MENU

葉酸は肝機能へ有効ですか?サプリメントの効果はありますか?

 

【葉酸って肝臓に良いって聞くけど、ホントのところはどうなの?】

 

葉酸はビタミンB群の一種でDNAの合成細胞分裂などに関係しています。

 

子供や妊婦など成長や細胞分裂が多く行われるときに特に必要とされている栄養素です。
緑黄色野菜などに多く含まれます。

 

また、最近では葉酸の幅広い効果が認知されてきており、その一つに肝臓への働きがあります。

 

 

【葉酸の働き】

 

葉酸を多く含んでいるホウレンソウやニンジンを食べるとどんな効果があるのでしょうか。

 

ちょっと難しいですが、葉酸はDNAを生成する際に、補酵素として働いています。
また、細胞が新しく生成される際に、DNAが正しくコピーされない場合には、コピーを再度やり直しますがこの際にが働きます。

 

葉酸が不足すると、誤ったDNAを持つ細胞が作られ、正しく機能しない細胞ができてしまいます。
例えば血管で起こると巨大な赤血球を作って悪性貧血となったりします。

 

この状態が進むと細胞ががん化することもあります。

 

 

 

【葉酸はは肝臓のどの部分を補ってくれるの?】

 

葉酸が肝臓の働きを助けてくれると言われている最大の理由は、肝臓の細胞の再生をサポートしてくれるからです。

 

肝臓では、代謝や解毒、胆汁生成など、様々な機能を行っているので、細胞も傷つきやすくなっています。

 

肝臓自体は再生能力が高い臓器です。
半分以上切り取っても再生する能力を持っています。

 

ところが、アルコール摂取脂肪肝などで肝臓自体が疲れてしまうと、再生も遅く肝臓の機能も低下します。
そんな肝臓の細胞を健康に保ってくれるのが葉酸です。

 

傷ついた肝臓の細胞が再生する際にサポートしてくれるので、肝機能の回復も早くなります。

 

 

【葉酸の摂取基準】
葉酸は緑黄色野菜に多く含まれます。
しかし、野菜を食べてもあまり体に吸収されず、熱にも破壊されやすいのでなかなか摂取が難しい栄養素です。
葉酸は成人で1日240μgが推奨量となっており、妊婦では480μgです。葉酸摂取の上限は1000μg/日

 

 

緑黄色野菜以外にも、葉酸が入っている食べ物はあります。

 

・いわし
・焼き海苔
・納豆

 

フルーツであれば

 

・いちご
・キウイ
・ばなな
・アボガド

 

アボガドは実はフルーツです。それはさておき、フルーツは価格が高いですし、納豆などは好き嫌いがあると思いますので、食品で葉酸を摂取しようとするのはなかなか大変で根気が必要なのが欠点と言えます。

 

 

 

【最後に】

 

人によって緑黄色野菜は苦手だったり、続けて摂取するには経済的にも大きい負担となります。

 

もし効率よく摂取したいのであれば、サプリメントを選択肢に入れると、とても視野が広くなります。
よく妊活をされている女性などは葉酸サプリメントを摂取するのが主流になってきています。

 

 

緑黄色野菜の葉酸は調理が難しいので、毎日ではなく週に3回、残りをサプリメントで補うという方法もお勧めです(毎日サプリメントでも問題ありませんが)

 

経済的・調理的にも葉酸の摂取は大きい負担となります。

 

自分に合う方法で葉酸を摂取していくことが、新しいフレッシュな細胞を作り、肝機能向上や赤ちゃんの健康を考える近道です

 

 

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!