MENU

血液検査や健康診断によくある項目の用語解説

 

【血液検査の項目はだれも教えてくれない】
 
血液検査や健康診断というのは、だいたい定期的に行うものですが、普通、学校でも病院でも詳しく教えてくれることはあまりありません。教えてくれる時は異常値の場合のみです。

 

こちらではそんな良く見る項目の

 

・言葉の意味
・基準となる値
・数値が高くなる原因・理由
・招く疾病

 

などについて詳しく解説しています。

 

全く知らないまま、急に数値が高いことを医師から知らされ、不安になることが多いと思います。
そういう不安は、正しい知識と理解で取り除くことができます。

 

ここでしっかりと理解し、不安やどうしたら良いのかの把握に役立ててください!

肝臓数値を下げる方法・手段【項目別改善バイブル】記事一覧

γ-GTPを下げる方法をご紹介します。このページを見てくださっている方は、どれくらいのγ-GTP値でしたか?放置していると、遅かれ早かれ肝臓病に陥ってしまいますので、できる限り改善のため、生活習慣を改めていきましょう。γ-GTPを下げるには、いくつか方法があります。@食事で下げるA運動を合わせるBアルコールを止めるCサプリメントを摂るだいたいこの4つがγ-GTPを下げるにあたっての柱となります。そ...

【ALT(GPT)とは?下げる必要はある?】ALT(GPT)は肝機能の指標の一つです。血液検査中の項目にもあるのでご存知の方も多いかと思います。ALT(GPT)値の高値は、何らかの要因によって肝機能が阻害されている可能性があります。したがって、機能低下をもたらす前に、数値を下げる取り組みを行う必要もあります。ALT(GPT)は、アラニントランスアミナーゼ(グルタミン酸ピルビン酸転移酵素)の略であり...

【AST(GOT)の言葉の意味】AST(GOT)は血液検査の項目の一つであり、肝臓の働きと密接な関係があります。AST(GOT)が高い場合、正常な肝臓の働きが低下・阻害されている可能性を疑います。AST(GOT)は、アスパラギン酸アミノ基転移酵素(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)の略で、「心臓の筋肉」「骨格筋の細胞」「肝臓」に存在する酵素を指します。リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルと呼...

ウロビリノーゲンは肝臓の機能の指標として用いられ、比較的耳にしやすい検査項目の一つです。ウロビリノーゲンは主に尿検査時に判明することになります。尿と肝臓は一見関係がない要素同士と考えがちですが、実は肝機能が阻害されているときに高くなりやすいのがウロビリノーゲンです。・肝機能の異常・目に見えない黄疸の有無これらを把握するのにとても役立つ項目がウロビリノーゲンです。健康な人でもウロビリノーゲンは尿にわ...

【ALPとは?語句解説】ALPは肝臓の状態を表す項目です。血液検査で良く見かけるので、ご存知の方もいらっしゃると思います。ALPは、「アルカリホスファターゼ」の略です。さらに言うと、アルカリ性溶液中でリン酸エステル化合物を加水分解する酵素を指します。肝臓に多量に含まれていますが、「小腸」「胎盤」「骨」などにも若干含まれています。【ALPの働きについて】【肝臓内】→食べ物などに含まれるリン酸化合物を...

血液検査の項目は多岐にわたり、それぞれの数値の高値具合とその種類の組み合わせ等で、ざっくりと自分の肝臓が・病気に侵されているのか、・どの部位に危険性があるのかなどの見通しがわかります。突然、自分の肝臓数値が高い事が判明すると、人間は未知の体験の為、「恐怖感・不安・焦燥感」に煽られてしまいます。漠然とした絶望感にもさいなまれてしまいます。しかしそのネガティブな感情を打開することもできます。それは、【...

尿酸値が高いと診断される病気といえば「痛風」です。痛風になると足の付け根に痛みを生じるなどの特徴的な症状がありますが、こうした自覚症状がなく、尿酸値が高い人は多くいらっしゃいます。尿酸値が高くなってしまう原因や健康へのリスクについて考えるとともに、尿酸値を下げるためにできることについてお話していきます。健康診断で尿酸値が高いと感じている人は参考にしてみてください。