MENU

ビタミン剤・サプリメントで肝臓(肝機能)が悪化することはありますか?

 

ビタミンは美肌効果がある栄養素ですが、ビタミン剤などのサプリメントを飲むことによって肝機能を弱らせてしまう心配はないのでしょうか?

 

私たちは食事によってエネルギーを得ていますが、悪い影響も食事から受けてしまうことがあります。

 

 

美容や健康などの理由でビタミンなどのサプリメントを摂取しますが、それは本当に安心して摂取できるサプリメントなのしょうか?

 

どれくらいそのビタミンの事をご存知ですか?

 

こちらでは、知らないままでは損をする、種々のビタミンの特徴・効果・注意点についてまとめました。

ビタミンにはどんな種類があるの?

 

ビタミンは13種類あり、それぞれに性質や効能が異なります。
まずはビタミンの種類についてみていきましょう。

 

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは脂に溶けやすい性質をもつビタミンのことです。

 

ビタミンA
皮膚や目を健康に保つ

 

ビタミンD
カルシウムの吸収をサポートし、骨や歯を形成する

 

ビタミンE
活性酸素を除去する抗酸化作用がある

 

ビタミンK
血液を凝固する止血作用がある

 

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質をもつビタミンのことです。

 

ビタミンB群(B1/2/6/12)
エネルギー代謝をサポートし、たんぱく質や赤血球の合成をする

 

ビタミンC
血管や皮膚を保護し、抗酸化作用がある

 

パンテトン酸
脂質や糖質、たんぱく質の代謝をサポートする

 

ナイアシン
エネルギー代謝やアルコール分解をサポートする

 

葉酸
赤血球の産生にかかわる

 

ビオチン
皮膚や毛髪を健康に保つ

 

ビタミンは肝機能をサポートしてくれます!

 

肝臓はエネルギー代謝や分解を行っている器官で、食べたものからエネルギーを作りだしたり、有害物質を分解して排出する役割があります。

 

肝機能が弱っているときにはエネルギー不足になって疲れやすくなりますし、有害物質が体内にとどまって悪さをします。

 

ビタミンにはエネルギー代謝をサポートする効果や、有害物質である活性酸素の働きを抑制する作用がありますから、肝機能にとっては味方ともいえる存在です。

 

特にビタミンB群やビタミンCは肝機能を高める働きが強いので、肝機能が低下している人や肝疾患のある人が摂取すべき栄養素です。

 

鶏レバーや緑黄色野菜などに豊富に含まれていますから、普段から積極的に摂取するようにしたいですね。

脂溶性ビタミンは摂りすぎに注意しよう

 

水溶性ビタミンは過剰摂取したとしても余分なものが尿として排出されます。

 

しかし、脂溶性ビタミンは肝臓に蓄積されてしまうため、過剰に摂取すると肝機能を低下させてしまう可能性があります。

 

ビタミン剤などでビタミンを摂取するのであればできるだけ水溶性ビタミンを中心にしましょう。

 

 

また、短時間にたくさんのビタミンを摂取するよりも、数回に分けて摂取するほうが肝臓への負担を減らすことができます。

 

 

ビタミンは、水溶性と脂溶性の性質に注意して摂取すれば、肝機能をサポートしてくれる心強い栄養素です。

 

食事からもビタミンを摂取していますので、サプリメントを飲む場合には過剰摂取にご注意を。

 

安心安全と体感性で選んだ肝臓サプリメント情報も掲載しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

⇒しじみサプリメントは肝機能低下を引き起こす?

関連ページ

肝機能アップなら肝臓サプリ?意外と知らないサプリの常識まとめ
総ビリルビンを下げる手っ取り早い方法は、肝臓んお働きを高めてくれるサプリメントを飲むことです。毎日食事を改善することは難しいので総ビリルビンを下げたい方には肝機能サプリメントをお試しください!
しじみサプリメントに副作用はありますか?買おうか悩んでいます。
しじみサプリメントの副作用・デメリットについてのページ。肝機能向上のためのしじみサプリメントで副作用などを引き起こさないためのポイント解説。