体が腫れることで胆汁の流れに障害がある
→原発性胆汁性肝硬変・ウイルス性肝炎の急性及び慢性期・肝脂肪等

 

B服薬等による影響
→向精神薬・ステロイド・アルコール等

 

特にアルコールによる影響高い値になるケースが多くあります
血液検査の前日に飲酒をしていると、高い値を示す場合がありますが、アルコールを摂取しなければ1週間ほどでγ-GTPの値は下がる可能性もあります。

 

また、肝臓の機能を判断する場合、AST(GOT)やALT(GPT)の値も同時に確認していきます。

γ-GTPと他の肝臓数値から見る病気の種類

肝臓数値には種類があり、どの数値が高いか、低いかで病気の種類を推測できることもあります。

 

γ-GTPのみが高い場合

アルコール性肝炎や膵臓の病気などが考えられます。

 

メタボリックシンドロームなど、脂肪肝も発症しているケースもあるので注意が必要です。

AST(GOT)やALT(GPT)も高い場合

アルコール性以外の肝臓の病気を発症していると考えられるので、更に詳しい検査が必要になります。

 

⇒AST(GOT)を下げる為の詳細情報へ

 

⇒ALT(GPT)を下げる詳細情報はこちら

 

ALTも同時に高い場合は、肝臓に何らかの病気や障害が発生している確率が高くなります。
比較して自分がどの項目が高いのか確認してみましょう。

 

【重要なポイント】

@血液検査においてγ-GTP値が高いと肝機能の働きが低下している。
A合わせてAST(GOT)やALT(GPT)も確認する。
Bアルコールでもγ-GTP値の高値につながる。

 

アルコールは、γ-GTPの数値に影響が甚大です。しかし、お酒が趣味だったり、仕事の付き合いなどで飲まなければいけない場合もあると思います。

 

・γ-GTP値が気になるけど断酒はむずかしい。
・断酒せずに、γ-GTP・ビリルビン値等を下げたい。

 

という一見わがままで矛盾するようにみえますが、そんな時は肝臓の働きを強化する成分が豊富なサプリメントという選択肢も視野に入れると、心配事が一つ減るかもしれません。

 

重要なのは新しい取り組みを行うこと。

 

人間は、加齢によって今までとは体質が変化していきます。若い時は若いなりの、今は今なりの取り組みが必要です。後悔しないためにも、みなさんにとって良い選択ができることを祈っています。

 

↓下記も合わせてチェック↓
⇒ひと目でわかる、検査項目ごとの【肝臓障害のリスク一覧表】

 

⇒飲むなら一緒に摂りたい!効果【倍増】の食べ合わせ

γ-GTPを下げるサプリメント【3選】

 

レバリズムL 5,980円980円

 

 

【配合成分】
牡蠣エキス(亜鉛・タウリン)
亜鉛→細胞修復
タウリン→中性脂肪を排出

 

スクワレン(肝油)
血圧改善・基礎代謝アップ

 

しじみエキス(オルニチン)
肝臓修復・数値改善効果
 
【価格情報】
数値撲滅モニターキャンペーン申し込みで初回5,000円割引の980円税込
定期コースは当月に解約可能

 

【口コミ】
・数値の対策で買ってみましたが、お酒の席での肝臓ケアにも使っています。かれこれ3ヶ月目。数値も下がり、カバンにはいつもレバリズムを入れてあります(50代男性)。

 

・お酒も結構飲むほうで、肝臓数値とメタボが見てみぬふりできなくなり何かないかと探していたところ、レバリズムLに出会いました。ずぼらな自分なので、できるだけ効率的に改善したいと思い、配合成分のバランスが取れているレバリズムLを買いました(40代男性)。

 

【ポイント】
当サイトで一番売れているレバリズムL。その理由は、同価格帯の肝臓サプリよりも内容量が豊富の30日分だから。
 
継続することで効果が感じられる肝臓サプリだからこそ、お試し価格の980円で30日間試すことができるという点で皆さんから選ばれ堂々第一位。
 
97%のお客様が満足している、業界トップクラスの満足度を誇っています。
 

⇒レバリズムの詳細へ

 

⇒レバリズム公式ページへ

 

\肝臓数値撲滅キャンペーン実施中!/

 

 

 

 

肝パワーEプラス9,720円980円

 

 

【成分】
亜鉛
→細胞修復作用
スコルジニン
→コレステロール値改善作用(それに伴う動脈硬化・血液サラサラへアプローチ)
クエン酸
→疲労回復・ダイエット効果

 

