MENU

総ビリルビンを下げるサプリメントってあるの?

 

肝臓は、症状が少なく、体に異変が起きたときは既に
末期の癌という場合も少なくない、沈黙の臓器と呼ばれています。

 

総ビリルビンの数値が高値だった場合、それは、肝臓の機能が低下している事が考えられます。
その肝臓の機能は、偏った食事やタバコ、お酒なども原因となり低下させます。

 

しかし、現代において毎日バランスの取れた食事や断酒などは不可能と言っていいと思います。
仕事の付き合いもあるでしょう。

 

そこで、
「総ビリルビンを下げたいけど、生活習慣を変えるのは難しい」
という方にお勧めしたいのが、肝臓の機能を高めてくれるサプリメントです。

 

 

勧めの理由@「成分」
【栄養バランス】
肝臓に効く代名詞的な食品は「しじみ・牡蠣」などです。
しじみ・牡蠣にはオルニチンやタウリン、ビタミンB2、B12をはじめとして、肝臓に特に良い成分が多量に含まれています。

 

【オルニチンという成分】
オルニチンというのは総ビリルビンを下げる働きがあると実験で証明された成分です。
オルニチン研究会によると、3週間オルニチンを摂取し続けた後の検査では、ほぼ全ての被験者の総ビリルビン値が低下したという実験結果があります。

 

 

肝機能サプリメントは、肝臓の機能を高めアシストしてくれる成分を、しじみ・牡蠣を食べずとも成分だけを補給することができるという点が、選ばれている要素の一つだと思われます。

 

 

■お勧めの理由A「手軽さ」
実際、総ビリルビンを下げる為に、毎日「しじみ・牡蠣」を食べることが出来る人は少数派です。
いくら総ビリルビンを下げる為とはいえ、毎日しじみや牡蠣を食べ続ける事は困難だと言っても間違いではありません。

 

というのも、「しじみ」に含まれる「オルニチン含有量」は100gあたり15mgです。
一日の必要な「オルニチン」の目安は400〜1,000mgと言われているので、量にしてなんと2.6〜7kg程の「しじみ」を食べなければならない計算になります。

 

しかし、サプリメントなら錠剤1錠から手軽にしじみ・牡蠣の成分だけを補給することができます。
持ち運びにも便利なので、お酒を飲みすぎてしまった時などにもさっと取り出し補給することができます。

 

 

■お勧めの理由B「経済性」
総ビリルビンを下げる為に、しじみや牡蠣を毎日食べることは、しじみや牡蠣の価格からして経済的に厳しいでしょう。

 

「しじみ」1kg当たりの値段は2,000〜3,000円。一日に必要なオルニチン摂取量から考えると、5200円以上、しじみにお金をかけなければならず、はっきりいって無駄でしょう。

 

また、調理もしなければいけないので手間がとてもかかります。

 

サプリメントなら調理の手間もなく、月1,000円以下から始められるという気軽さも、皆さんがサプリメントを選ばれるポイントの一つだと思われます。

 

 

自分の体は自分でしか治せません。それと同じく、自分の肝臓は自分でしか労わってあげられません。
総ビリルビンを下げる方法をお探しの方は、サプリメントも視野に入れると選択肢がぐっと広がります。

 

→損せず肝臓病を回避!肝臓サプリランキングへ