MENU

アリシンは肝臓によいですか?どんな影響がありますか?

肝機能アップ成分アリシンが今注目されている!

 

肝臓の悩みは歳を重ねるごとに増えていき、アルコールや不摂生な食事によって肝機能の低下をもたらします。

 

しまいには脂肪肝や肝硬変、やがて肝癌などのとりかえしがつかない病気へと進行してしまう可能性があります。

 

歳を重ねるごとに不安は大きくなりますが、食事や運動など、何もしていない人は特に注意が必要です。

 

 

そんな肝臓の機能を高める今テレビでも取り上げられている成分が【アリシン】です。

 

 

コレステロールや中性脂肪などを減らしてくれることで脂肪肝動脈硬化などを防いでくれます。

 

また、体内で保存しにくいビタミンB1と結びついて長時間体内に保存し、疲労回復の効果を持続させてくれます

 

 

 

【アリシンは疲れに効果ありますか?】

 

アリシンを多く含んでいる食材で有名なのはニンニクです。
他にもニラや長ネギ、玉ネギなど、香味野菜と呼ばれるような野菜に多く含まれています。
これはアリシンが硫黄化合物のため、においが強いからです。

 

そんなアリシンは疲れに効くニンニクの成分として知られています。

 

疲労回復に効くビタミンB群との結びつきも知られていますが、ビタミンB群は肝臓に蓄積された糖をエネルギーに変化する働きもあります。

 

お酒の飲みすぎなどで浪費するとビタミンB群が少なくなり、肝臓にも負担がかかります。
アリシンは、そんなビタミンB群を体内にとどめてくれるので、疲労からの回復も早くなるんですね。

 

 

【アリシンがもつ他と比較してとびぬけている解毒効果とは?】

 

アリシンは肝臓に蓄積された有害な化学物質を体外に排出してくれます。
なんと有毒物質として知られる水銀もこの力で排出することができるとか。

 

水銀は体内に一旦入ってしまうと、排出することが難しいと言われる物質なので、その効果のすごさがわかります。
この高い解毒作用で、アリシンは肝臓の健康を保ってくれます。

 

他にもアリシンには強い病気への抵抗力があります。
ブドウ球菌やピロリ菌、O−157を死滅させることもできるといわれています。

 

体に有害なものをアリシンは除去してくれる働きが強いんです!

 

 

【食品とサプリメントではどちらがアリシンを取りやすい?】

 

アリシンはニラや長ネギ、玉ネギなどに多く含まれています。
熱には弱く分解してしまうので、生で食べたほうがアリシンの摂取には効果的です。

 

ですが、例えば生のニンニクを食べすぎると、腹痛や貧血を引き起こす場合があるので、大量に食べられません。
1日に必要なアリシンを手軽に摂るなら、サプリメントという選択肢もオススメです。

 

一緒にビタミンB群もバランスよく摂ることができるので、疲労回復効果がアップします。

 

 

 

【最後に】

 

疲労回復効果がとびぬけて高く、肝臓サポートの救世主的なアリシン。
しかし毎日生のニンニクを食べ続けるのは難しい・・・と思います。口臭も気になるところです。

 

市販のサプリメントも視野に入れると、手軽さが高まります。また、アリシンサプリメントには一緒にビタミンB群が含まれていることも多いので、栄養素をバランスよく摂取することができます。

 

肝臓での解毒作用にも効くアリシンをサプリメントや食材でしっかり補っていきましょう!

 

 

アリシンなどの栄養素は食べ合わせによって効果が半減したりすることがあります。

 

効果的な栄養素の補給を考えたとき、食材の食べ合わせもぜひ注意してみてください。

 

⇒効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】

 

関連ページ

【スルフォラファン】肝機能アップ大注目成分!肝臓数値に●●の効果が!
【スルフォラファン】と呼ばれる肝臓の機能を高めてくれる成分・栄養素について解説しています。スルフォラファンがいかに肝臓・肝機能を高めるか、どうぞご覧ください。
【スクワレン】肝機能を高める成分解説
スクワレンは肝臓の働きを高める重要な成分の一つで、それは、総ビリルビンやγ-GTPなどの肝臓数値を下げる働きをもっています。
アスタキサンチンは肝臓に効果ありますか?抗酸化作用はありますか?
アスタキサンチンがいま注目されているのは、肝臓に良い効果があるとされている抗酸化作用がとても強いから。アスタキサンチンの肝臓への詳細な効果と、抗酸化作用についてご紹介します。
【タウリン】って肝臓にこんな良い影響が!
肝臓を高める成分の一つであるタウリン。そんなタウリンが肝臓にどういう効果があるのか、タウリンを含む食べ物、サプリメントを紹介しています。
【セサミン】は肝臓の〇〇を高める重要成分!
セサミンは肝臓数値を下げる上で最も重要な成分の一つ。そのセサミンは人体の中でどんな働きを担い、血液検査の項目や肝脂肪などにどのような良い景況を及ぼすのかについて解説しているページです。
【クエン酸】は肝臓にどうして良い効果があるんですか?
クエン酸は肝臓に良い成分のひとつ。その効果は、疲労回復をはじめとして人体になくてはならないほど重要な役割を担っています。
【ムチン】は肝臓に良いと聞きましたが、ほんとですか?
ムチンは最近になり肝臓への良い影響が豊富にあると発表されている栄養素のひとつ。ムチンが肝臓へどのような影響を及ぼすのか、こちらでチェック!
【クルクミン】と肝機能・肝臓病(脂肪肝)の有効性
クルクミンは肝臓をはじめとして人体に良い成分と周知されてきています。こちらではクルクミンが肝機能低下や脂肪肝などにどのような影響を与えるのかについて解説しています。
【レシチン】と肝機能情報ー肝疾患・肝脂肪予防のためにー
レシチンの肝機能への良い影響はテレビ等で紹介されていますが、こちらでは更に詳しいレシチンの肝臓・肝疾患・脂肪肝などへの影響について詳しく解説しています。
肝機能低下には【アラニン】を!肝臓病をアラニンで予防!
アラニンを良く耳にする方も、実は知られていない肝臓への影響についての情報を纏めました。脂肪肝や肝硬変になる前に、アラニンを効率よく摂取してよりよい未来を切り拡げましょう!
【アルギニン】で肝臓病予防!脂肪肝のリスクを下げるのはアルギニン?!
アルギニンは肝機能向上のために摂取しておきたい成分の一つ。アルギニンが肝細胞や脂肪肝にどうアプローチして改善に向かうかについて詳細をまとめました。
【メチオニン】は肝脂肪等を予防するならゼッタイ摂取!その理由は〇〇だから!
メチオニンはあまり知られていない肝臓の機能を高める重要な成分の一つ。肝機能を高める為にメチオニンを効率よく摂取しましょう。
【葉酸】って肝機能向上に良いって聞くけど、なぜ?肝脂肪には有効?
葉酸は今大注目の肝機能向上成分の一つ。普段意識的に摂取することのない葉酸について肝臓の働きをいかに高めるのか、解説。
【ビタミンB2】は肝臓に〇?肝機能を高める為に必要なビタミンB2情報
肝臓の働きとビタミンB2についてのページです。ビタミンは肝臓に必要な栄養素の一つですが、ビタミンB2は肝機能にどのような良い影響があるのでしょうか?
【ビタミンE】は肝臓の〇〇に作用し機能向上をもたらす!その〇〇とは?
ビタミンEはあまり聞きなれませんが、肝臓には良い影響をもつ救世主でもあります。肝機能を高め、肝臓を元気にするビタミンEを詳しくチェック!