MENU

肝臓と漢方薬情報まとめ

 

脂肪肝などをはじめとする肝臓の病気をセルフケアする場合、
・食事
・運動
・サプリメント
など、種々の方法がありますが、そのひとつに忘れてはならないのが漢方薬という存在があります。

 

漢方薬はサプリメントと薬の中間的な存在意義があります。

 

サプリメントは栄養補助食品であり、副作用という面では薬よりも優れるので安心して使用することができるといった側面があります。
しかし実際のところ、即効性の効果は期待できず、継続することで症状が緩和してくるケースが圧倒的です。

 

一方薬に関しては、症状を和らげるためにつくられているので即効性があり、圧倒的な効果を感じることができるといったメリットがあります。
しかし、デメリットも忘れてはいけません。薬を処方される状態になると、ずっと続けなければならないケースが多く、副作用がおきる事も念頭においておかなければいけません。
さらに、途中で独断でやめることは症状を悪化させる危険性があり、医師の指示・管理の下、定期的に通院もしなければいけません。

 

漢方薬はどのような位置づけ?

 

漢方薬は、簡単に言ってしまうと薬とおなじです。しかし、位置づけとしてはサプリメントと薬の中間、いわば「いいとこ取り」をしたのば漢方薬。
漢方薬は、サプリメントと違い、効果があると証明されているので、信憑性がサプリメントよりも高く、それでいて薬よりも副作用が少ないといったメリットがあります。

 

漢方薬は配合されている成分によって種類が分かれており、自分のライフスタイルに応じて選ぶ必要がでてきます。

 

こちらではそんな漢方薬の肝臓への効果や成分解説、漢方薬の種類などについてご紹介しています。

 

こちらでぜひ、自分に合った漢方薬選びを行ってください。

肝臓のための漢方薬情報記事一覧

脂肪肝は肥満体型に多く見られる傾向にあるため、改善するためには痩せることがとても大切です。脂肪肝を改善して痩せる目的に効果があるとしていま、注目されているのが漢生爽楽『防風通聖散』です。防風通聖散がどんな効果を発揮してくれるのか、その理由を探ってみました。

中年以降は加齢やホルモンバランスの変化、運動不足など、さまざまな要因によって健康上の悩みが増えていくものです。特に気になるのは脂肪が蓄えられやすくなること。体重が増えていたり、健康診断で肝臓数値が高いのは脂肪が蓄積されている証拠です。肥満や脂肪肝は健康に悪影響を及ぼしかねませんから、改善する方法について知りたい方も多いでしょう。肥満や脂肪肝を改善するためには生活習慣を見直すことが大切ですが、手軽に...