【独自キャンペーン】
毎月100名様限定でお試し製品を980円で販売

 

【口コミ】
・肝臓数値も気をつけたいし、コレステロールなどの数値も高いので、いろいろな効果があるものをと探していたら肝パワーEプラスにたどり着きました。
同年代の方も同じ症状で悩んでいる人がいると思うので、ぜひお勧めしたいです(50代男性)。

 

・血圧も高め、お酒も飲むから肝臓も気になる、悪玉コレステロールや尿酸値も・・・。これらいっぺんに働きかけてくれる肝パワーEプラスはやめられません(40代男性)。

 

【ポイント】
肝パワーEプラスは肝臓に効果があるとされる『亜鉛』に加え、独自ににんにくの健康成分『スコルジニン』、南向梅の有効成分『クエン酸』を配合しているのが特徴的の肝臓サプリメントです。
肝臓の悩みだけではなく、高血圧や疲労感などに対してもアプローチできる「スコルジニン」と「クエン酸」は、数多くある肝臓サプリのなかでも肝パワーEプラスにしかない独自成分です。
この素材の組み合わせが、累計600万個という大ヒットを牽引した理由といえるでしょう。

 

⇒詳細ページはこちら

 

⇒肝パワーEプラス公式HPへ

 

\お試し980円は毎月100名限定!お早めに!/

 

 

 

【セラクルミン】9,980円4,990円

 

 
【配合成分】
【セラクルミン】
→クルクミンの効果を27倍まで引き上げた独自特許成分

 


【価格情報】
・通常価格9,980円4,990円
・送料→無料
消費税込み
※定期コースの場合
※定期コースは初月に解約・休止可能
 
【口コミ】
・飲酒の機会が多く、健康診断で肝臓数値をついに医師から指摘されていました・・・。仕事柄お酒の席を断ることができないので、禁酒以外でなにかないか探していたときにセラクルミンをみつけました。肝臓数値が下がるデータがあるのは心強いですし、すこし高いですけど将来の健康のためなら安いのではないのでしょうか?

 

・いつも肝臓の数値が高かったのですが、50歳になるのを境にしっかり自分の健康に向き合おうと思ったのが、セラクルミンを始めるきっかけでした。
毎日夫婦でする晩酌も、楽しめるようになりました。数値も改善傾向にあり、以前の生活よりゆとりがでた気がします。

 

【ポイント】
オルニチンや亜鉛などの肝臓によいといわれている成分意外で作られたセラクルミン。
そのほかにも「スルフォラファン」というブロッコリーを主軸としたサプリメントがありますが、臨床実験ではセラクルミンのほうが、肝臓数値低下の効果が2倍早くあらわれています。

 

スルフォララン→2ヶ月
セラクルミン→1ヶ月

 

消費者庁が定める『機能性表示食品』として、販売されている、いわば政府のお墨付きの肝臓サプリメント。

 

価格が若干高めなのがたまにきずですが、本物がほしいという方お金に余裕がある方はセラクルミンを選ぶのもオススメです。

 

⇒セラクルミンの詳細ページへ

 

⇒セラクルミン公式HPはこちら

 

\初回半額!機能性表示食品セラクルミン!/

 

関連ページ

ALT(GPT)を下げるには?その方法、基準値・高い場合の原因
このページではALT(GPT)を下げる方法、用語に加え、その基準となる数値や高い場合の原因などの総合的なALT(GPT)を下げる情報をまとめています。
AST(GOT)を下げるには?基準値・高数値になる原因を解説
AST(GOT)を下げる為に行いたいポイントや、用語の解説等、その基準値や数値上昇の原因を解説しています。
ウロビリノーゲンってなに?基準値や高くなる原因・疾病は何が考えられる?
ウロビリノーゲンの用語解説をはじめとして、その基準となる値、疾病、高くなる原因などについて解説!
ALPを下げるポイント・方法と基準値・疾病まとめ
ALPの下げる為に行いたいポイント・方法に加え、用語解説、基準となる数値、関連する疾病についてまとめています。
血液検査項目からみる疾患・病気の早見表
血液検査の項目は多岐にわたりますが、数値が高かった項目の組み合わせに応じて大よその疾患・病気が把握できますのでぜひご活用を!
高い尿酸値を下げる方法【サプリメント・食事・運動】効率よく尿酸値改善
高い尿酸値を下げる方法について解説しています。 食事、運動などの方法や、その取り組みの効果を底上げするサプリメントの効果など、尿酸値が高い場合の情報を発信しています。