MENU

メチオニンって肝機能に有効ですか?詳細を教えてください。

 

肝臓に良いとされているメチオニンはどのような効果があるのでしょうか?

 

 

必須アミノ酸というものをご存知でしょうか?
必須アミノ酸は、体内で生成されることがない、食事から摂取しなければいけない栄養素です。

 

 

メチオニンは実は、その必須アミノ酸です。つまり、食品から摂取しなければいけません。

 

メチオニンが多く含まれる食品は、魚やお肉が一般的。解毒作用を高めたり、アレルギーを緩和する効果がありますので、肝臓の働きが低下している方は積極的に摂取していく事が求められます。

 

メチオニンの人体への効果

 

メチオニンは、肝臓で発生した老廃物などを体外に排出する「代謝」の働きを促進する効果があります。

 

さらに、代謝を高まることで、コレステロールを燃焼させて、肝臓への脂肪が溜まる脂肪肝を防いでくれます。

 

さらに、脂肪肝が進行して起こる「肝硬変」や「動脈硬化」なども防いでくれる、肝臓の機能の維持に嬉しい成分です。

 

タウリンも肝臓の働きに良い影響を与える成分として知られていますが、実はタウリンはメチオニンから生成されるので、メチオニンを摂ることで、タウリンの効果も期待できます!

 

メチオニンが与えるアレルギー症状への働き

 

一般的にアレルギー症状は、免疫細胞が体の外からの刺激に過剰に反応してしまって起こります。

 

免疫細胞が過剰に反応して放出するのがヒスタミンですが、メチオニンはヒスタミンの働きを抑えることができます。

 

メチオニンには血液の中のヒスタミン濃度を抑えてくれる作用があり、アレルギー症状の表出を抑えてくれるという仕組みです。

 

花粉症の辛い時期などに効果を発揮してくれると嬉しいですね!

 

メチオニンの摂取量

 

メチオニンの摂取量は、体重1kgに対し100mgとされています。50kgの人なら5gですね。
肝臓の健康への効果を期待して摂取する場合は、体重1kgに対して130mgとされています。かなり多い数字です。

 

130mgを摂取するには食事ではなくサプリメントからになりますが、肝機能障害がすでにある人は、メチオニンを過剰に摂取すると症状が悪化することがあるので、医師に相談しましょう。

 

また現在、病気などの治療で服用している薬がある場合も、メチオニンのサプリメントを飲む前に医師に相談するようにしましょう。

 

 

 

 

【最後に】

 

脂肪肝を防いで肝臓をサポートしてくれるメチオニン。

 

肝脂肪は改善することができますが、肝がんや肝硬変などへ進行してしまうと回復は困難になります。

 

食事や運動を取り入れて肝脂肪を改善していきたいと思っている方は、毎日継続して食事からメチオニンを摂取する必要がありますが、「お休みしたい・ちょっと休憩したい」という時もあると思いますので、そういう間をつなぐ目的としても、サプリメントは有効です。

 

当サイトでも肝臓サプリメントを紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

 

肝臓に良い食べ合わせや、控えたい食べ合わせも紹介しているのでぜひご覧ください。

 

⇒効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【アリシン】の驚くべき効果!肝機能回復を図る有効成分解説!
アリシンは普段聞きなれませんが、肝臓がその機能を維持するうえで最も重要な成分の一つ。こちらでアリシンの働きをチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!