MENU

オメガ3脂肪酸は肝臓への効果はありますか?サプリメントを試そうと思っています。

肝臓の働きが弱まってくると、アルコールの分解がうまくできなかったり、疲れやすくスッキリしない…といったことで悩むようになりますが、これを改善してくれるのがオメガ3脂肪酸という成分の働きです。

 

聞き慣れない名前ですが、オメガ3脂肪酸は肝臓に、どのように働きかける成分なのかはご存じない方が大半のようです。
あまり知られていない肝臓サポート成分、オメガ3脂肪酸について、今回は徹底的にお話していきたいと思います。

オメガ3脂肪酸の肝臓への効果とその詳細

オメガ3脂肪酸というのは身体に必要な不飽和脂肪酸のうち
・α-リノレン酸
・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・EPA(エイコサペンタエン酸)
これら3種類の総称のことです。

 

現代における日本人にはこのオメガ3脂肪酸が不足しがちだという指摘が多く、健康のためにも意識的に摂取することが推奨されています。
そんなオメガ3脂肪酸は肝臓にどのような効果をもたらすのでしょうか?

中性脂肪を抑制する

肝臓に中性脂肪がつくと脂肪肝になりやすく、肝機能が低下してさまざまな病気を引き起こします。
オメガ3脂肪酸には中性脂肪を抑制する効果があるため、肝臓が正常に働き、脂肪肝を予防することができます。

コレステロールを下げる 

血液中のコレステロールは肝臓で処理されるため、必要以上に多くのコレステロールが取り込まれると負担が大きくなります。
オメガ3脂肪酸は、脂肪肝の原因にもなるコレステロールを下げることができますので、普段から高コレステロールな食生活をしている人にとっては、とても有効な成分であると言えるでしょう。

血液をサラサラにする

オメガ3脂肪酸には血小板が凝集しにくくする作用があるため、血液がサラサラになったり、流れをスムーズにしてくれる効果があります。
動脈硬化などに高い効果が期待できると同時に、肝臓に十分な血液を届けて正常な働きを維持する重要な役割も担っています。

炎症を抑制する

肝臓に負担がかかりすぎると炎症を起こし、急性肝炎や慢性肝炎になってしまうことがあります。
オメガ3脂肪酸は炎症を抑える抗炎症作用がありますので、こうした肝臓の異常にも効果があると考えられます。

 

 

オメガ3脂肪酸は健康維持を目的としたサプリメントの主成分にもなるほど、その健康効果が科学的に立証されている成分です。
肝臓の働きを高めて病気を予防するためなら、積極的に取り入れるのが健康の秘訣です。

オメガ3脂肪酸が多く含まれている食品情報

オメガ3脂肪酸は食品から摂取することができます。
どんな食品に多く含まれているのかをご紹介します。

青魚

イワシ、アジ、サバ、サンマなどの青魚にはオメガ3脂肪酸のなかでもDHAEPAが豊富に含まれています。
加熱したものよりも、刺身など生の状態のほうがより多く体内に取り込むことができますよ。

ナッツ類

くるみやアーモンドなどのナッツ類には、DHAやEPAのもとになるα-リノレン酸が多く含まれています。
細かく砕いて摂取したほうが効率的に吸収されますが、ナッツ類は脂質も多いので食べすぎには注意しましょう。

植物性オイル

アマニ油、エゴマ油などの植物性の油分は、5〜6割以上がオメガ3脂肪酸でできています。
しかし、熱に弱い性質がありますので加熱するよりは、ドレッシングとして直接食べるようにしたほうが効果的です。

 

上手に食品を組み合わせて効率的に摂取しよう!

オメガ3脂肪酸が含まれている食品を食べるときには、他の栄養素と組み合わせることによって相乗効果が期待できます。

牛乳・ヨーグルト

牛乳はくるみなどのナッツ類との相性がバッチリ!コーンフレークに混ぜて食べることで、身体に吸収されやすい方になるのでオススメです。

鶏肉・豚肉

鶏肉や豚肉のようなタンパク質はオメガ3脂肪酸の吸収率を高めます。
調理するときにアマニ油やエゴマ油を使ってみましょう

チアシード

最近ではチアシードにオメガ3脂肪酸が豊富であることが分かっています。
健康効果の高いチアシードを牛乳などに混ぜて飲めば、手軽に摂取することができます!

肝臓以外にもこんな嬉しい効果があります!

 

オメガ3脂肪酸は肝臓への効果以外にも嬉しい効果がたくさんあります。

美肌効果

肌の新陳代謝を高めてくれます。

ダイエット効果

中性脂肪やコレステロールの抑制作用によって、太りにくい身体づくりをサポートしてくれます。

疲労回復効果

血行不良を改善し、代謝を高めて疲れにくくしてくれます。

 

オメガ3脂肪酸には美肌やダイエットにも効果があるため、最近では若い女性を中心に注目されている成分でもあります。

オメガ3脂肪酸サプリメントなら、あれこれ考えなくて手軽です。

オメガ3脂肪酸は健康や美容効果が高いため、毎日の食事で摂取できるに越したことはありません。しかし、ナッツや植物性オイルなど脂質の多い食べ物に多く含まれるので食べる量には注意が必要です。

 

そこでオススメなのがサプリメント。

 

サプリメントならカロリーや脂質を気にすることなく、オメガ3脂肪酸を効率よく摂取することができるので便利です。

 

食べ物の好き嫌いがあったり、不規則な生活が多くなりがちな人にとって、いつでもどこでも手軽に摂取できるサプリメントは心強いと思います。
もし、オメガ3脂肪酸を手軽に効率よく摂取したい場合、サプリメントを上手に使って取り入れてみると、生活に負担なく健康向上を目指せます。

 

⇒肝臓に良い食べ物情報と組み合わせ術

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!